<野島公園>【公園近くのマンションで不動産投資をアプリで検討!?】

<野島公園>【公園近くのマンションで不動産投資をアプリで検討!?】

野島公園 釣り-シーバス、メバル

京浜急行「金沢八景」からシーサイドラインに乗って「野島公園」で下車するとすぐに行けますが、歩いても歩道が綺麗なのでなかなか風情があっていいです。

金沢八景からの海沿いの道は椰子の木が植えてあったりして、綺麗なので散歩しながら歩いて行くこともいいかと思います。

歩いて行くとそこそこの時間がかかりますので、ある程度余裕を持っていたほうがいいと思います。

この静かな海は平潟湾といい、波が全くないという位ありません。水も結構、透明なようです。

野島公園
シーサイドラインの真下あたりです。平潟湾
シーサイドライン沿いに湾が広がっています。
漁船からプレジャーボートまで停泊しています。野島公園
コンクリートの支柱には魚が居着いていそうです。
釣りをしている人もまばらに居ました。野島公園
結構立派なヤシの木が植えてあり綺麗になっています。野島公園
湾を眺めながらこのような歩道が続いていますので、ウォーキングするには最適です。野島公園
シーサイドラインが通りました。
ちょうどカーブしている箇所があるので写真がとりやすいと思います。野島公園
湾の全景です。
大変静かで、たくさんの船が停泊しています。シーサイドライン先頭写真
帰りはシーサイドラインを使いました。
シーサイドラインに乗るとすぐに移動できるのですが、やはり、周りの風景を楽しむにはゆっくりと歩くのがお勧めです。

公式HP

http://www2.nojima-park.org/facilities/

自然の海岸が残る唯一の島で、バーベキューができたり、貝などの生き物がたくさん生息していて、展望台から八景島を一望することができる公園です。

ここの公園は野島という島が海の公園と追浜の工場群の間にあり、その奥には平潟湾というとても静かな湾があります。

金沢八景の駅の目の前がちょうど、平潟湾の再奥部になっていて、 駅を降りると静かで綺麗な湾を一望することができます。その湾を挟んだところにある野島の約半分ほどの範囲が野島公園となって利用されています。

ここは、島という感覚はあまりないと思います。陸地とつながっているような感じで橋があり、大きな道路を車が走っています。また、島との境目は川のように細いので、ほとんど気が付かずに島に移っていると思います。

都心、工業地帯からも近いながらも、陸地から離れたこともあって、海の中ではかなり自然が残っています。生態系はかなり濃いようで、貝類が豊富に居たり、魚も多いようです。また、アマモなどの水草も生い茂ったりしています。

ワカメの養殖がさかんですぐ近くで、ワカメを買うことができます。生のわかめと、乾燥させたワカメなどが売られています。とても美味しいです。

釣りは禁止かもしれませんが、こういう海際の土地の利用というのは、川などと同様に公が管理していることが普通です。

管理責任はやはり、公となるようです。そういう場合に、安全管理などということを考えると、何もできない、禁止、禁止、禁止、ということになりかねません。

自由にできるのはほとんど、許容してもらっているという感じで、これがどこでも通用するわけではありません。たとえば、ある河原でバーベキューをしていたり、テントをはってキャンプをしていても、自由にみんなが楽しめるように開放しているという自治体、管理元があるのに対し、火の使用、花火禁止、飲酒禁止、、、、禁止だらけのところもあります。

基本的に火を使えるって日本では凄いことです。

ご存知のように木造が住宅の基本です。公共の公園が火元になるわけにはいきませんので、火の扱いだけはかなり厳しいと思います。

こういう海があって、十分な空きスペースが確保できるという場合は可能になることもあるのかもしれません。しかし、都会では中々ありません。しかも、この炉が据え付けというのが凄いと思います。

直に火を使えるということです。コンロ、鉄製の炭を使用したバーベキューセットを基本とするところが多い中、ここのように炉があるというのは珍しいです。なんだか、美味しく作れそうな気がします。

