BitMexで自動売買する方法は?

BitMexで自動売買する方法は?

大人気のBitMexには口座を作っておくていいと思います。

まずは口座が開設できるうちに作る。これが一番です。仮想通貨取引所はあっという間に混雑して新規口座開設が停止してしまいます。

  • NinjaTraderで自動売買ルールを作る!
    →NinjaTraderは購入しないと自由にトレードできません。世の中そんなに甘くないわけです。一括払いのディスカウントで$999です。
    NinjaTraderの使い方、スクリプトの書き方、販売されているストラテジーの情報が少ないですが、プログラムは嫌だという方が分析をしながらテストしつつ、トレードツールのスクリプトくらいなら組んでもいいかという場合にはこれがいいかもしれません。クライアントプログラムなので実行にはPCを常時起動するかVPSレンタルサービスなどが考えられます。
  • APIを利用して自動売買プログラムを作って自動売買する!
    noteなどに誰でもできるPythonのコードが大量に出回っていますのでそれを使えば自動売買は簡単だと思います。利益が出るかが一番大事なのですが現状ではプログラムでトレードできることに感動している状態です。
    海外はずっと前からシストレが進んでいますのでリターンや運用方法を熟考する段階にありますので参考にするといいと思います。
  • TradingViewを使いこなすChromeプラグイン
    『Autoview』を利用して簡易的な自動売買をする!
    このプラグインはTradingViewとは別の会社が作ったプラグインです。ごく限られた機能だけを使った自動売買が世界の多くの取引所で可能になります。いずにしてもTradingViewが優秀なストラテジーを使うために必須と言えるので、TradingViewのPineスクリプトを習熟するついでに、Testnetや遊び程度に使うといいかもしれません。

こういうときのnoteはいいですね、自動売買プログラムを機会にPythonに触れてみるのもいいかもしれません。人はお金が絡まないとなかなか動けない生き物です。

レンタルサービスでトレードしたり、他にも探してみたりしていましたが、やはり自分でコーディングするのが一番いいかなと思ったりします。大変だと思います。

手っ取り早く自動売買をしたいなら現在のところBitMEXには対応していませんが、Cryptotraderがいいです。感じを掴むのには良いですが、全てにおいて言えることですがそんなに上手く儲かるとは限りません。

しかし、自分で作るのはほんとうに大変です。ストラテジーをどう組むかということやお金を賭けるのですからエラー処理も書かないといけません。お金を払うだけですぐに動き出してくれるストラテジーって凄いと思います。

自分で作るならまずはTradingViewのテクニカルや売買シグナルで利益がでるかを確認してから作ったほうが良いと思います。

TradingViewで連携しているFOREXやOANDAならすぐにその画面から自動売買出来てしまうのかもしれません。OANDAは外国為替FXならMT4で自動売買できます。)

現在、BitMexは大変人気になっています。海外の仮想通貨のFXの取引所ですが日本語対応しています。

無理もありません。追証なしで手数料も他と比べたら桁違いに安い!レバレッジ100倍ばかりが目にいきますがそれよりももっともいいのが売買量です。

日本では追証を気にしながらFXしている人達が『サーバーが重くてつながらない!!!』なんていってよく悲鳴が聞こえてきます。そのような環境からしたらとても魅力的だと思います。

外為FXにおいてはもう一般的ですが、海外の取引所は日本居住者を積極的に勧誘しないようにという金融庁のご意向があります。

でも、日本居住者が海外の外為FX業者を利用することは問題ないようです。

じゃあなんで日本語のページがあるのかといえば、海外に住んでいる日本語を使う人向けに用意されています。これがよくある回答となっているそうです。

BitMexは自動売買に興味がある人ならほっておけない存在です。

更新日 August 25, 2018, 6:50 am

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和 資産運用』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.