この情報はインターネット上の仮想通貨に関する情報を自動的に収集し、データマイニングした結果を掲載しているだけのものです。投資を促すような情報ではありません。(予期しないネット上の情報が表示されることがあります。ブロックして減らしていきますが、タイトルを偽った有害なサイトが出てくることも有り得ますので十分にご注意下さい。)また、投資する際はご自身でネットの情報を調べた上でご判断ください。記事は一日の中で追加、更新していくと思います。 もう、他の注目度が上がってきたコインを掲載しようとしていたのですがそれどころじゃないという感じになりました。リップルが強すぎて他のにリソースを割くのは勿体無いという感じになってしまいました。 ビットコインが下落し続け、リップルに注目が集まり、カウントダウンからのA Happy New Year !で何かあるでしょうから、それまではこのままの形勢が続くでしょう。。ということで4日もまとめてしまいました。すみませんでした。ただ単に時間が取れなかっただけです。

ビットコイン(Bitcoin)BTC、XBTの相場情報

BTC/JPY(ビットフライヤー) *チャートは5分足です。

ビットコインの48時間データ分析結果

韓国の規制強化の影響があるのでしょうか。。3日間軟調のままという感じでしょうか。韓国の規制は個人認証を確実にせよというものなので、それに従わなければ取引所を閉鎖するぞというのは日本の許可制度と同じようなことです。これだけでそこまで下落するような材料ではないのですが、、ただ単に他に興味が移っただけだと考えたいところです。 そう、リップルです。もはや、BCHではなく、リップルがビットコインを食うと大方の人は思い始めているかと思いますが、価格が逆転するほどとかではないのですが、ビットコインとリップルで、どちらが信頼がおけるか??って質問したら、リップル!と答える人が過半数を占めることでしょう。こうなった今考えると今年の年末の全てのハプニングが全て1つの目的につながることが想像できるようになってきます。 それがわかったからビットコインからリップルへ資金が移動して下落し続けているのかもしれません。と、思ったら、リップルも下げていてイーサリアムが上がっているので、みな謎の恐怖に怯えてクリプトカレンシーから撤退しようとイーサにして送金しているような気もします。 12.31はさらに値下がり傾向で150万円を切りそうな感じを何度か推移しています。もう別段、気にもならない、という方が大半なんじゃないでしょうか?? ただ、TVCMが始まったのが先物の時期だったので、新規で初めたばかりの方がビットコインだけ買っておけばいいということで、痛い目を見て懲りたという憤りを感じているかもしれません。 ほんとうにこれは酷いタイミングだなと思います。 個人的な分析と想像ですが、一応今回のビットコインの下落は、かねてからあった、BCHによるBTC乗っ取り騒動や、中国取引所閉鎖騒ぎ、そして、最近の韓国の規制強化はほとんど関係なく、ただ単に、トレーダーの心理としてもうフラストレーションが溜まっていたんですねこんなカネ賭けてるものが、入れ替わって価値が0になるとか消えるとか、あっという間に大暴落するとか、送金何日も送れないとか、、、何やってんだよ!!って、感じですよね。 そこへ来て、安全、安心、信頼、統制がとれたリップルがスタートしたわけですから、みんな飛びつきますし、ビットコインが霞んで見えるのは当然ですし、もうどうでもいいやってなるわけです。 ほんとに、私はビットコインがいくらになっても気になりません。代わりにリップルでも他のものが時価総額を埋めてくれればいいんじゃないか?と思います。 そう、ですからビットコインを持っていることがリスクになるのでみんな売るので値下がるのだと思います。 そんなこというなよ!!!ビットコイン持ってれば来年200万円だとか予言もあったじゃないか!ということを思われそうなのですが、 おそらく、私の想像でしかないのですが、 消えるとか消えないとかということは考えないほうが良いと思います。人気が落ちているというイメージだと思います。 またいつか上がってきて前の値段を更新するでしょう。。いつか。すぐかもしれませんし、しばらくかかるかもしれません。 今は下落中といっても国内外でレバレッジをきかせたFX取引で上げても下げても儲けられるということを利用して利益を上げている層が喜んでいると思います。また、今が安いと買います人もいるでしょう。
  • ビットコインにこだわるなら小刻みな上下で利益をあげていく。ホールドは控える。
  • リップルに投資する。
  • Binanceにあるような有望なアルトに投資して値上がったら利確していく。。
  • 草コインを買い漁る。
そんなところでしょうか。。資産が減ってもまた倍増させるチャンスはいくらでもあると思います。 別に焦ることはありません。ただただ、大きな流れに身を任せ流されるがままに、新しいシステムへついていくだけです。

