Zaifハッキング被害-BTC、MONA、BCH67億円相当-フィスコ支援の予定!ネット証券で支援企業株を狙え!

Zaifハッキング被害-BTC、MONA、BCH67億円相当-フィスコ支援の予定!ネット証券で支援企業株を狙え!

2018-09-20

テックビューロ株式会社は2018年9月20日 02時15分に今回のハッキングの経緯と今後の対応について「仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について」というのアナウンスを発表しました。

一番気になるところは預け入れ資産の取扱ですが、以下のようにコメントされています。

②お客様の資産(日本円の調達、及び、預かり仮想通貨の準備)
弊社は、株式会社フィスコデジタルアセットグループとの間で、弊社に対して50億円が提供されることを検討する内容とする基本契約を締結しました。同社との間では、今月下旬には提供が実行されることを前提として準備・交渉を進めております。
その上で、弊社は、提供を受けた資金により、消失した仮想通貨を調達し、お客様の資産に被害が及ばないように準備を行う予定です。
今後、基本契約の内容が実行されるなどした場合は、適宜、速やかにご報告をさせていただく次第です。

予定では50億円を調達できる予定のようですが、入出金が停止することは避けられないようです。

取引は現在(9月20日AM6時頃)の時点で正常に出来ていました。

問題は入出金ですが当面はできない模様です。

気になるのは、

平成30年9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されました。

弊社は,平成30年9月17日にサーバ異常を検知し、翌18日にはハッキング被害が確認されたため、財務局へ報告を行うとともに、原因分析、捜査当局への被害申告等を行ってきました。

③ハッキング被害によるお客様の資産に与える影響
消失した約67億円相当の仮想通貨のうち、弊社の固有の資産は約22億円相当であり、お客様の預かり資産に相当する仮想通貨は約45億円となります。

以上のところだと思います。

今頃発表というのが非常に遅いと感じられました。

支援先との契約を進める目処ができたから発表したということだと思います。

ハッキング被害は14日に起きたのに検知したのが17日というのも遅いという印象です。

しかし、顧客資産が45億円で50億円資金を提供してもらうことが上手くすすめば顧客資産は消失せずに済むようです。

そして、COMSAの方は以下のようにコメントされています。

6.弊社関連会社によるCOMSA事業の方針
弊社の関連会社であるテックビューロホールディングス株式会社は、弊社から会社分割により承継したCOMSA事業を運営しております。同事業の今後の方針等につきましては、現在同社において検討中であり、判明次第速やかにご報告させていただきます。

新しい経営陣に変わってからの経営判断になるのだと思います。

やはり、日本ではICOが上手くできないことからも経営判断が変わる可能性もあるのかもしれません。

以上のように内容自体はコインチェック社の事例を踏まえて、最小限の影響で済むようには発表しているように感じられます。

しかし、ホットウォレットであってもいくらの資産を預かっているのか分かりませんが、ちょっと多すぎではないかと思うところはあります。

しかし、これほど素早くフィスコグループが株式を得て再建するという流れができたのはそれだけZaifに可能性があるからでしょう。

コインチェック社のときは支援する会社が見つかるまで相当時間がかかりました。

そして、その金額もZaifと同程度だったと思われます。つまりZaifには価値があるということでしょう。

今後は

「いつ入出金が再開できるか?」

「取引が止まらないか?」

「金融庁の処分は?」

という心配がありますが、これらは大した事ではないでしょう。

問題は、なぜZaif社のBTC資産を20億円以上もホットウォレットで保管していたのでしょうか?そして、顧客資産も45億円もホットウォレットに保管している理由もよくわかりません。

もしかしたら大口が入金した直後だったとのかもしれませんが分かりません。

そして、何よりもBTC、BCH、MONAのホットウォレットはもう完全に危険だということが印象づけられてしまいました。

またしても日本発のハッキングですが、ビットコインなどの信頼度はかなり落ちたと思います。

現在はZaifの経営状態が良かったので再建できる見込みのようですが、もし経営状態の厳しい企業だったら、ハッキングされても顧客資産は戻ってこない可能性もあったわけです。

この時期にこういうことが起きたことで仮想通貨の価格がより大きく影響しそうです。

今更何も出来ませんが個人的にも資産を守る処置をするべきだと思います。

ビットコイン価格への影響は?

BTC/JPY現物 1時間足 (コインチェック)

明らかに不自然な動きが起きていました。何かあったのだろうとNEWSをみるとZaifの件がアナウンスされていました。深夜なのに見ているんですね。

海外のトレーダーでしょうか?

ハッキング被害→急落→支援される予定→上昇?

それにしてもおかしな値動きです。

なぜここまで戻して上がるのか?あげようとして上げないとこうも急に上下はしないことでしょう。

いずれにせよ。この後の日本時間で一般的には落胆感で下がってしまう傾向にはあると思います。

ただ、ビットコイン価格はそうじゃなくても上がってしまうことがあるのでご注意を!

不動産価格が高いうちに他の資産に変えるなら?

