*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

<匿名で簡易査定して不動産一括査定で住み替え>『中古住宅を買う前に温かい家かどうかよく考えよるのがおすすめ!』【外断熱、内断熱?】

<匿名で簡易査定して不動産一括査定で住み替え>『中古住宅を買う前に温かい家かどうかよく考えよるのがおすすめ!』【外断熱、内断熱?】

ログハウスが今一番個人的に住みたい家です。

しかも山の中!

最高ですね。静かでいいです。

そして、宅配便でAmazonから毎日、お急ぎ便が届く。こんな最高な生活良いじゃないですか!って、それって羨ましいじゃないですか?

不動産一括査定でもう都会の家を売って地方へ移住してしまおうかな?って、毎年冬になると思うんです。なぜか冬。温かいイメージがあるんです。

ログハウスと暖炉!いいと思います。薪割りが大変だって?固形にしたいいやつがありますからそれを買えばいいですよ。

それはさておき、ログハウスではないのにログハウスみたいな天井の家、これは天井が高い家で最近は多いです。

どうしてかというと、高さ制限があって従来は2階建てだった家がロフトという高さが1階分に足らない部屋を作ることが流行りました。

また、屋根裏を作らずに開放した屋根の三角形の形をそのままむき出しにしたログハウスのような吹き抜けの家が多く作られました。

屋根裏の由来はよく分かりません。しかし、屋根には壁と違って断熱材を入れたりしていないはずです。

となると、冬は寒いです。暖房を付けていると結露します。結露すると地獄です。

冬に雨が降っても居ないのに雨漏りみたいに天井から大量の水がポタポタとたれてくるのです。

これは悲惨です。

そのため、シーリングファンという天井から吊るされた扇風機のようなものを付けています。しかし、本気で寒い時期はそんなものでは足りません。

また、暖房の温かい空気が天井付近に溜まってしまうため、それを床の方向に戻してやらないと効率が悪いのです。それが小型の扇風機みたいなものでサーキュレーターと呼ばれています。

昔は海外から輸入されたものしかありませんでしたが、今ではホームセンターで安価に売られるようになりました。扇風機なんかよりよっぽど品数豊富です。

こういった製品が身近に売られるようになった背景には「みんなが寒いと思っている!」のです。

天井の高い家が増えたことも理由ですし、今の気候がとてつもなく寒い期間に入っているからです。いわゆる氷河期というものです。

暖房のための灯油は値上がる一方です。

こういう時代には暖房効率を高めることが一番大事だということになってくるのです。

家に手を加えることはできません。

そのため、あらゆる方法を考えて暖かくしようとしています。

日本は半分以上の面積の土地が寒い地域と呼べると思います。ですから寒い地域の家を見れば日本にある昔ながらの歴史ある防寒対策を知ることができます。

むかし、サーキュレータなんてなかった時代はどうしていたんだ?電気がない時代はどうしたんだろう?石油ストーブもなかったわけです。

それが囲炉裏です。掘りごたつです。練炭です。

これを活用して家ごと温めてセントラルヒーティングを行っていたのですね。

また、ほぼ寝る直前まで炭で暖を取り朝方には消えているというちょうどいい感じでフルタイムの暖房だったのです。

こう考えると贅沢な時代だったとも言えます。

今の家はとても寒く出来ています。

ところで、

どうして、ログハウスは屋根裏が無いのか?作る必要がないからです。

寒い場所に建てる家なのに屋根裏空間がない?

というのはログという丸太を使って建てているので断熱性能が抜群に高いからです。

丸太と1cm厚の合板では全く意味が違います。

断熱材としてグラスウールなどが詰められていますが、ログハウスの丸太にはかないません。

マンション、土地、家、不動産の売却査定を探す!

時間があれば仲介で売買、急ぐなら買取りでマンション、土地、家、アパート、投資物件、自宅を不動産売却査定することができます。しかし、安全な資産ってなにかという問題もありますが、ゴールドなどは世界では需要が高くなってこれだけ値上がったわけですが、分かりません。

太陽光発電パネルの材料でも買うのでしょうか?証券会社で資源の先物やETFなどで買えますが、資源でも1つの目的しかないものは代替品が登場した時にダメージが大きいです。

難しい問題です。今のうちに割安な土地を買っておくといい?土地は国の管理ですし、政府がなんか言ったらどうしようもできません。

温泉からゴールドが取れる!なんて発表されて温泉が出る土地が高騰したら嬉しいのですが。

メタンハイドレートは海底ですし、国の外ですので買えません。自分の土地から資源が取れたらいいかもしれません。

No.1 いえカツLIFE(いえかつライフ)

いえカツLIFE

不動産買取査定、売却査定、リースバックでいくらになるか査定してもらうことができます。比較してご自身に合ったのものを選択することができます。

No.2 すまいValue

すまいValue

不動産一括査定サイトですが対応してくれる会社が取引量が多い大手6社の不動産会社だけとなっています。大手に売却を頼みたい方におすすめです。

No.3 イエタン(ietan)

イエタン(ietan)

大成建設グループの大成有楽不動産販売株式会社の不動産売却査定サイトです。大手の強みを活かした販売網と各種保証サービスが充実しています。

No.4 リビンマッチ

リビンマッチ

登録されている不動産業者の数は1,400社以上で、利用者が440万人(2017年)という不動産一括査定サイトです。全国を網羅していますので地方郊外の物件を売却したい方にもおすすめです。

No.5 ノムコム

ノムコム

野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産売却査定サイトです。2017年にオリコン日本顧客満足度調査 『不動産仲介(売却)戸建』において第一位(64社中)となりました。

No.6 イエイ

イエイ

セカイエ株式会社が10年以上運営する日本最大規模の不動産売却サイトです。トラブルのあった業者は紹介先として契約しないようにしているそうです。紹介先の業者は1000社を超えていて、利用者数も400万人を超えています。

No.7 イエウール

イエウール

株式会社Speeeが運営する不動産売却一括査定サービで登録されている不動産会社は1,800社以上で日本最大級の不動産一括査定サイトです。

No.8 HowMaスマート不動産売却

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却

東京都の一部地域限定ですが、不動産会社と電話のやりとりをせずにチャットやWebでコミュニケーションを取りながら進めることができます。電話が苦手な方におすすめです。

No.9 マイスミEX

マイスミEX

株式会社じげんが運営するサービスで2015年に始まったサービスで翌年には10倍以上に成長した注目の不動産一括査定サービスです。

No.10 不動産査定エージェント

不動産査定エージェント

セカイエ株式会社が運営する不動産一括売却査定サービスです。東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道に対応しています。

No.11 RE-Guide

RE-Guide

株式会社ウェイブダッシュが運営する2006年から続く不動産一括査定サイトです。

No.12 マンションナビ

マンションナビ

マンションリサーチ株式会社が運営するマンション専門の一括査定サイトです。登録されている不動産会社数は最大規模で全国対応しています。月間の査定依頼件数が1,500件を超えています。

No.13 town life(タウンライフ)不動産売買

town life(タウンライフ)不動産売買

ダーウィンシステム株式会社が手がける『town life(タウンライフ)』では住宅購入からメンテナンス、リフォーム、売却までトータルな住宅関連サービスを提供しています。

更新日 September 25, 2019, 3:15 am

『マネーのサプリ』節約術ライターGrp

節約方法などの記事を書いているライターです。監修している記事はチェックして問題が見つかり次第修正していきます。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.