ビットコインの最新ニュース

日本語に翻訳できます。リンク先の文章も『Chrome』ブラウザで翻訳できます。
*現在、次ページを押しても表示されません。

ビットコインの気になる人物のTwitter

Adam Back(CEO of Blockstream, inventor hashcash  )

ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash)BCH,BCCの相場情報

BCH/BTC(Bitfinex) *チャートは5分足です。

ビットコインキャッシュの48時間データ分析結果

一瞬の暴騰がありました。また来たかと?という感じでしたがほどなくして下がりました。年末年始に何かあるか?3月にBTCと入れ替わると宣言のような言い方をしていたのですが、どうなのでしょうか。なんというかこういう不安感を煽ってビットコインの信頼を揺るがしていることは確かなようでみな、中央集権を嫌っていたのに、やっぱ、信頼できるよね~という流れを作り出しているような気がします。。 なんだかなあという感じです。まあ、そう考えるとそれだけのためだったのかというと、本命は例のあのコインとなります。

ビットコインキャッシュの最新ニュース

日本語に翻訳できます。リンク先の文章も『Chrome』ブラウザで翻訳できます。*現在、次ページを押しても表示されません。ニュースの日付は現地時刻のため20時間前の記事が新しい場合もあります。

ビットコインキャッシュの気になる人物のTwitter

Jihan Wu氏(Co-founder of BITMAIN)Roger Ver氏(World’s first Investor in Bitcoin startups including https://Bitcoin.com , https://Blockchain.com , http://Z.cash , BitPay, Kraken, Purse.io & interested in Voluntaryism

イーサリアム(Ethereum)ETHの相場情報

ETH/BTC(Bitfinex) *チャートは5分足です。

イーサリアムの48時間データ分析結果

突如上がりだしたイーサリアムですが、Vitalik Buterin氏のTwitterを見ると分かるようにとてもいい人です。『Ethereum Co-Founder Vitalik Buterin Has Harsh Words For Cryptocurrency Community』にあるようにカネに釣られた人たちにうんざりした様子が伺い知れます。民衆はこういうヒーローを求めているのでしょうか?それに賛同して上がっているのか?はたまた、利確して早く送金したいから今もっとも速いイーサリアムで送金するために買いが集まっているのか、、というどちらかだと思いますが、上げ続ける確かな材料とはいえないような気がします。

イーサリアムの最新ニュース

日本語に翻訳できます。リンク先の文章も『Chrome』ブラウザで翻訳できます。*現在、次ページを押しても表示されません。ニュースの日付は現地時刻のため20時間前の記事が新しい場合もあります。

