【Android/iPhone 20社以上!】10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代からの女性におすすめの格安スマホランキング!口コミ、評判は?【どこが安い?機種本体は選べる?ファーウェイ、OPPOは?】

スマホは通信費用を安くしようと思えば非常に安く使える時代になりました。格安スマホでも自分の好きなデザインのスマホを選んで使うことができます。

小学生、10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代におすめのスマホとは?

  • 小学生:GPS機能、見守り機能、価格重視のスマホ
  • 10代:価格、デザイン、カメラ機能重視のスマホ
  • 20代:価格、デザイン、重さ重視、カメラ機能の充実したスマホ
  • 30代:価格、デザイン、重さ重視、カメラ機能の充実したスマホ
  • 40代:文字サイズが変更できる、デザイン、重さ重視、欲しい機能が実現できるスマホ
  • 50代:文字が小さすぎない、バックアップや操作がシンプル
  • 60代:文字が大きい、自分が必要な機能が揃っているスマホ
  • 70代:文字が大きくて見やすい、操作がシンプル、GPS機能、緊急通報、見守り機能
  • 80代:GPS機能、緊急通報、見守り機能重視のスマホ

日本で暮らしていくにはスマホがないと不自由になるかもしれません。そういう時代に変わろうとしています。キャッシュレスは流行りませんでしたが、スマホは生活必需品です。

年齢に関係なく、全ての人が広く持っているべきアイテムとなりました。

ほんとうに自分の脚で動ける人はほぼ全員必須ですし、たとえ、介護が必要な高齢の方でも医療機器に影響を与えないスマホがあればあるととても心強いものです。

ただ、日本の管理制度を大きく変えてしまうため導入には政府の後押しが必要となってきます。

今のところスマホの普及に政府はとても前向きです。

  • キャッシュレス決済による消費税還元
  • 定期契約の違約金の緩和月額費用の低料金化
  • 学校への持ち込み許可の検討

などがその例です。

中学生、高校生、大学生、女性におすすめの格安スマホランキング!

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

楽天モバイルは格安SIMだけでなく正式なキャリアとして通常の回線も利用できます。格安SIMとして一番伸びた会社ではないでしょうか?

プランから格安SIMのプランと通常のキャリアプランを選択して使うことができます。安く使いたい方と高速通信を行いたい方が居る家族で利用するときなどに重宝します。

格安SIMの通信速度は徐々に改善されていくと思いますが、最も混んでいる時期では繁華街の建物の中などではデータ通信がほとんどできないくらい遅くなることがありました。

ドコモ回線を利用していたときのことですので、限られた回線を優先的にドコモのスマホに割り当てていき余った分を楽天モバイルが使っていたからだと思います。今後はこういった状況は改善されることだと思います。

iPhone、Androidともに利用できます。

No.2 LINEモバイル(ラインモバイル)

『LINEモバイル(ラインモバイル)』

LINEユーザーの普及によりスマホを持っていてLINEを使っていない方はほとんどいないのではないかというくらいの普及率です。

データ通信で無料通話という新しい技術を日本に根付かせたLINEの会社の格安スマホサービスです。

LINEや他のSNSアプリの通信料を優遇する料金プランやSNS使い放題のプランがあります。

選べる端末が多いのが特徴です。

iPhone、Androidともに利用できます。

No.3 UQモバイル(UQ mobile)

『UQモバイル(UQ mobile)』

UQコミュニケーションズ株式会社サービスを提供する格安スマホ(格安SIM)サービスです。

UQモバイルを販売している株式会社Link Lifeという会社がサイトから買うとキャッシュバック特典が受けられます。

月額1,980円(1年間・税別)から利用できるプランがあります。端末代無料のプランも用意されています。

iPhone、Androidともに利用できます。

No.4 J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)

『 J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)』

株式会社ジュピターテレコムがサービスを提供する格安スマホ(格安SIM)サービスです。

端末を用意すれば月額980円から利用できます。

iPhone、Androidともに利用できます。

No.5 ワイモバイル(Y!mobile)

色々と画期的なソフトバンクグループのヤフー関連のスマホサービスですが楽天モバイルに追いつけとばかりに一斉にソフトバンクショップの片隅に赤いY!mobileのロゴが並ぶようになりました。

