SECがCboe以外のビットコインETFを9つ全部、否認として却下した。関連海外株もチェック!

SECがCboe以外のビットコインETFを9つ全部、否認として却下した。関連海外株もチェック!

2018-08-23

「SEC、9つのビットコインETFを拒否すると発表 ウィンクルボス兄弟の時と同じ理由」

コインテレグラフより)

英語版のコインテレグラフよりSECの意見が書いてありました。

“[T]he Commission is disapproving this proposed rule change because, as discussed below, the Exchange has not met its burden under the Exchange Act and the Commission’s Rules of Practice to demonstrate that its proposal is consistent with the requirements of the Exchange Act Section 6(b)(5), in particular the requirement that a national securities exchange’s rules be designed to prevent fraudulent and manipulative acts and practices.”

“Among other things, the Exchange has offered no record evidence to demonstrate that bitcoin futures markets are ‘markets of significant size.’ That failure is critical because, as explained below, the Exchange has failed to establish that other means to prevent fraudulent and manipulative acts and practices will be sufficient, and therefore surveillance-sharing with a regulated market of significant size related to bitcoin is necessary.”

“[The agency] emphasizes that its disapproval does not rest on an evaluation of whether bitcoin, or blockchain technology more generally, has utility or value as an innovation or an investment.”

”When the spot market is unregulated –– there must be significant, regulated derivatives markets related to the underlying asset with which the Exchange can enter into a surveillance-sharing agreement.”

という意見が載っていました。

しかし、なぜCboeだけ残したんでしょうか?

これだけが最大の謎です。

また、どっちいくかわけわからなくなってしまっています。

9月末までに問題が解決するとは思えませんが、このままではビットコインの価値が限りなく下がっていくと、ショート狩りが起きすぎると考えたのでしょうか?

全部否認すると悲壮感に覆われるからか、Cboeだけは歴史があるから無気には否定できないから期日まで考えて結果を出すというのか?

市場がどう動くか、余計にわけが分からなくなったという感じです。

これでまた抜ける人が増えるんじゃないのでしょうか?一般的にはよくわからないからノーポジでいくという人が多いかもしれません。

デイトレで短期でやっているトレーダーにはあまり関係ないのかもしれませんが。

キャッシュレスにおすすめのカードは?

ポイント還元率が最高になるキャッシュレスを選ぶか、普段遣いの利便性のキャッシュレスを選ぶか?両方を使い分けて小さい金額ではスイカを使い、大きな金額ではキャッシュレスアプリとクレジットカードを使い、通販では楽天カードとキャンペーンを使って最大限効率化してお得な買い物をおこなってください。

No.1 楽天カード

『楽天カード』

人気No.1のクレジットカードといわれるくらいに人気のある楽天カードですが楽天ペイと併せて利用することによりキャッシュバックの還元率が最大になります。楽天市場でお買い物をする方はもちろんのこと、日常生活でも便利な年会費無料のクレジットカードです。

No.2 イオンSuicaカード

『イオンSuicaカード』

イオン系列の小型店舗「まいばすけっと」を利用している方にはWAONのポイントカードとスイカ(Suica)が利用できるのでおすすめです。

No.3 セゾンビジネスカード

『セゾンビジネスカード』

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがサービスを提供する法人向けクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で個人事業主も利用できる人気No.1のビジネスカードです。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ(格安SIM)は?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

No.2 LINEモバイル(ラインモバイル)

『LINEモバイル(ラインモバイル)』

LINEの普及はスマホを持っているのにLINEを使っていないのは勿体無いということで驚くほどの勢いで普及しました。

データ通信を使って無料通話という新しい技術を日本に根付かせたLINEが提供する格安スマホサービスです。

送ったメッセージが消せない、若年層が犯罪に巻き込まれるケースなど問題もありますが、LINEのメッセージのやりとりを超える利便性は今のところ他のアプリにはありません。

LINEで使う通信量を優遇する通信料金になっています。

更新日 June 12, 2019, 9:49 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.