イーサリアムの公式Twitter

イーサリアムの気になる人物のTwitter

Vitalik Buterin氏

リップル(Ripple)XRPの相場情報

XRP/BTC(Bittrex) *チャートは5分足です。

リップルの48時間データ分析結果

リップルやばいですね。Credit card consortiumのアナウンスが昨日ありましたが、『Credit card consortium raises Ripple – Ethereum World News』http://ethereumworldnews.com/credit-card-consortium-raises-ripple/ 内容を読むとアプリでクレジットカードの代わりになる仕組みを提供するってSBIがいっていたそうです。アプリももうできているそうで。。。 クレジット決済のプロトコルに使われるというだけで消費者がXRPに触れる訳じゃないっていうのは分かりますが、クレジット会社がリップルに変えていくことが始まってしまったわけですね。銀行もSBIの方で話をすすめているようなのでいずれ、そっちも。。SBI、、ずるい。。ほど羨ましいですね。。しかし、リップル社の株主には巨人グーグル様がいらっしゃいました。ぬかりないというか、ほんと恐ろしい。。私の中ではクリプトカレンシーの基軸が移りかけています。 いやいや、焦っていました。日本のプレスリリースを翻訳したらって記事にありますように、日本のSBIホールディングスがアナウンスを自社サイトでしてるってことですよね。。普通に読めば良かった。。http://www.sbigroup.co.jp/news/2017/1227_10934.html
『スマホのアプリが出来ていて、QRコードを読み込んで、、、』なんてどこにも書いてない!!!どうやって読み違えたんでしょうかね?翻訳ソフトを見直したほうがいいかもしれませんねと思いました。『アプリでクレジットカードの代わりになる仕組みを提供するって』ことでもない!以下は個人的な妄想なので真に受けないで欲しいのですが、、今日まで1XRPは1USDとなるんだろうな。。って思っていました。だから、あまり高騰して1USDを超えると下げろーって見えない力が働くのかと思っていました。。 多分、世界の人たちも思っていたのか、壁があったはずですし、完成するのは来年だから、まあ、1ドルになるのはまだ、こないだろう。。と思っていました。それが来てしまって。。 予定より早く1ドルになったな。。。どうするんだろう???下げるのかな???という様子見ムードになっていました。 ところがそれが、 2017年中にクレジットカードのインフラに使うコンソーシアム(組合)を組織したよ!って、もうGOサインが出てしまった感じのインパクトなのです。 となると、、?? 『XRPはUSDの代わりじゃないな。。。』 という印象を受ける人が多くなると思います。そうなると、1XRP=1USDのハードキャップが外れることになります。 そして、
  • 増えることのない発行量。
  • リップル社が630億XRPを保有していて、2017年12月に550億XRPをロックアップ実施した。2018年から毎月10億XRP放出することができるらしい。現在、約400億XRPが流通していて、毎月10億XRP放出可能だが、全力で放出しても63ヶ月で止まる。
  • いくら送金しても送金手数料分しかXRPは減らないと言われていたが、ウォレット維持手数料でタグなしのウォレットを作ると20XRPかかる仕組みがある。
  • XRPもスマホに入れようか?という流れになったら、一体、何億XRPがウォレット維持手数料としてロックされることになるんだろうか。。流石に高すぎるので何か対策されると思います。
  • クレジットカードのインフラと同時に銀行のインフラにも採用される。
  • 人々は資産をXRPで保管した方が良いと判断するようになり、法定通貨やBTC、他からの資産流入が起きる。
  • どう考えても口座が増えていくと、流通するXRPが減っていく仕組みにしか見えない。ビットコインは発行量が上限があるから値上がったということだが、リップルは最初に最大限発行して、それから減っていく仕組みだということになると、値上がり続けることになる。
  • どうやっても値上がりし続けるコイン(通貨)となってしまう。また、調整はリップル社のロックアップ解除である程度はできるということで、金融機関にフレンドリーなクリプトカレンシーといえるのかもしれない。。
  • モルガンの方が論文でビットコインは現物の時価総額が少なすぎる!!といっていた。
  • ビットコインの総発行数が2100万BTCに対して、リップルは1000億XRPで5000倍もある。 ビットコインの小数点が8桁でリップルが6桁ということで違いはあるが、たとえば1円を表すには1XRP=100万円でも可能ではある。 ミニXRPを作ればもっと細かい単位も可能になると思うのですが。。
  • いざとなれば発行量に上限のないEthereumが便利な通貨として上手く機能してくれるでしょう。記号はETH。地球はEARTHなので丁度いいかもしれません!?
そうなると、XRPのライバルはUSDじゃなくて、、、、、あれか??(ライバルというか表裏一体の関係になる?)という事を妄想した人が世界にもたくさんいるかもしれません。おそらくは、来年は表舞台で取引され、価格が落ち着いてから徐々に上昇するようなコインになると思いますが、それまでに一気に行けるところまで行ってしまいそうかな??と思ったりもします。そう考えると、来年、これくらいの価格にしようって落ち着くまでは、寝てる間もリップルを放っておけませんね。。どう考えても一企業の経済活動の規模ではありません。世界共通で考えることなのでしょう。。ただの妄想ですので全く異なる現実になることかと思いますが。。。ー追記ー『Trump wants Postal Service to charge ‘much more’ for Amazon shipments』という記事を北尾氏がリツイートしています。もはや、、、もう、リップルロケットが発射されていることは疑いようがありません。明日、リップルとアマゾンが提携を発表するなどと噂があります。真偽の程は確かではありませんが。今、一時的にリップルが下がっているように見えますが、これはまやかしじゃないかと個人的には考えています。というか、普通の自然な波ですよね。。。そして、先程、北尾氏は、10ヶ月前のビル・ゲイツ氏(リップル社に投資しています)の記事をツィートしました。『“The next epidemic has a good chance of originating on a computer screen,” Gates said.He added that it could kill tens of million of people, the Post reports.』これはサインですね。。。。コンピュータウィルスのことじゃないと思いますよ。今あえてリツィートされていることの意味が大事です。 BCH勢のロジャーバー氏もBTCをディスる頻度が増えています。これだと普通に普通の人はビットコインって心配! リップルは銀行や、カード会社が採用するし、SBIやGoogleやMS、Apple,Amazon、、、、、、、、、、、、、多数、、が付いてるから安心、安全!! って思いますよね。ふつうに。