価格面でのメリットととくにこだわりがある方にはおすすめです。

ただし、これらの格安SIMは高品質キャリア時代の時と同じくさらに競争が厳しく、乗り換えが大変になるケースもありますのでよく選ぶといいかと思います。

他のおすすめのスマホ会社

  • イオンモバイル
  • ヤマダニューモバイル
  • BIGLOBE モバイル
  • OCN モバイル ONE
  • U-mobile
  • mineo(マイネオ)
  • DMMモバイル
  • リペアSIM
  • LIBMO
  • TONE(トーン)
  • QTモバイル
  • nuromobile
  • IIJmio(みおふぉん)
  • スマモバ
  • @モバイルくん。

格安スマホとは?

スマホを自宅のWi-Fiで使うのではなく、外で使用するためには通信会社との契約が必要になります。

通信会社には「キャリア」と呼ばれる会社と「格安スマホ(格安SIM)」と呼ばれる会社が存在します。

「キャリア」と呼ばれる会社は自分たちで通信に必要な基地局や回線(無線の周波数や光ケーブルなど)を持っている会社です。

「格安スマホ」を提供する会社は「キャリア」から回線をレンタルする形で使用させてもらうことにより設備にかかるコストを下げることができるため従来とは違って格段に安い価格(2,000円以下/月額)で利用することが可能になりました。

SIMフリーの中古スマホならそのまま使用できる!

現在のスマホはSIMフリーのスマホになっているはずです。また、申し出れば解除してもらうことができるはずです。

「2015年には、総務省が各キャリアのSIMロック解除を義務化する方針を決めた」(Wikipediaより)

2015年5月以降に発売された機種ならば基本的にSIMフリーとなっているので格安スマホ会社で使用することができます。

ただし、格安スマホ会社で「動作確認している機種」というのがあってそれに該当していない場合は動作が保証されないことがあります。

格安スマホ会社に申し込むとSIMカードが送られてきますのでそれを挿しかえると使用することができるようになります。

本体が安い機種は?

Google検索で「安いスマホランキング」と検索するとお買い得なスマホが並んで表示される画面が出ることがあります。

日本製のスマホは非常に割高なイメージがあります。

「ソニーのスマホが6000円ちぇっとで買える!?」と思って見てみると、、

「カバー」の販売価格でした。

これを見ると、

  • ファーウェイ
  • OPPO
  • ASUS
  • ZTE

といった中国のIT機器メーカーが圧倒的に多くなっています。

ところが、先程のGoogle検索でおすすめされたものは「格安スマホ会社に契約するとお得な値段で買えるというもの」でした。

中にはAQUOSもありました。少し古い型、デザインに見えましたが日本製のスマホも安く買うことができます。

スマホ機種本体代の割引金額の上限が2万円ということを総務省が言い出したためiPhoneのように機種代金が高いスマホは買いづらくなってしまいました。

それでも本体を返却する代わりに機種代の支払いの残りの一部を免除するというプログラムがある大手キャリアもあったりして多少は変わっています。

従来の下取りと似たようなものですが2万円と言わずにもう少し割安になる感じです。

格安スマホ会社においてはそういった仕組みより安い機種本体を提供していることが最大の魅力で、

「ファーウェイのLiteシリーズ」

のように高機能モデルのお買い得モデルを積極的に採用しています。

自分が使う範囲において問題にならない機能が無いだけならLiteを使っても最先端のテクノロジーを感じることができますのでおすすめです。

非常にお安くなっているスマホですのでこの「ファーウェイのLiteシリーズ」はいいと思います。

高いと言われていたファーウェイのバッテリー交換価格は?

バッテリーとフロントパネルを交換しなければいけない一部の機種以外、大部分の機種で7,000円という金額になっています。

https://faq.support-huawei.com/faq/show/218?site_domain=defaultより

これは妥当な値段だといえます。

以前は2,3万円かかると言われたという口コミがありましたが、さすがに改善されたようです。

一部のパーツを交換するときに他のほとんどの部品とつながっているため全部を交換するという方法だったため高くなっていたということがあるようです。

しかし、価格や修理の方針は変化します。

ご自身でメーカーの情報を確認してください。

画面割れの修理費用やバッテリー交換は安い?