利用時間に制限があるというのも都会の公園で、下手をすると17時で打ち切りとなるバーベキューもあります。これでは、、、ということがあるのもわかります。

すぐに気分にひたることもなく、すぐに帰宅の渋滞になだれ込んでいくわけです。そして、夕食は家でもう一度食べなければなりません。しかし、帰宅は遅い時間になってクタクタで、バーベキュウーグッズを綺麗に洗ったり、片付け場所に1個づつ、元の場所にしまい直す、などという作業は、準備をするのよりも片付けのほうが時間がかかります。

こんなに疲れるくらいなら、泊まりたい。そういう気持ちになるのがキャンプです。

郊外にいけば、1泊してゆっくりアウトドアを楽しめるのですが、都会で1泊はほぼ不可能です。公式HPで随時確認する必要がありますが、キャンプで1泊できるなんて、すごすぎるということです。

普通、海辺でも河原でも夜中に人が遊んでいたら、色々と苦情や、指導などが入り、怒られるんじゃないかってびびりまくりです。

山間部へいかない限り、こんなことは不可能だと思っていました。

対岸の八景島だって、島は閉園しますし、海の公園は閉鎖されることはありませんが、まず、このあたりではこんなことが出きる場所はありません。

野島公園
トリの羽のような形の公園です。

野島公園でバーベキュー

レンガ積みの炉が用意されています。予約すると利用することができるようです。公園のHPにて確認することができます。

シーズン中のみの営業のようです。綺麗な大きくしっかりとした炉ですので、しっかりと料理ができそうです。また、広いスペースにゆったりと無理なく配置されていますので、それぞれのグループがのびのびと楽しむことができるのではないでしょうか。

バーベキューをするには大変交通の便もよく、車でなくとも電車などで仲間と集まって気軽にバーベキューをすることができそうです。

意外と景色もよく、海との距離も近いので、すぐ目の前で水と触れ合ったりすることもできます。

このようなロケーションなので、海対して開けているためか、森の中のバーベキュー場や公園の中というような感じはあまりしません。

野島公園
このような親水広場もあります。野島公園
バーベキュー施設があります。
管理元に予約が必要です。
冬場は営業していません。野島公園
大きいレンガ積みの炉が用意されています。

野島公園でキャンプ

夏場だけですが、ここで宿泊キャンプもできます。テントを張って寝泊まりすることができるようです。詳しくは公園管理HPを御覧ください。

横浜市です。横浜で屋外でテントでキャンプができるという珍しい機会を提供してくれる場所です。野島公園内は非常に綺麗で海も綺麗です。確かにいい雰囲気でキャンプができるかもしれません。海のこれだけ近くでキャンプができるというのは普通は難しいのではないでしょうか?

通常の海でしたら少しの天候悪化で波をかぶり、危険なためできないと思います。砂浜のこんなすぐ近くでキャンプというのもこの大変静かな海があるおかげかもしれません。

バーベキューをした後にビールなどを飲んでもキャンプができるということであれば安心です。

また、都心から近いのでアクセスが楽なため、帰りの渋滞に悩まされる事も少ないかと思います。

設備というのは場所を提供しているだけなので、テントを張ってキャンプをする方法だと思います。詳しくはご確認ください。

夜は八景島のジェットコースターや展望台などがきれいに光っていて、大変美しい夜景を眺めることができるでしょう。夏はもちろん花火が上がって、とてもいい雰囲気を味わえると思います。

おそらくそういう日はかなり前から予約がいっぱいで埋まっているのだろうと思います。

野島公園
八景島が目の前に広がります。野島公園
拡大するとはっきりと見えます。野島公園
このような水と触れ合える階段があります。

この公園にキャンプやバーベキュー以外でふらっと来た場合に、散歩するという楽しみ方もあります。

冬はバーベキューなどもシーズンオフなので人もいなく、大変静かな公園となっています。

公園の中には野島山という山があり、低い山なのですがの結構急な道を登ります。道は綺麗に整備されています。頂上まで行くと展望台があり、八景島を望む景色が一望することができます。

公園内は基本的に平らで展望台がある所だけ、山になっているのですが、ほとんどの場所が平らな平地なっています。きれいな舗装された歩道になっています。この公園の端から端まで何往復かジョギングすると、海に沿っていい景色を眺めて走れますので、心地よい時間を過ごすことができると思います。