リップルの最新ニュース

日本語に翻訳できます。リンク先の文章も『Chrome』ブラウザで翻訳できます。ニュースの日付は現地時刻のため20時間前の記事が新しい場合もあります。リップルの日本語のWeb情報、ニュース

リップルの公式Twitter

リップルの気になる人物のTwitter

Brad Garlinghouse氏(CEO at Ripple)CNBC出演動画北尾吉孝氏(SBIホールディングス株式会社代表取締役執行役員社長)

ダッシュコイン(Dash)DASHの相場情報

DASH/BTC(HitBTC) *チャートは5分足です。

ダッシュコインの48時間データ分析結果

ダッシュコインも素晴らしいクリプトなのですが、もう、あのクリプトの話題の前には及びません。そりゃ、かないませんよ。世界中の金融機関の要の根幹システムを総取りしようっていうんですから、、、、

ダッシュコインの最新ニュース

日本語に翻訳できます。リンク先の文章も『Chrome』ブラウザで翻訳できます。ニュースの日付は現地時刻のため20時間前の記事が新しい場合もあります。*現在、次ページを押しても表示されません。

ダッシュコインの公式Twitter

『#Dash Budget Proposals are Ready to Vote ! 5 Days to go for next cycle – PLEASE VOTE !#DigitalCash #Crypto https://www.dashcentral.org/budget』 これが気になりますね。ちょうど日付がビットコインの難易度調整に近い頃に被ります。関係ないかもしれませんが。 https://www.dashcentral.org/budget 報酬に関する投票が行われているようです。

ダッシュコインの気になる人物のTwitter

Ryan Taylor氏(CEO, Dash Core Team)

ライトコイン(Litecoin)LTCの相場情報

LTC/BTC(Bitfinex) *チャートは5分足です。

ライトコインの48時間データ分析結果

ライトコインも送金ネットワークがテスト成功して、実用化待ちだと言っても、あれの前では仕方ありません。別の機会に狙いたいと思います。そもそも、今何かやっても無駄に話題を消費してしまう感じです。おとなしくしている方がいいのかもしれません。

ライトコインの最新ニュース

日本語に翻訳できます。リンク先の文章も『Chrome』ブラウザで翻訳できます。ニュースの日付は現地時刻のため20時間前の記事が新しい場合もあります。*現在、次ページを押しても表示されません。

ライトコインの公式Twitter

ライトコインの気になる人物のTwitter

Charlie Lee氏(creator of Litecoin. Cryptocurrency Enthusiast. Ex-Director of Engineering at Coinbase.)

補足説明

  • データマイニングのデータで相場予測できるか?と言えば、すぐに高騰するかどうかはさておき、コインの情報を漏れなく知ることができて、徐々に値上がっていくだろうと想像できそうです。(中期トレード向き??)
  • 自動トレードはCryptotrader(クリプトトレーダー)を使っています。現在はトレードに感情を入れて疲れたりしていません。銘柄選びはニュースやデータ分析結果から選んでいます。
  • 気になるコインがあればChangelly(チェンジリー)で、国内取引所の口座から海外並みのレートでアルトコインを買えます。
  • 取引所を増やす場合は、おすすめの取引所一覧をご参考に!

本サイトのデータマイニングの記事

更新日 December 31, 2017, 10:26 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.