なんとなく、日本製のものは修理などのサポートが無料、もしくは安い、海外のスマホは修理代が高いというイメージがありますが、そんなことはないようです。

以前、ファーウェイの画面割れ修理、バッテリー交換費用が高いと話題になっていましたが、ファーウェイのHPを見るとそうでもないように思えます。

「P30 lite Dual SIM 4GB+64GB (MAR-LX2J)」の概算修理料金

ディスプレイ交換:¥12500
メイン基板交:¥19500
(フロント/リア)カメラ交換:¥ 9500
リアケース交換:¥ 7300
全損交換:¥ 32880

https://consumer.huawei.com/jp/support/sparepart-price/より

*本記事の執筆時点での情報です。

MacBookなどの修理代に比べれば納得のいく範囲だと思います。

そもそも本体が格安のスマホですので壊れたら買い換えるのもいい方法です。

元から付いている製品保証期間は1年間で

「自然故障の際に免責金不要での交換修理を行うことができます。ただし、落下や水濡れなどの自然故障以外の故障については、対象外となります。」

つまり、水没や液晶割れは保証対象外ということですね。

写真プリントを安くしたいなら?

スマホで撮影した写真を安くプリントしたいなら自分の家のプリンターで印刷せずネットプリントに頼むのがいいと思います。

コンビニの写真プリントは20円~30円/枚(L判)なのに対し、ネットの写真プリントは5円/枚(L判)と大変安くなっています。

また、ネットの写真プリントは印刷方法と紙が本当の写真と同じ方式なので耐水性があり、何十年経っても色褪せることはありません。またフォトブックや額入り写真やケーキにプリントして配送してくれるサービスもありますのでおすすめです。

5Gが始まったら混雑が緩和されて通信速度が上がるかも!?

とくにビジネスで利用するスマホではない限り、格安SIMで問題ないという状況になると思います。

それは今よりも数十倍も速い5Gという通信規格を高品質キャリアの方で扱い出すからです。

日本は遅れているので2020年春から開始予定となっていますが、それが実施されれば格安SIMがさらに速く今の通常のスマホよりも良いものになるかもしれません。

あと1年我慢すればいいかもしれません。どうなるかはわかりません。

そもそも日本が5Gにちゃんと移行できるのかも絶対とは言えません。

ベトナムや海外では5Gはテストしたら実測値で「650Mbps」という凄い数字と叩き出してます。もう使えるということです。

デメリットはない?

「格安スマホのデメリットってなくない??」といっている方が多いのですが、たしかに使っているとデメリットなんて無いしなぜ乗り換えないのだろう?電気代のようにすぐにかえた方が安いし、安くなる金額が電気代の比じゃないというレベルのものです。家族で乗り換えれば本当に年間数十万円の節約になります。電気代の比じゃないですね。

ということでいいことづくめなのですが、やはりデメリットといえば現在では以下のようなことが挙げられます。

  • 都心の商業施設の中でデータ通信がとても遅くなる:電話はできますが、これは回線をレンタルしているキャリアが優先されるからでしょう。
  • 海外でデータ通信することができないものがある。:現地でルーターを借りるので問題ないですが。

大きくいうとこれくらいなのですが、

正直、ビジネスでミーティングに一刻を争う場所にGoogleマップを見ながら移動して到着する必要があるとか、都会の通勤、通学電車の中でVODを見たいということでなければ問題ないような気もします。

あくまでも個人的な感想ですので必ずこのようになるというものではありません。

ただ、通信速度や混雑に関しては来年から5G規格のスマホが始まりますので速さを求める人や多くの通信をする人はそちらに流れていくと思いますので格安スマホ(格安SIM)が利用する電波は空いてくると思います。

それを考えれば今後はもっと快適になると思われます。

iPhoneが使えなきゃ意味がない!?

iPhoneが使えなきゃ格安スマホ(格安SIM)の意味がない!という方は多いと思います。現在は基本的にSIMフリーのスマホがほとんどですのでiPhoneさえ買ってくれば普通に使うことができると思います。ただし、格安スマホ会社のHPに対応機種という記述があると思いますので必ずそこを確認してください。

格安スマホ会社でスマホ本体を分割払いで買えるプランの中にiPhoneがなかったり、最新のiPhoneの機種が販売されていなくて古い機種が売られている場合もありますが、格安スマホ対応機種にiPhoneが入っているのであれば楽天Rebates経由で買ったりすると安くなりますのでiPhoneだけを自分で入手するというのも手です。

ただし、もういまはiPhoneが最高という時代ではありません。ファーウェイが禁止されるのかされないのかという議論になりましたが、中国メーカーのスマホなどは非常に魅力的です。カメラの機能がとても凄いのでこれはiPhoneよりも魅力的に見える方も多いかもしれません。

海外で使うときには?