この辺りは海際であり、平らなので散歩、ジョギング、近所にいたらふらっと立ち寄りたくなるような公園です。

内陸部の住宅地を増やすために造成されたような人が多い場所では、夏休みに子どもたちが遊ぶ場所がなくて、ホームセンターやショッピングセンターにたむろっています。

いまが一番いい時期で、働く前の楽しい時間なのに、年齢的に自動車などもなく、働きはじめる年齢でもないため、アルバイトしてどこかへ電車で移動することもできません。

いわゆる、近所で買い食いをしながら、友達としゃべって遊んでいた、そういう、普通の楽しい思い出である瞬間が、ホームセンターと食料品スーパーの間の休憩用の椅子で自販機の前でたむろっているなんて、しかも、回りからはなにか、文句を言われそうな雰囲気の場所なのです。

昔なら、スーパーのかたすみやら、ゲームセンターなどでも、子どもたちがだらだらとたむろっていられる場所がありました。

たしかに、おやつを食べながら楽しめます。

しかし、今や、ゲームセンターって何?という感じではないでしょうか?

スマホ、アプリ?

そういうアプリに頼らない、たむろってしゃべる、これが出来る場所がなくて、ショッピングセンターに集う若者を見て、なんだか、とても、不思議に思いました。

でも、よく考えて見れば、雨はしのげるし、冷暖房完備で、お腹が空けば何か惣菜を買えばよくて、よく、できたものだと思います。店がわの配慮によるものだと思いますが、寛容されているようです。

それはさておき、近くにこういう公園などが無いと、ほとんど、海の近く以外では、こういう開放された空間はありませんが、そういう、なんとなく、せせこましい感じでいるわけです。

この近くなら、そういう場所には困らないことでしょう。

野島公園海
公園内は島だけあって、ほとんどが海に面しています。
ジョギングに最適なコースです。野島公園展望台
山頂には展望台があります。野島公園
展望台のたもとには、芝生の公園も広がっています。野島公園景色
展望台にいく途中の山からでも景色がよく見えます。
周りは工場地帯と八景島の遊園地以外にはほとんどありません。野島公園
冬場は天気が良ければ景色がいいです。野島公園
夕日が沈んでいます。曇っていましたが、遮るものがありませんので、天気が良ければ綺麗に見えると思います。野島公園野島公園
街方面を眺めた風景です。野島公園
展望台から八景島を見たところです。
夜景は綺麗だと思います。

野島公園
伊藤博文別宅

野島公園
猫が多かったです。

野島公園で潮干狩り-マテ貝、あさり

横浜でも唯一の自然海浜という、ほとんどの砂浜が護岸整備がされてしまい、砂浜はほとんどありませんが、あったとしても、砂を持ってきて作った人口の砂浜がほとんどですが、ここだけは唯一、太古の昔からの浜の様子を残しているそうです。

そう考えると、これが本当の横浜の海と言えそうです。

このような場所で潮干狩りと言うとあまりイメージがわきませんが、貝たくさんいて、昔から食べられていたようです。

あさり、アオヤギ、マテ貝などが生息しているそうです。

公園の中で砂浜になっている部分はごく1部ですので、大変小さい場所で、少し人が集まっただけですぐにいっぱいになってしまうでしょう。

とてもじゃないですが隣の海の公園と比べると、規模が比較になりません。

せっかく残された唯一の自然の砂浜ということですので、ほどほどにして自然を守るという考えもいいかもしれません。

しかし、とったアサリを砂抜きがいりますが、バーベキューで食べるなんて最高の贅沢だと思います。

この砂浜は潮干狩り場ではありませんので、あさりをまいたり、管理していることはありません。そのため、たくさんアサリをとるとのは難しい場所だと思われます。

自然に繁殖している貝だけですと、最初に来た人たちがあっという間にとり終わってしまい、また来年になるまで大きな貝は育ってきません。

野島公園水透明
水深は浅く、かなり水は澄んでいます。
自然生物や、水草、海藻の宝庫だと想像出来ます。

野島公園
この砂浜が自然のまま残された砂浜のようです。
都会では大変珍しいことです。

野島公園
おそらく、ワカメの養殖を行なっているのだと思います。
これだけの規模のものが間近で見れるのはかなり珍しいことです。
静かな湾内でこれだけの広さがあるからだと思います。

