『FXでおすすめのチャートは?』

『FXでおすすめのチャートは?』

迷うこと無くFXでおすすめのチャートはTradingViewだといいたいところですが、おすすめのMT4のEAランキングにあるような収益率の高いルールが使えるFX自動売買おすすめランキングにある証券会社がFXにおすすめのチャートであると言えます。

基本的には日本のFX口座(証券会社)は専用のチャートツールでしか見れないようになっています。それは店頭CFDによる取引で外部とは少しだけ違う動きをする場合がありますので、証券口座を開設した時に利用できるようになっている標準のチャートツールを使うようになっています。

ただし、世界の動きに連動するようになっていますので世界の為替の動きを見ないのは損をする場合があるかもしれません。

そういう意味でもグローバルな為替相場が見れる外部のチャートソフトも必要だと思います。

TradingViewでUSD建てのFX相場を表示する!

TradingViewでは多くの為替相場が見れます。

また、連携しているOANDA Japanならチャートの参照、インジケーターの表示だけでなくこのチャート画面から売買注文が出せます。

USD/円にTradingViewのインジケータを適用したところ。。

たとえば、このような売買サインをLongやShortと表すストラテジーファイルがTradingViewコミュニティーでは無料で公開されています。

これは少し改造していて1日足に対応するようにしたものですが、FXで日足を利用するなんて、、という方もいるらっしゃることでしょう。。。

しかし、自分の取引所のチャートは取引所のツールでしか参照できないので、1分足、5分足を使って素早いトレードをするのは正確性に欠けます。そのため、1日足でチャートを見て売買サインを見極めるような使い方にはいいのではないかと思います。

しかし、一日単位で考えるのでスイスフランショックなどがあった場合にはあっという間に相場が動いてしまいますので、レバレッジは上げないほうが良いと思います。

また、一日足なので含み損もかなりできますのでやはり低レバの運用にいいかと思います。

FX用の一番人気のストラテジーをUSD円建て(5分足)に適用した例

FXのために考えられたストラテジーで公開されているもので人気の高いものです。

1分や5分足でいい感じと書いてありましたがたしかにいい感じではあります。

これと同じ値動きをする取引所が日本にあれば活躍できそうです。

おすすめポイントとしては

  1. 他のツールと違ってデザインがいい!デフォルトのホワイトバックの見た目がいいです。
  2. ブラウザとログインIDさえあればどこからでも使える。
  3. スマホでもPC版同様の画面が同じように使える!
  4. 操作が直感的で分かりやすいです。チャートの拡大移動が直感的にできます。
  5. 日本語がしっかりしている。翻訳ミスがなく正式な用語が使われています。
  6. プロ版もあります。取引所のチャートとしても採用される信頼性です。
  7. とにかく安定している。他のチャートソフトが止まっていてもTradingViewは動いています。
  8. TradingViewのコミュニティがあって海外の人がインジケーターや売買サインを出すストラテジーを無料で公開している!
  9. 外国為替FXのストラテジーは非常に多くて優れたものが公開されています。
  10. 商品先物、株式などあらゆるチャートに転用ができます。
  11. 仮想通貨のストラテジーも沢山増えてきました。
  12. ストラテジーはPineというスクリプト言語で表記され、コピペすればどこからでも持ってきて動かすことができる!
  13. このサイトでも少しいじって仮想通貨用に最適化したものを公開しています。

TradingViewに登録すると無料でも使用することができます。

FX口座を開設するならFX自動売買とキャッシュバックキャンペーンがお得!

おすすめ!

TradingViewに関する記事

外国為替に関するニュース

更新日 November 14, 2018, 8:30 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.