格安スマホで会社によると思いますが、基本的には有名なドコモ、au、、などの回線を借りて使用していますのでそのキャリアの対応状況に準じることになります。

通話はできますがデータ通信だけできないという会社もあります。LINEなどを使うにはデータ通信が必要です。

楽天モバイルなどがこのパターンでしたが、今後変わっていくかもしれません。

しかし、とてつもなく高い海外でのデータ通信なんか使わない方がいいわけでしてWi-Fiルーターが空港でレンタルできますのでそれを利用するのが便利です。大容量バッテリーにすれば24H以上電源ONで通信可能ですし、グループで1人持っていればみんなで利用できますのでお得です。

スマホのサイズは大きすぎる!

スマホは大きいほうがいいと思われがちですがそれは作る側の考え方で使う方にとっては持ちにくくて落としたら割れたり、水没して大変な損失になったりします。また、持ち運びにも困ります。

電車の中で使う場合、片手でつり革を持って片手でスマホを操作しながら持たなければなりません。この時に落とす人がたくさんいます。

スマホケースは使わずにの背面に指にはめるリングを貼り付けて使っている人が多いです。

これ以上大きくなっても買うのはiPhoneの小さい方のサイズとなりそうです。

ポケットにはいらない!

これは大問題です。ポケットがある洋服を着ているかどうかも微妙なのに大きいサイズのスマホは全くポケットに入りません。

そのため、バックやポーチを持ち歩くことになります。他に荷物があればいいですが花火大会の浴衣のときにはとても困ってしまうものです。財布や他のものと一緒にバックを持ち歩くのが普通ですが手ぶらで行きたい人には不向きと言えます。

ストラップやアームバンドやレッグホルスターもある!

ストラップはケースに穴が付いていてストラップが装着できるようになっているものがほとんどです。

昔のガラケーのようにストラップを取り付ける金具は本体からなくなってしまいました。

ランニングをしている人はよくつけていますがアームバンドを装着する人が多いです。普段の生活で付けるとだいぶおかしな格好になりますがスポーツをするときにはポケットに入れても汗だくになるのでこういうものはいいかもしれません。

また、レッグホルスターについてもあります。普通はあまり使い道がありませんがアームバンドを足首などに付けて走るような使い方があるようですが、落としたり水たまりで塗れたりあまりいいことはありません。

スマホは人とすれ違うときにとっさに知らないフリをできるツール!?

これはほんとうに便利な使い方です。

自分もよくやってしまいますがとっさにおもいもよらないときにあまり親しくない人を遠くで発見したときにとっさに電話がかかってきたフリをしたりLINEが到着したかのような仕草をして画面を凝視してやり過ごす方法です。

この方法はお互い嫌味なく自然にスルーできますのでおすすめです。

また、あまり近距離でこれを行うと避けているのがバレバレで悪い印象になりますので距離感が大事なところです。

コンパクトで文字が大きいスマホが求められている!

誰でも使えるスマホで持ちやすくてポケットに入るちょうどいいサイズ感のコンパクトなスマホが求められています。

薄型になるのはほどほどでいいと思います。5mmくらいになったら本当に持ちにくくてどうしようもなくなってしまいます。

あとはストラップは便利です。

もし、スマホが1mmの厚さになったら社員証のように首からぶら下げて胸のポケットに入れてランチに行くという仕草が普通になります。

それが電車の定期やキャッシュレス決済のカードにもなるのですからとても便利な発明といえそうです。

また、文字の大きさはとても大事です。

40代を過ぎた辺りから老眼になる方が増えてきます。メガネなら外せばいいのですがコンタクトレンズを付けている場合はそうもいきません。

スマホを遠ざける仕草をしていたら老眼だといえます。

これを防ぐにはスマホの設定の文字のサイズを大きくすることで対応することができますので安心してください。

カード型スマホが登場したらそれでスマホは完成形となる!?

