BitFlyerやチャートのアラートメールをスマホに通知する方法!

よく、株価でもビットコイン相場でも、スマホに通知させたい。値上がったら教えて欲しいという需要が猛烈にあります。

しかし、みな考えることは1つ。

スマホといえばSMS。

ガラケーといえばSMSだったので、未だにSMSに通知させようとするのですが、この方法探しても有料サーバー借りたり、高いチャートをレンタルして機能が付いていたりするくらいで、これを売りにしているくらいでもあったりします。

とにかく、@xxx.comというEメールからSMS(電話番号)に送るには相当な苦労があるようです。GoogleのMIGHTYTEXTというアプリでできると勘違いさせられて時間を相当無駄にしました。

でも、そんな必要がありません。

キャリアメールが使える場合はそちらのメールアドレスを設定すればいいですが、内容、宛先によって通知するかしないかを決めることはできません。全てのメッセージが通知されてしまいます。

また、格安スマホなどではキャリアメールがないものが多いです。

そういうときには以下の方法がいいと思います。

通知用のメールアドレスにGmailを設定しよう!

とりあえず、Gmailアドレスを取得してそれをBitFlyerでもチャートのアラート登録のメアドでも、登録しておきましょう。

Andoroidの人はすでにGmailを持っているわけですが、BitFlyerでもなんでも、メールにログインしっぱなしですから、別のものにして、スマホのGMAILアドレスに転送するような設定にしておいたほうがセキュリティ的には安全でしょう。

BitFlyerはメアドを変更するのに、ぐぐってみると、わかりますが、オペレータから本人確認の電話があり、答えると変更してくれます。ただ、それだけですので、ぜひやってみてください。

スマホに「Gmail アプリ」というアプリをインストールして設定する。

Gmailの純正アプリのあれです。

これが、非常にすぐれものです。もう1つのインストされているメールアプリより断然通知が正確でつかえます。

まずは、PCからの方が分かりやすいですが、GMailの設定ボタンから、フィルタを作り、条件を指定してラベルを付けるというようにしておきます。

これで、全部のメールに対して音と振動の通知が出るなんてことはありません。

つぎに、スマホのGMAILアプリを開いて設定です。

特定のラベルの通知設定を変更する

  1. Gmail アプリ を開きます。
  2. 左上にあるメニュー アイコン をタップします。
  3. [設定] をタップします。
  4. アカウントを選択します。
  5. [ラベルの管理] をタップします。
  6. いずれかのラベル(通知したいラベル)をタップします。
  7. [メールの同期] [過去 30 日間] または [すべて] をタップします。メールを同期しない場合、そのラベルの通知をオンにすることはできません。
  8. ラベルの通知設定を選択します。通知を設定するすべてのラベルについて、この操作を行います。

https://support.google.com/mail/answer/1075549?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=jaより

グーグルの説明ページにしっかりとあります。

これで、音とバイブで教えてくれます。SMSやLINEのように瞬間的で的確です。すごいですね。

これで、毎月、数千円も払わずに、チャートの価格変化をアラートでお仕事中にも教えてくれるという、超使える便利な設定ができました。

これがないと、仕事してる人はビットコイン取引できないよ。。。なんてことになってしまいますね。

また、家に居ても、ずーっとパソコンでチャート開いて見てないといけないとかシンドいですよね。家族からも冷たい視線でみられて。

他のPC作業さえも集中できないですよね??

でも、これさえあれば、チャート画面を閉じていてもスマホに通知されるので全く問題ありません。

少しタイムラグはありますが、Tradingviewの通知アラートをGmailに送信するようにしておくと条件を満たした時にスマホに通知されてきます。

更新日 March 28, 2018, 11:10 pm

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。