USDT問題(テザー疑惑)でバイナンスなどの海外の取引所ではUSDTの代わり、避難先として『DGD』が利用されている!?

USDT問題(テザー疑惑)でバイナンスなどの海外の取引所ではUSDTの代わり、避難先として『DGD』が利用されている!?

Bitfinexは怖くて使えない、、、かもしれませんが、テザー疑惑のせいでいつUSDTが廃止になって一日で50%くらい値下がるかと思うと、、怖くて海外の取引所でトレードなんかしてられません。。

BTCが下がっても別にいつものことですのであまり気にもなりません。完全『ガチホ』もいいですが、回復までの間の機会損失が勿体無いです。

テザー問題が爆発したとき、BTCが暴落している時、USDTへ逃げていたのにどこにどうやって逃げるの???

という不安があります。

ETHが逃げ道だ!

なんて言って一瞬だけBTC暴落時にETHが数時間上げていましたが、実に見事に同じように暴落していきました。

無理なんです。仮想通貨は全部BTC連動なのです。

これはこれでいいと思えるようになってきました。ダウ平均や日経225などと同じだと思えば当然だよ、それはそうだ!とみな言うことでしょう。

たぶん、来月くらいにはみなBTCが仮想通貨総合指数だと言ってるかもしれません。。。

それはいいとして、

どうやっても海外の取引所では逃げ場がない、、、、

一部、USD建てで取引できる海外の取引所もありますが、少ないですし、そこでトレードしたいわけじゃないという所なので意味がありません。

そうです。

そこで、既にもうUSDTのかわりの逃げコインが登場しています。『DGD』というコインです。ゴールドの価格に連動?紐付け?されたもので一応、ゴールドのように安定しています。

Binance(バイナンス)HuobiHitBTCLivecoinなどです。おもに香港系の取引所で採用されているようです。

BTC大暴落時にはみんながDGDに避難したので一気に上がりました。

ですから、USDTがなくてもDGDがあるからいいじゃないかと安心して、海外取引所であるバイナンスなどを利用していられるようになりました。

あと、このDGDが信頼性をましていけば、仮想通貨投資でゴールドも買えるっていうイメージになりそうで今後はいいのではないでしょうか??

株価がさがった時にはUSDTよりもDGDで保有したほうがよさそうです。。

わかりませんが。。

Binance(バイナンス)でBNBを使って手数料を支払うようにすれば安い手数料がさらに半額になります。

色々あって、、、現在のバイナンスの手数料は最大限割引されて0.015%です。もはや無料の感覚です。

このバイナンスで自動売買をしたらそれだけトレードを有利にすすめることができてしまいます。

薄利トレードにおいては利益が数割変わってきます。

安い手数料の仮想通貨であっても0.25%という手数料が多い中で0.015%というのは、往復で0.5%-0.03%=0.47%も差があります。1%の利益を取る所が1.47%の利益を取ることができるわけです。これは大きいと思います。

もちろんDGDも同様に価格崩壊することがあるかもしれません。海外の取引所には海外ならではのリスクがあります。

投資はご自身の判断でお願いします。

更新日 February 20, 2018, 4:40 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.