オフィスで働く会社員がみんな持っているもの、それは社員証と定期券とスマホです。

これがあればどこでも電車に乗ってコンビニで食事をして出張で仕事の報告や連絡事項を確認して完結することができます。

スマホが1mmくらいの厚さに慣ればこれを1つで実現することができます。オールインワンスマホです。

そうなるとオフィスで勤務する会社員が必要かどうかと言う問題もありますが、学校もスマホが解禁されることになると思いますので個人IDとして全員が持ち歩く社会になると思います。

その時点で今のような1台10万円近い値段のものは使用できません。

せいぜい、1万円です。そしてスマホメーカーもあまり儲からないと見切りを付けて他の製品を作るのに力を注ぐと思います。

ますます、ITと身近に接していくことになるのでネットは重要になりますが、もうスマホというものはなくなって「スマートカード」というものになって完結すると思います。

これは防犯にもよくて事件に巻き込まれそうになったら自動的に本人から見える動画を防犯組織へ送信してGPSで位置情報を送って助けを求めることができます。

そもそも周りの人のスマホに通知が行けば誰も悪いことはできなくなるかもしれません。

防水のスマホは?

  • OPPO
  • HUAWEI
  • Apple
  • HTC
  • Motorola
  • SHARP
  • FUJITSU

以上の会社のスマホで防水の機種が販売されています。

スマホはいずれ全ての機種で生活防水になると思います。

そうじゃないと使用できません。腕時計のように生活防水は全機種必須の機能だと思います。

ただ、カバーやディスプレイが接着テープで止められているのでそれを隙間なく貼り付ける作業が大変なので防水かどうかは変わってくるようです。

防水か防水ではないかということより水が多少かかっても平気なように作って欲しいものです。

水中で使用するなどというのはiPhoneでもやめたほうがいいです。

風呂場で使用する人は多いと思いますが、あまり防水機能を過信しないほうがいいと思います。

構造的にそういう構造ではないので腕時計のように水深100mまで防水機能が働きますといういものではありません。

ガラケーは使えるの?

楽天モバイルではAQUOSのSH-N01などのガラケースタイルの携帯がセット販売されていますのでガラケー派の方はおすすめです。

ガラケーも中味はスマホと同じ仕組みになっていてSIMカードも差し替えればいいようになっていますので問題ないということなのだと思います。

具体的にはガラケーもOSがAndroidになっているとのことです。

結局どこがいい??

格安スマホに関してはどこがいいか?というともう好みだと思います。

楽天モバイルかLINEモバイルだと思います。

楽天モバイルは同じ会社、サービスで通常の速度のスマホサービスも行っていますので切り替えるだけで速い通信速度で利用することができます。

いずれ、5Gが登場したときには使ってみたいという方にもおすすめです。

LINEモバイルはLINEを使う学生の方や家族で使うスマホ代を安くしたい方におすすめです。

LINEなどのSNSの通信費用だけはいくら利用しても無料というプランがあります。

ハイスペックな最新機種も利用できる!

ファーウェイの高級端末でもiPhoneの最新機種でも格安スマホで利用できます。

セット販売にファーウェイも含まれているところは多いと思います。

最近ではOPPOもセンスの良いデザインのスマホを発売していますのでおすすめです。

ファーウェイはLiteというモデルがあるのでそれが安くてハイスペックなので格安スマホとの相性がいいようです。

節約を目指している方にはほんとうにこのLiteシリーズは重宝すると思います。

速度を比較するのは意味がない?

大手キャリアの方が格安スマホより速いのはたしかですが、格安スマホ同士でどこが速いと比較しても無意味です。

唯一、楽天モバイルだけはキャリアとなりましたので今後、人気が殺到しても自由に回線を割り当てることができるのでいいと思います。

ほかはどの会社でも混んでいる商業施設の中に入れば使用できないくらい遅くなります。通話はできますがLINEの電話はできないかもしれません。

とにかく、アンテナがあったらそこを間借りさせてもらってるイメージですので、本当のキャリアの利用者が多い場所に行けばあまり使わせてもらえません。

全員が格安スマホなら問題はないのですが、このようなことになるようです。

格安だからといって寿命はない?

