<不動産一括査定で心地よい田舎の土地へ住み替えがおすすめ>『夏に暑いのは東京と盆地!?』

<不動産一括査定で心地よい田舎の土地へ住み替えがおすすめ>『夏に暑いのは東京と盆地!?』

地方移住なんて流行っていますが、過疎化を緩和するために自治体が安く物件を貸し出したり無償で提供しているようです。

それは若者向けである程度の年齢になった人は都会の生活を捨てて地方へ移住するかというときに今ある不動産を不動産一括査定で高値で売って資金を作れば、田舎の安い不動産なら好きなものが買えるかもしれません。

あくまでも都会的な生活を忘れるということで、仕事がないというのは置いといたとします。そういう夢だと思って移住先を探してみるのも楽しいひとときです。

旅行へ行くと大体の感じがつかめるのでまずは旅行へ行くと良いと思います。そこでできるだけローカルな場所を巡って雰囲気を理解します。

人の雰囲気を見たりします。

そこでここには住めないなという場所があると思います。そういうことろはやはり厳しいですね。

旅行なのに凄い不快な気分をしてかえってきた旅行もあります。本当にあそこには住めないなと思います。

2泊の予定を思わず1泊にして仕事が入ってしまったのでといって嘘をついて逃げてきてしまいました。

だって、もうほんとうに不快だったんです。

そんな感じでここはいいな。住みたいな。

住民の雰囲気を込みで感じた場所は未だありません。

これは旅の目的でもあり一生探していたいと思います。

という感じで国内旅行を楽しんでいる方も多いと思います。

良いと思います。

実際住むのはしんどいです。

やっぱ、同じ場所がいいです。いろいろ面倒です。

ということです。

それはさておき、日本は暑い国なのか寒い国なのか?

わからなくなるときがあります。

それが最高気温です。

猛暑日とかいいます。

40度を超えたそうです。

盆地がだいたい名前に上がって来ます。

ようするにそれだけです。

最高気温なんて意味ないです。盆地で40度になるようなところでも冬は-10度になったりします。元々寒い場所でたまたま熱気がこもる日があるというだけのようです。

盆地にいいところもあるかもしれませんが、気候においては寒暖差が激しくなってあまり居心地がよくありません。

そういうところも考慮に入れて移住先を探すと良いと思います。

なにせ住むわけですから、お試し期間をもって自由にやりましょう。

しかし、盆地の気候はきついですね。

でもやっぱり、寒い地域の盆地の高温は一瞬で空気も乾いていてそんなに暑いと感じないみたいです。

よくわかりませんけど、都会のアスファルトのジャングルよりはマシです。営業周りのサラリーマンはサバンナのレンジャーよりも熱いかもしれません。

ようするに都会よりはずーっとマシということでした。

更新日 November 13, 2018, 11:19 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.