日本の暗号資産取引所はどこも送金と新規顧客受け入れを停止することになるのだろうか?次のブームはネット証券か?

日本の暗号資産取引所はどこも送金と新規顧客受け入れを停止することになるのだろうか?次のブームはネット証券か?

*個人的な見解です。

今までの金融庁の流れだと、ハッキングや問題のあった取引所は新規顧客受け入れを停止しそうです。

日本ではもう新規のビットコイントレーダーは当面デビューできないのでしょう。新しく大人になる若者もビットコイン=危険なもの!?どこでも使えないもの!?

というレッテルがはられたことになります。

GOX社の事件からハッキング事件のほとんどが日本で起きていると金額ベースでいえてしまいます。

今後、日本でビットコインが使われる見通しはいまの所なさそうです。

金融庁は規制を緩める感じはないようです。

またこれで海外のETFが悪い方のNEWSが流れたらさらに追い打ちをかけてビットコインの将来性が疑われます。

現状日本では一部の人が持っているという状況で一般的な物ではなくなってしまいました。

会社で日常会話で話ができる物ではない気がします。

なんでこんなことになったのでしょうか?日本が被害を受けている気がします。

日本のスピードが遅い!んだと思います。

情報、テクノロジー、政府などの全てが遅れて入ってくるのでしょう。

個人的に海外から情報を得ていればそういう問題はありませんが、入ってくる情報は明らかに遅いですし、一部の変化した情報であったりします。

そういうことからも日本はいいように利用されている感じもいなめません。

そして、このまま取引所が一部機能停止状態となったまま年月が過ぎていきそうな気がします。年単位で過ぎていくかもしれません。

日本ならありそうです。下手をすれば10年、20年などと経過するかもしれません。過去のGOX事件だって解決まで何年かかったことでしょうか?

そういうこともあって、初めは仮想通貨の将来性に期待していましたが現在のスタンスはあまりおすすめしないという状況になっています。

今後も値動きはあるので利益を得るチャンスはあるかもしれません。

しかし、将来性を期待して買うという考えは一度忘れて再度検討することをおすすめします。

仮想通貨は、既存投資商品にはないいいところを集めた存在として人気を集めたコインですが、どうしてもハッキングには勝てなかったようです。

これはインターネット通貨の条件としてはつらいところであります。

やはりちょっとした寄付の代替方法程度で収まっていた方がいいのかもしれません。

もちろん、キャッシュレス化の波は来るかと思われます。

しかしそれはクレジットカードも同じものでそれが代替してもいいと思います。

通貨がインフレして困った国で、第二通貨として使用されることがあるかもしれませんが、日本では関係ないと思われます。天変地異があったらやはりスマホも使えませんし、ネットも使えませんし、QRコードで決済もできません。

現物の現金が一番使えます。

こういうことを考えてお金、仕事などを再度考え直してみたいと思います。

今後はブロックチェーンの技術という観点で情報、NEWS記事を投稿していきます。

更新日 November 28, 2018, 6:34 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.