格安スマホというと、「スマホ本体が格安なもの」と勘違いされている方が多いのだと思います。

それは間違いです。

本体はちゃんとした高級品からお買い得品まで通常のスマホと同じものです。

通信を提供する会社が格安で契約を結んでくれるから格安スマホと呼ばれているものです。

そのようなわけで格安スマホで買ったスマホだからといって、「すぐに壊れる?」ということはありません。

また、スマホは中国製が今後一番多くなりますが、それで壊れやすいということはありません。

今はスマホは中国が最先端という時代です。

中古スマホの販売会社

中古スマホを売っている会社はたくさんあります。使い終わったスマホを下取りに出した経験があると思います。買取会社を通じて再び販売されています。

もし、求める条件のスマホがあれば買うのもいいかもしれません。信用できる会社から買うのがおすすめです。

  • ムスビー

中古スマホを買うときに気をつけること!

スマホは顔に付けたり口があたりますのでほんとうに中古は嫌だという方が多いと思います。

そのとおりです。

安いものですし、買い替えを前提として作られているものなのでどんどん買い替えた方がお得になっています。

節約するために中古を買うくらいなら格安スマホでセット販売されている安い機種を選んだほうがずっといいです。

スマホが高いと思っている方は最上位機種を見てそう感じているのだと思います。

本当はそんないいものは必要ありません。

安い機種で十分です。

見た目と値段で決めてOKだといえます。

それでも中古を買うという方はバッテリーがどれくらい使用されたかで価値が決まるのですがちゃんと充電回数を確認できればいいと思いますが、ほんとうにバッテリー交換をするだけで1万円以上の出費と時間の無駄になりますので気をつけて下さい。

また、内部までは掃除できませんので何かが染み込んだという過去があるスマホは内部には何かが残っていますので気になる方は辞めたほうがいいと思います。

VODでアニメを見れるか?

家のWi-Fiで見るのには何ら問題はありません。

屋外でとくに混雑している場所では通信速度が遅くなって見れない可能性があります。

動画を再生するのにPCみたいにスペックが低いと動きが遅くなるとかそういうことはありません。

スマホはPCよりも高性能なCPUが搭載されています。

コアが8個というものもありますし、メモリも8GBというものもあります。

さらにHDDではなくSSDなどに記憶しますので速いです。

再起動する時間もPCよりもずっと速いことからも分かると思います。

TVを捨てスマホにするのが一番の節約!

日本ではTVを持っていると何もしなくてもそれだけでお金が減っていきます。実は時間だけが減っていくわけではありません。

とくに有益な情報やメディアとして信用できないと思っている方はTVは捨ててスマホにした方が節約ができます。

とにかく、もう将来の生活に余裕はないと誰でも想像できますので無駄なTVを見てるくらいならもうスマホのVODにしてしまいましょう。Abema TVなどは無料でもいくつもの番組を見ることができます。

自宅にWi-Fi回線があるならもうスマホでOKです。

ただ、重要なのはスマホでもTVが映らないものを選ぶことです。

と思ったら、

「NHK、スマホ・PC保有者も受信料義務化を検討…テレビ非保有者も年額約1万5千円」(exciteニュースより)

こんなことを検討してるといっています。もう決めている政府もTVも駄目かもと思ってしまいます。

何も持っていないのに勝手に支払うことにされるってどう考えてもおかしいですよね?

税金でやればいいのですが、こんなことは通らないとは思います。

電話回線もなくて良いので固定電話も基本料しか払ってない方は解約すると節約できると思います。

データ移行は原則自分で行う!

AndoroidはGoogleのアカウントで移行できますし、iPhoneもAppleのクラウドサービスやiTunesを使えば移行できます。

スマホはこの2種類のOSしかありませんので、このようにかんたんにデータ移行できます。

ただし、ガラケーに登録してた電話帳を移行したいというのは別途自分で考える必要があります。

大手キャリア会社の店舗ではそういうサービスもあるかもしれません。

格安スマホはそういうものは基本的にありません。

連絡先はパソコンなどに移してそれをパソコンからスマホに移動したほうがいいと思います。

それが出来ない場合はできる方が代わりに移行を手伝ってあげるということになります。

TVショピングなどではそういうのもサポートしますというようなものもあるようです。

一番安いのはどこ?

