<不動産一括査定で賢く売却?>『近隣トラブルなんてまっぴらだけど家を買うのはおすすめできる?』

<不動産一括査定で賢く売却?>『近隣トラブルなんてまっぴらだけど家を買うのはおすすめできる?』

本当に日本で近隣トラブルに悩まされている人はどれだけ居るでしょうか?

数割いるんじゃないでしょうか?

10%では済まないと思います。これだけ密集しているわけですから。

しかし、どうしてそんなリスクがあるのに人は家を買うのでしょうか?

本当にリスキーなわけです。

賃貸のほうが圧倒的にいいに決まっています。

唯一問題が高齢時の入居などで困ることがあるということでしょう。また、身元保証人を常に必要とするシステムがちょっとどうかしている気がします。

また、2年契約やその他、年金減給により生活保護なども高齢時には必要となってきたときの対応などももっとちゃんと整備しなければなりません。

そういう現状では人はとりあえず家を買います。

どう考えても家族の人数が増えて独立してまた減って、家の必要な広さは変わるのになぜか同じ空間で過ごさなければなりません。

不動産一括査定がもっと不動産市場を流動的にして簡単に売買できればいいのですが、今の所そのような変化は無さそうです。

本当にトラブルメーカーと接してしまった時の絶望感といったら半端ありません。こういう経験をしている人は相当数いるはずです。

じゃあ、家なんて買わなきゃよかった?と思います。

でも買わなければならない事情もあるでしょう。

そして、そんなことで不当に損をするなんていうのは許されないことなので、不利益を被ったら損害賠償請求なども考えられます。

しかし、そこは住宅でして隣あった家どうしで裁判とかしてて居心地がいいわけがありません。

トラブル元が引っ越していけばいいですが、しょせんそのままです。周りの家が出ていくのです。

ほんと理不尽ですよね。これは極端な場合で本当に大きな問題がある場合です。

ほとんどケースでは何もなかったことに穏便に済ませたいというのが全ての人にとって幸せです。

ただ、本当に何もしていないのに近隣の住民がいいがかりをつけてくることもあるでしょう。「何かの被害を受けた!」と言ってくるかもしれません。

そういうのはよくあることだと思って動揺するのは辞めましょう。

何もなくてもあるかのようにとかそういう事例はいくらでもあります。

あらゆるトラブルが起きた時に、適切なしかるべき対処法を取れるように勉強しておきましょう。

そのようなタイプのトラブルが起きたときには

「関与しないのが一番です。」

「極力接点をなくして相手の記憶から消していく。」

これが一番というかこれしかありません。

あとはそのトラブル元の家庭内で処理してもらうしかありません。

これが悲しいですが現実だと思います。

もしもどうしても回避できない問題だったら家を売却して逃げるのもありだと思います。

気分的には人生どこで近隣トラブルに合うかわからないので、その時にいい対処方法を取れるように一度は経験しておこうという気持ちでいたほうがいいと思います。

トラブルとは全く無縁の生活なんてありえないわけです。

何らかのトラブルはありますし、自分よりも大変な人も沢山いるわけです。

そう考えてやっていくのが良いと思います。

そして、そのトラブルを上手く回避してやり過ごすことができたらそれは生きていく上での素晴らしいトレーニングになると思います。

今後の人生で人間関係のトラブルを楽に回避できるようになるかもしれません。

そう思って、「どうしてうちが、、」「こんなことに時間を取られたくないのに、、」「冗談じゃない、、もう。。」

と、煮詰まることなく生活していくようにしてください。

まあ、仕事で出会うトラブルメーカーを考えればもっともっと大変ですよね?

お金をもらうのに、承認をもらうのに、評価をもらうのに、お客さんや上司、同僚、先輩、後輩、あらゆる状況で一緒に仕事をしなければいけないことがあります。

そこでやーめたといって逃げれるものでもありません。

仕事は一定期間でメンバーが変わりますが、家は変わることはあまりありませんがもしかしたら状況が変わるかもしれません。

更新日 October 14, 2018, 10:55 am

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.