野島公園

 

野島公園は八景島の影に隠れてあまり目立たない印象がありますが、本来の横浜の自然の姿を見られる唯一の海岸です。

ここだけしかありません。

たしかにのりの養殖をやっていたら昆布がとても美味しかったりします。

こういうのが関東地方の食文化だったんだなとしみじみと感じられます。

ここは潮干狩りもできるのでバーベキュー場として都内からのアクセスもよく大人気です。

また、少し行くと綺麗に整備された住宅街があります。

京急線のアクセス圏内であれば通勤も可能で人気の住宅地となっています。

著名人の別荘があったことを考えればいい環境だということが分かります。

ただ、微妙に都心ど真ん中までの通勤時間を考えると少し遠いかなという気持ちになるぎりぎりのところとも言えます。

駅前にはマンションが多く立ち並び通勤の人のための家がたくさん用意されています。

こういうところは電車の急行の停車駅の変更で価値が変わるかもしれません。

特に京急線はとてつもなく駅数が多いのです。

急行が止まらない駅は本当になにもない所あります。こういうところを狙って不動産投資してみるのが個人的には興味深いのですが。。

 

マンション、一戸建て、家、土地の不動産売却なら不動産査定サイト!

 

 

No.1 いえカツLIFE(いえかつライフ)

いえカツLIFE

不動産買取査定、売却査定、リースバックでいくらになるか査定してもらうことができます。比較してご自身に合ったのものを選択することができます。

 

No.2 すまいValue

すまいValue

不動産一括査定サイトですが対応してくれる会社が取引量が多い大手6社の不動産会社だけとなっています。大手に売却を頼みたい方におすすめです。

 

No.3 イエタン(ietan)

イエタン(ietan)

大成建設グループの大成有楽不動産販売株式会社の不動産売却査定サイトです。大手の強みを活かした販売網と各種保証サービスが充実しています。

 

No.4 リビンマッチ

リビンマッチ

登録されている不動産業者の数は1,400社以上で、利用者が440万人(2017年)という不動産一括査定サイトです。全国を網羅していますので地方郊外の物件を売却したい方にもおすすめです。

 

No.5 ノムコム

ノムコム

野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産売却査定サイトです。2017年にオリコン日本顧客満足度調査 『不動産仲介(売却)戸建』において第一位(64社中)となりました。

 

No.6 イエイ

イエイ

セカイエ株式会社が10年以上運営する日本最大規模の不動産売却サイトです。トラブルのあった業者は紹介先として契約しないようにしているそうです。紹介先の業者は1000社を超えていて、利用者数も400万人を超えています。

 

No.7 イエウール

イエウール

株式会社Speeeが運営する不動産売却一括査定サービで登録されている不動産会社は1,800社以上で日本最大級の不動産一括査定サイトです。

 

No.8 HowMaスマート不動産売却

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却

東京都の一部地域限定ですが、不動産会社と電話のやりとりをせずにチャットやWebでコミュニケーションを取りながら進めることができます。電話が苦手な方におすすめです。

 

No.9 マイスミEX

マイスミEX

株式会社じげんが運営するサービスで2015年に始まったサービスで翌年には10倍以上に成長した注目の不動産一括査定サービスです。

 

No.10 不動産査定エージェント

不動産査定エージェント

セカイエ株式会社が運営する不動産一括売却査定サービスです。東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道に対応しています。

 

No.11 RE-Guide

RE-Guide

株式会社ウェイブダッシュが運営する2006年から続く不動産一括査定サイトです。

 

No.12 マンションナビ

マンションナビ

マンションリサーチ株式会社が運営するマンション専門の一括査定サイトです。登録されている不動産会社数は最大規模で全国対応しています。月間の査定依頼件数が1,500件を超えています。

 

No.13 town life(タウンライフ)不動産売買

town life(タウンライフ)不動産売買

ダーウィンシステム株式会社が手がける『town life(タウンライフ)』では住宅購入からメンテナンス、リフォーム、売却までトータルな住宅関連サービスを提供しています。