そのうち0円とういものが登場するかもしれませんが、各社が競争して勝手に安くなっていきますのであまり気にしなくていいと思います。

広告付きで0円というのはおそらく登場すると思います。

ただ、閲覧履歴、購買履歴など見られたくない情報まで勝手に見られて広告がでてきたらいやだと思いますので、このまま月1,000円から2,000円の幅で行くのではないかと思います。

正直、ここの値段を気にするよりも自分がほしい機種がある会社を選べばいいと思います。

その金額を節約するほど困っているなら他に節約することが有るはずです。

スマホに関する女性の口コミ、評判は?

女性がスマホについてどのようなことを気にしている人が多いのか調べました。

  • 40代おすすめ
  • 大きすぎる
  • 持ち運び
  • ポケット
  • 持ち歩き方
  • auCM
  • 手袋プレゼント
  • 50代おすすめ
  • CM
  • 手袋ブランド
  • 自転車
  • 雑誌
  • 浴衣
  • 喜ぶ
  • 腕時計
  • ウエストポーチ
  • 通勤
  • 使いやすい
  • 通話
  • 手帳
  • 手元
  • 好き避け
  • simフリー
  • いじる心理
  • スーツ
  • ストラップ
  • 操作
  • 撮影
  • ソファ
  • サイズ
  • レッグホルスター
  • リュック
  • 理由
  • 恋愛ゲーム
  • リング位置
  • ポーチ
  • ポーズ
  • 大人
  • 表参道
  • 驚き
  • 落とす
  • アプリおすすめ
  • おしゃれ
  • 音声入力
  • 大きさ
  • マスク
  • 待ち受け
  • 見る
  • 持ち歩き
  • 海外
  • 会社
  • カフェ
  • 会話中
  • 人気機種
  • カメラ
  • コンパクト
  • 携帯方法

最大の関心事は「持ち運び」、「大きさ」についてといえるでしょう。

また、「40代」、「50代」ということを気にしているのは文字の大きさや操作や日頃のメンテなどが簡単かどうか調べている方だと思います。

ガラケーからスマホに切り替えるタイミングで気にしている方も多いのだと思います。

スマホは基本的にはiPhoneとAndroidという2つのOSしかありません。操作も日頃のメンテナンスも1つ覚えてしまえばどちらかを使い続けていればだいたい同じようになっています。

Androidは機種を作っているメーカーが操作画面をカスタマイズして変えている場合があります。

ファーウェイのようにiPhoneと互換性があるかのような操作やメニューの配置などで使いやすいように配慮されているものもあります。

「持ち運び」には悩みが付きません。少し大きい化粧品のように考えればいいのだと思います。

そうなるとスマホは少し「大きい」サイズだといえます。

iPhoneの小さいサイズでもやはり少し大きいです。また薄くなっていく本体が手に持ちづらいため、背面に持つためのリングを貼り付けて使用している人がとても多いです。

これはとても便利ですのでお試し下さい。

そして、この持ちにくさのため落として画面が割れて困っている方がとても多いことがわかります。

いくら強化ガラスのiPhoneとはいっても石の上に落とすと簡単に割れます。

こんなことがわかっているのですからはじめから持ちやすいように作ってくれればいいのですが、画面は大きくなるばかりで全く持ちにくいと思います。

大きな男性の手でも持て余すくらいのサイズが標準的になっていますがこれはちょっと使いづらいと思います。

その点、iPhoneはコンパクトなサイズを作り続けています。また古い機種の方が厚みがあって持ちやすくて使いやすいということで人気になっていたりします。

子供にもスマホが解禁される日も近いのでこの辺りのサイズ感がいいものが登場すると嬉しいところだと思います。

電波状況は?