時間があれば仲介で売買、急ぐなら買取りでマンション、土地、家、アパート、投資物件、自宅を不動産売却査定することができます。しかし、安全な資産ってなにかという問題もありますが、ゴールドなどは世界では需要が高くなってこれだけ値上がったわけですが、分かりません。

太陽光発電パネルの材料でも買うのでしょうか?証券会社で資源の先物やETFなどで買えますが、資源でも1つの目的しかないものは代替品が登場した時にダメージが大きいです。

難しい問題です。今のうちに割安な土地を買っておくといい?土地は国の管理ですし、政府がなんか言ったらどうしようもできません。

温泉からゴールドが取れる!なんて発表されて温泉が出る土地が高騰したら嬉しいのですが。

メタンハイドレートは海底ですし、国の外ですので買えません。自分の土地から資源が取れたらいいかもしれません。

No.1 いえカツLIFE(いえかつライフ)

いえカツLIFE

不動産買取査定、売却査定、リースバックでいくらになるか査定してもらうことができます。比較してご自身に合ったのものを選択することができます。

No.2 すまいValue

すまいValue

不動産一括査定サイトですが対応してくれる会社が取引量が多い大手6社の不動産会社だけとなっています。大手に売却を頼みたい方におすすめです。

No.3 イエタン(ietan)

イエタン(ietan)

大成建設グループの大成有楽不動産販売株式会社の不動産売却査定サイトです。大手の強みを活かした販売網と各種保証サービスが充実しています。

No.4 リビンマッチ

リビンマッチ

登録されている不動産業者の数は1,400社以上で、利用者が440万人(2017年)という不動産一括査定サイトです。全国を網羅していますので地方郊外の物件を売却したい方にもおすすめです。

No.5 ノムコム

ノムコム

野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産売却査定サイトです。2017年にオリコン日本顧客満足度調査 『不動産仲介(売却)戸建』において第一位(64社中)となりました。

No.6 イエイ

イエイ

セカイエ株式会社が10年以上運営する日本最大規模の不動産売却サイトです。トラブルのあった業者は紹介先として契約しないようにしているそうです。紹介先の業者は1000社を超えていて、利用者数も400万人を超えています。

No.7 イエウール

イエウール

株式会社Speeeが運営する不動産売却一括査定サービで登録されている不動産会社は1,800社以上で日本最大級の不動産一括査定サイトです。

No.8 HowMaスマート不動産売却

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却

東京都の一部地域限定ですが、不動産会社と電話のやりとりをせずにチャットやWebでコミュニケーションを取りながら進めることができます。電話が苦手な方におすすめです。

No.9 マイスミEX

マイスミEX

株式会社じげんが運営するサービスで2015年に始まったサービスで翌年には10倍以上に成長した注目の不動産一括査定サービスです。

No.10 不動産査定エージェント

不動産査定エージェント

セカイエ株式会社が運営する不動産一括売却査定サービスです。東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道に対応しています。

No.11 RE-Guide

RE-Guide

株式会社ウェイブダッシュが運営する2006年から続く不動産一括査定サイトです。

No.12 マンションナビ

マンションナビ

マンションリサーチ株式会社が運営するマンション専門の一括査定サイトです。登録されている不動産会社数は最大規模で全国対応しています。月間の査定依頼件数が1,500件を超えています。

No.13 town life(タウンライフ)不動産売買

town life(タウンライフ)不動産売買

ダーウィンシステム株式会社が手がける『town life(タウンライフ)』では住宅購入からメンテナンス、リフォーム、売却までトータルな住宅関連サービスを提供しています。

キャッシュレスにおすすめのカードは?

ポイント還元率が最高になるキャッシュレスを選ぶか、普段遣いの利便性のキャッシュレスを選ぶか?両方を使い分けて小さい金額ではスイカを使い、大きな金額ではキャッシュレスアプリとクレジットカードを使い、通販では楽天カードとキャンペーンを使って最大限効率化してお得な買い物をおこなってください。

No.1 楽天カード

『楽天カード』

人気No.1のクレジットカードといわれるくらいに人気のある楽天カードですが楽天ペイと併せて利用することによりキャッシュバックの還元率が最大になります。楽天市場でお買い物をする方はもちろんのこと、日常生活でも便利な年会費無料のクレジットカードです。

No.2 イオンSuicaカード

『イオンSuicaカード』

イオン系列の小型店舗「まいばすけっと」を利用している方にはWAONのポイントカードとスイカ(Suica)が利用できるのでおすすめです。

No.3 セゾンビジネスカード

『セゾンビジネスカード』

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがサービスを提供する法人向けクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で個人事業主も利用できる人気No.1のビジネスカードです。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ(格安SIM)は?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

No.2 LINEモバイル(ラインモバイル)

『LINEモバイル(ラインモバイル)』

LINEの普及はスマホを持っているのにLINEを使っていないのは勿体無いということで驚くほどの勢いで普及しました。

データ通信を使って無料通話という新しい技術を日本に根付かせたLINEが提供する格安スマホサービスです。

送ったメッセージが消せない、若年層が犯罪に巻き込まれるケースなど問題もありますが、LINEのメッセージのやりとりを超える利便性は今のところ他のアプリにはありません。

LINEで使う通信量を優遇する通信料金になっています。

更新日 June 12, 2019, 9:49 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.