近いうちに日本は全面的にキャッシュレス化が進み円もデジタル通貨(クリプトカレンシー、仮想通貨)にならざるえない!

近いうちに日本は全面的にキャッシュレス化が進み円もデジタル通貨(クリプトカレンシー、仮想通貨)にならざるえない!

未来予想図です。事実誤認等はご了承下さい。このようになるとは限りません。

もう多分確実だと思いますが、円がデジタル通貨として今のクリプトカレンシー、トークン、仮想通貨と同じように使えるようになります。
QRコードをピットやって支払いを行えるようになります。

これはもう仕方ないことです。別にSUICAやPASMOと同じです。

JR東と西、東海、北陸、、、統合できない仕様になっているとかそういうことはありません。

XRPの開発元のリップル社のILPを使えば、外国からの観光客が東京五輪のTシャツを買う時にドルとか他のお金とかから直接、日本の売店でスマホでQRコードを読み込んでボタンを押すだけで買えるようになります。

これはほんと、超簡単です。

じゃあ、観光客はどうやって自分の国の通貨をスマホにチャージするの?ATMからできます。

ネットからPCでもできます。ネット銀行から自分のクリプトカレンシー口座にお金を移動させるだけです。すぐ終わります。

もし、観光客の国がまだ政府発行のクリプトカレンシー(仮想通貨、デジタル通貨)がなければ、ネット銀行やATMでXRPやETHに替えて自分のクリプトカレンシー口座に入れておきます。

これで世界中どこへいっても困ることはないでしょう。

逆に渡航先でILPが普及していない場合、単にクリプトカレンシーの支払い端末があるのでそれを使ってスマホでXRPやETHで支払うことができます。

さて、旅行はしないんだけどという人や、中年、年金世代の人たちは関係ないか?と言えば、関係おおありです。

JPYコインで全部管理されます。

台帳はお上が管理しています。全ての給与支払い、税金の納税、買い物履歴が証拠として残ります。

自動納税、自動補助金、、全てを自動でできます。

つまり、これはベーシックインカムへの伏線ですね。

そもそも、生活保護という制度や年金制度は必要ですが、制度の不備のせいで悲惨な目にあっている日本国民がたくさん居ます。

これらの人がもっと普通に暮らせるようにするためにJPYコインはあります。

例えば、年金が国民年金しかもらえないことになってしまった人が生活に困窮する。ここで生活保護を受けたい。しかし、生活保護を受けるには貯金、財産、資産は全てなしで、ましてや収入を少しでも得たら受給を打ち切られる。

それでいて、国民年金よりも遥かに高い受給額。

いまはこの受給額を引き下げたら?なんて言ってますが、本末転倒な話です。

そうじゃない。生活保護を生活補助にすればいいんです。

働いて足りない分だけ政府が支給すればいい。

だけど、現状は働いているかいないか、現金で報酬を貰っている人を政府が性格に把握することはできない、手間が割に合わないわけで、少しでも働いたら打ち切りということにしているようです。(誤認はご勘弁下さい。)

ですが、日本の円がJPYコインになれば、貰った円、使った円、支払先、支給先が全部、記録されて政府の手元に残ります。

そのため、正確に手間なく自動的に支給が行われます。

紛失?盗難?ハッキング??

盗難さえ証明されれば無限に補償してくれます。好きなだけJPYコインは発行できます。まるで今の円のお金と同じように。。

利用手数料??

それは一切かかりません。だって、円と同じですから。買い物するのに手数料かかりますか?

って、かかっているんですけどね。。

消費税!!驚異の8%!!ありえない高さですが、、更に上る可能性もありますが。

じゃあ、スマホなんてかえないんだけど?という人はそんなもの無料で貸し出します。

だって、政府の事業ですから!!!

銀行口座やカード作るのにお金かかりますか??

ということです。

今やスマホも通信費もタダタダタダとCMされているくらいですから、そのうち無料が普通になるでしょう。。

また、紙に印刷したQRコードでも良いと思います。

それだったら、ATMでピッとやって出てくればQRコードの印刷された紙きれが1万円とかの代わりになります。

まあ、なくしても破れても届け出ればすぐに無効にしてくれて補償される。。。

こんな便利な話が普及しない理由はないわけです。

それは仕事がなくなる業界は反対するでしょうが、政府の財政難はもう待ったなしですから、間違いなく推し進めてくるでしょう。。

JPYコインと書きましたけど、一応、事実としてはMUFGがMUFGコインという1円相当のコインを発行するそうです。

当然、仮想通貨取引所のライセンスを取得するそうです。

最初は?え??MUFGがそんなことするの??

おかしいんじゃない??

って思いましたけど、発行したMUFGコインどうやってATMでお客さんに発行するんだよ!ってことですよね。

当たり前ですよ。

MUFGが売買ボードで買い注文とかピコピコするシステムを作って運営して、ハッキングのリスクに怯えながらそんな賭けごとみたいな真似するわけがないじゃないですか!!

そうです。ただ単にATMからMUFGコインを引き出せるようにしたいだけです。

そのためには仮想通貨交換所のライセンスが必要になります。

だから、取得すると言っているだけです。

ですから、だから銀行が仮想通貨取引所をオープンするなら数年かかるんじゃないの?というのは、勘違いで、ATMからMUFGコインを発行したいだけだと思いますので、多分、もう出来上がっているMUFGコイン用のブロックチェーンのシステムと専用ATMの導入で済むことでしょう。。

たいしたニュースでもないですよね。こう書くと。。

とりあえず、JPYコインでの店舗決済システム、給与支払いサービスが最高に売れるようになることは確かです。

公共工事のソフト開発は既存の記録に入出金の情報だけをリンクすればいいだけですから簡単でしょう。

じゃあ、誰がJPYコインの運用メンテをするの??それはMUFGコインならMUFGのシステム部門でしょう。。

じゃあ、政府発行のJPYコイン(仮称)は誰が運用するの??

多分、もう話は進んでいると思いますが、どこかのSI企業がやるんでしょうかね。。

いやですね。。公共工事だからって大手企業しか受注できないとかって。

影響???特に無いですね。

ATMやPOSシステムの会社の株が値上がるくらいですかね。。。

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。