格安スマホはドコモ、auなどの大手キャリアの回線をレンタルして利用します。

電波状況はそれらの大元の会社と全く同じです。

ただ、混雑した商業施設の中や電車の中など限られたアンテナを奪い合うような状況においては通信速度が遅くなります。

そのときに、電波マークが3段階の0になったりします。

これは電波は来てるのですが混雑して遅いということを知らせるために0を表示しているだけです。

電波は受信できていますので音声通話(電話)はちゃんと使用できます。

格安スマホの口コミ、評判は?

格安スマホについてどのようなことを気にしている人が多いのか調べました。

  • 比較
  • iphone
  • 本体
  • デメリット
  • どこがいい
  • キャンペーン
  • かけ放題
  • 機種変更
  • ドコモ回線
  • イオン
  • 本体価格
  • 本体のみ
  • ゲーム
    エクスペリア
  • デビットカード
  • 電波
  • 電話番号
  • 中古
  • 防水
  • アニメ
  • アマゾン
  • au回線
  • データ移行
  • 電話かけ放題
  • 一覧
  • dmm
  • データ通信のみ
  • 違い
  • biglobe
  • iijmio
  • iphone x
  • 月額
  • 選び方
  • 代理店
  • 一番安い
  • 比較 速度
  • ガラケー
  • huawei
  • felica
  • 電話
  • 中学生
  • 銀行引き落とし
  • 学割
  • ギャラクシー
  • ファーウェイ
  • 違約金負担
  • ipad
  • 販売店
  • ハイスペック
  • 動画
  • バッテリー交換
  • ビックカメラ
  • jcom
  • 寿命

格安スマホといえば中国製なのですが一部のメーカーが禁止されるかもという不安がつきまとうようになってしまいました。しかし、一度買ったものは継続して使えますので売られているものを買っても心配する必要はありません。

それは政府の都合とも言えるのですが、端末に問題があるわけではありません。基地局に使う装置に海外のメーカーの装置を使っていると何かしようと思えば色々と盗聴や操作ができてしまうということが懸念されてのことです。

それだったら、5Gなんて辞めてしまえということになりかねません。

ただ、安くてかっこよくて性能の良い他の中国製スマホはあいかわらず安くていいスマホです。

格安SIMに合うのは格安スマホ!

スマホは数年に一度買い換える消耗品ですので自分にあった最小限のコストで抑えるのがいいと思います。

格安SIMは今後も種類がどんどん増えてくると思います。

雨後の筍のように数え切れないくらい出てくるでしょう。

イメージで言えば光回線の販売代理店のようにもう分からないというくらいの数が登場してくるでしょう。

そしてそれを販売する代理店が登場して、キャッシュバックキャンペーンと言って売り出すと思います。

100社以上の選択肢は登場すると思います。

そうなる理由は、自分で基地局、アンテナなどの設備がなくてもレンタルして使えるということがわかったからです。

初期の楽天モバイルがそうであったように回線を借りて売るだけでとてもたくさん売ることができます。やすければ売れます。

通信速度は今後一気に早くなりますのでより多くの人が安く速く利用できるようになります。

2年縛りの契約も色々と問題があって変わろうとしていますので、クレジットカードを選ぶようにパソコンを選ぶように、スマホや格安SIMも自由に選べる時代が日本にも来るかもしれません。

やはり、iPhoneとAndroidということを調べている方が多いのがよくわかります。

格安スマホ、格安SIMのおすすめランキングで通信量は安いものを選べばいいのですが、スマホ本体の機種を選びたいというのが心情です。

とくにiPhoneが選べるかどうかは大きな判断基準となります。SIMフリーになってからは基本的にどこのスマホでも使用できるはずなのですが、機種によっては格安スマホ、格安SIMサービスで対応していないというものがあります。

選ぶ前に対応機種一覧を確認してください。そうはいってもiPhoneは人気の機種なので最初に対応してくれているはずだと思います。

端末もセットで買うほうがお得ですので、一緒に売られているスマホを選ぶ方が確実だと言えます。iPhoneは自分で入手することが多いと思います。新品ならばアップルストアで買うのがいいと思います。

しかし、安いことが特徴の格安SIM、格安スマホ会社ですので端末と月額利用料金を合計して最も安い組み合わせのスマホがいいか悪いかで決める方も多いと思います。

最安の組み合わせで十分に使えることが一番のいい格安SIM、格安スマホ会社といえます。

更新日 August 22, 2019, 12:43 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.