雇用が不安定な時代になったと誰もが認めているキャッシュレス時代に必須のクレジットーカードは作れる時に作っておいたほうがいいみたい!?

雇用が不安定な時代になったと誰もが認めているキャッシュレス時代に必須のクレジットーカードは作れる時に作っておいたほうがいいみたい!?

経団連の偉い方が終身雇用は無理というくらい、明確に雇用が不安定なのはもう確かなこととして認められたような感じになりました。

今までは雇用が不安定になりつつあるという事実があっても公的には景気が回復して求人が増えて失業者が減って、給料が増えてと発表していたのですが、もう不安定なことを前提で将来、この先のことを考える方がいいという気がします。

今がそのきっかけともなるような時なのでしょう。

キャッシュレスは浸透させるメリットはあまりないと思いますが、とくにリスク管理ができていないので混乱が生じるでしょう。

でも、アジア諸国を見ていると確実に同じようになると思います。

そこで一番の疑問であるところなのですが、クレジットーカードを持っていない人はキャッシュレスポイント還元が最大限の還元率にならないということなのです。一部にはネット銀行に口座を持っていればできたりしますが、それでもほとんどのキャッシュレスではクレジットカードがないと最大限のお得にはなりません。

デビットカードはクレジットカードのように使えますが、キャッシュレスアプリとの組み合わせで最大のポイント還元率になることはありません。

まず何より、支払い時期と回数などにおいてデビットカードっではそれほど融通がききません。これも生活に直結する問題です。

自分にとって重要だと思われるクレジットカードは作れるときに作ってしまったおいた方が良いと思います。

今後、いつ雇用が途絶えるかもしれません。雇用がないとクレジットカードを作れないかもしれません。

また、学生のうちは雇用されていなくてもクレジットカードが作れますが、卒業すると仕事がない場合はクレジットカードが作れないこともあります。

貯金はあるのにクレジットカードが作れないというのは非常に不便です。

キャッシュレス時代にはクレジットカードを持っている方が断然お得!

クレジットカードは必ずしも誰でも作ることができるものではありません。しかし、キャッシュレス時代ではポイント還元を最大限受けるために該当するクレジットカードを持っている方がポイント還元率が大きくなります。

年齢制限で大丈夫な18歳以上の高校生以外の方は作れるうちに必要なクレジットカードを作っておいたほうがいいと思います。学生の方は今のうちに、よく使う店舗グループのカードと2大キャッシュレスアプリの楽天とヤフーのカードを作っておいたほうがいいかもしれません。

No.1 楽天カード

『楽天カード』

人気No.1のクレジットカードといわれるくらいに人気のある楽天カードですが楽天ペイと併せて利用することによりキャッシュバックの還元率が最大になります。楽天市場でお買い物をする方はもちろんのこと、日常生活でも便利な年会費無料のクレジットカードです。

No.2 イオンSuicaカード

『イオンSuicaカード』

イオン系列の小型店舗「まいばすけっと」を利用している方にはWAONのポイントカードとスイカ(Suica)が利用できるのでおすすめです。

No.3 セゾンビジネスカード

『セゾンビジネスカード』

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがサービスを提供する法人向けクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で個人事業主も利用できる人気No.1のビジネスカードです。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ、格安SIMは?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

更新日 June 9, 2019, 3:47 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.