海外の仮想通貨取引所の規制はどうなるのか?日本も他人事ではない!

海外の仮想通貨取引所の規制はどうなるのか?日本も他人事ではない!

先物商品、外国為替、先物株式などのFXトレードが仮想通貨よりも前に始まっていました。これは日本ではFXという言葉で表現されています。ある種、日本では独特の仕組みになっています。下記に説明されているサイトさんがありますので、仮想通貨でもFXは初めてという方は読んでおいたほうが良さそうです。
金融庁VS海外FXのせめぎ合い!無登録だから危ない?違法性はある?
なぜ日本国内のFX業者は追証があって海外のFX業者には追証ゼロカットサービスがあるの?
たしかにとても気になる事が書いてあります。
  • 『なんで海外のFX業者は追証なしなんだろう??』
  • 『どうして海外のFX業者を使うことはいけないような雰囲気を出しているんだろうか??』
これを疑問に思っていた人はこれを見ればすぐにわかると思います。とにかく、こういう状態だと日本で株式であっても証拠金取引をやる人は本当に少なくなってしまうと思います。もちろん、それを求める人が大勢いて今も盛んに取引されているのでこの需要はあっていいと思います。人によってリスクとリターンの考え方が違いますから。これでは普通の人は怖くて、もし何かいい金融商品があったとしても現物しか触りたくないという人が大勢居てもおかしくありません。というか、普通に働いて普通にコツコツ貯金している人が金利が安いからといって、株や外為、先物商品をやるとは思えません。現物株はとても制約が多くハードルが高いと思います。これでは日本の個人が投資=ギャンブル=危険なもの!と思ってしまい誰もやりたがらないのもうなずけます。 実際に危険なことが想定されるので誰もが分かってしまうので、例え信頼のある会社名が付いて『○○証券』というようになっていて、『○○銀行』と同じような感覚で登録できるようになっていますが、勤務先を詳しく入力したりするようになっています。 この時点で銀行とは少し違うな? と気がつく人が多いと思うのですが、やはり、そういう損失をこうむったときに追証が発生して借金ができる可能性がある。という事実がある時点でどんな人でもそれを『投資』だとおもうよりも『投機』『賭け』と認識されているようです。 もしも、そういったことが無くなると手数料がかかったとしても海外のように一般個人が色々な金融商品をトレードするようになってくると思います。 ただ、仮想通貨の場合は特別だともいえます。
  • とにかく価格変動が激しい!
  • 日本の取引所のサーバーが応答しなくなる!
もちろん、日本だからサーバーが止まるわけじゃありません。集中するのです。だれもが同じように口座を持っているので条件がいいところへ一極集中します。 仮想通貨のため送金が安易になりました。また、取引所間の条件の差が激しいのです。 ですから、日本一条件がいい取引所に全員が集まってサーバーがダウンする。 そして、損切りができずに追証が発生して借金となってしまう。。 もちろん、日本でも追証がない仮想通貨取引所があります。これは本当に新しいことだと思います。このあたりから未来が変わる可能性があるかもしれません。ただし、仮想通貨は『投資』じゃなく『ギャンブル』であることに変わりは無さそうです。。株式、為替、商品は仮想通貨みたいに狂ったような相場変動はしません。だからそれほど問題になっていなかったともいえます。既存のFXでも海外の業者は999倍とか数千倍というレバレッジがかけられるところもあります。それでも追証ということをせずに取引所が損失を補填するようにしています。これはある意味安定した資産に対する売買なので可能なのだと思います。そして、レバレッジの倍率が高いとそれだけ精算されて預入金が0になる確率が上がります。だからトレーダーは高いほど良いわけではありません。ただ、海外では手数料で利益を得ていますので取引量が増えてくれると非常に嬉しいのです。だから倍率を上げてもらって手数料を稼ぐという方式なのだと思います。もちろん、預入金が0になる少し前に精算してしまうようにして業者が損をすることのないように出来ているので、そんなに良心的すぎるというわけではありません。こんな状態の中、銀行の預金金利が0%に近いとなってさすがに堅実な日本の一般個人も焦り始めてきました。でも、FXは怖い。。。そういうときに登場したのが自動分散投資サービスという商品です。これは個人が積立感覚(現物買いの感覚なのですが、、)で金融商品を預けたお金以上のリスクを負うことなく自動的にトレードしてくれて積立金のような感覚でいられるという不思議な商品が流行っているのです。ビットコインだってETFが認可されれば当然、そういった自動分散投資サービスの中に取り入れられてくるわけですが、あまり考えなくても働きながら仕事に集中していてもちゃんと資産を運用してくれるのでビットコインのFXトレードでレバレッジをかけて保有したまま数日間から数年間も持っているというのとは全く異なる安全性がでてくるのです。たしかに、簡単に『金、銀、プラチナ』『外国株』『外国債』『外国不動産』『日本株』『米国債』を個人が買えるのは便利ですが、証券口座を開いて自分がリスクをとって証拠金を超えたらどうしよう??と思いながら買うのでは抵抗があります。そんな不安感を取り除いてくれたという意味でも自動分散投資サービスは有意義なのだと思います。

更新日 February 28, 2018, 9:47 am

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
coin

『コイン日和 資産運用』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.