<不動産一括査定で住み替え>『中古マンションを買うときは防音性能が高い大手マンションがおすすめ?』

<不動産一括査定で住み替え>『中古マンションを買うときは防音性能が高い大手マンションがおすすめ?』

防音性能、等級、dBなどという文字を見たことがあると思います。

床材の防音性能表示などがあります。

防音に関してはマンションはかなり気を使っていると思います。新しいマンションは特に気にするようになっていて、構造体は鉄筋コンクリートの厚さが何センチと書いてあると思います。

もし、不動産一括査定で今の家を売ってマンションに住替えをしようとしている場合にはマンションの防音について考えた方が良いと思います。

またフローリングがあってその下に吸音材のようなクッションが施工されていることもあると思います。

逆に防音に関する対策が何もない場合もあります。

鉄筋コンクリートだったら防音はいいですが絶対に大丈夫かと言えばそうでもないようです。

特に昔の古いマンションは壁や床の構造部分でも薄く作られていて防音効果が弱いということと、床や天井との間での防音の処理が何も無いと考えられます。

内部の防音であればリフォームで対応できるので何とかなる範囲です。

ここは考えようがあるところですので、リフォームを前提にしている人は防音に関する知識がある設計事務所に頼むといいでしょう。

ただ、マンションの構造体の部分の厚さが15cmとか20cmという厚みの部分は最初にチェックしておくべきところです。

何センチあれば安心かということはありませんが、よく見ていけば平均が分かると思います。

ただし、マンションは玄関やベランダがつながっています。

これは窓を開ければ隣や上下と同じ家というくらいに近い距離です。

当然、窓を開けて聞こえてくる騒音には全く無意味なことですので、そこはやはり覚悟しないといけません。

しかし、窓も2重、3重のサッシがありますので窓を締めてしまえば完全に防音状態にできるということであれば逃げ場があっていざというときに助けとなります。

騒音を音楽で打ち消すというのもいいかもしれません。

でもあまり大きくなると今度は自分が他の家に迷惑をかけてしまいます。

低音だけは気をつけておく必要があるでしょう。

更新日 November 14, 2018, 4:52 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.