【一番安全な資産運用は?】資産運用安全ランキング!【決済アプリ+クレジットカードでポイント還元がおすすめ!】<投資アプリとキャッシュレス化でポイント投資とAI自動投資!>

【一番安全な資産運用は?】資産運用安全ランキング!【決済アプリ+クレジットカードでポイント還元がおすすめ!】<投資アプリとキャッシュレス化でポイント投資とAI自動投資!>

一番安全な資産運用は?

資産運用の安全性のランキングと期待できそうなリターンです!(個人的な見解です。)

ある程度利益を狙ってから安定的な運用資産に移行するといいかもしれません。

現代の日本において、現金預金が一番安全なのは言うまでもありません。

どれだけ節約できたか、資産を減らさないかが一番確実に資産を増やす方法です。しかし、そんなことをみんながやっていたら資本主義経済は終わってしまいます。

投資は次から次へと新しいお金が市場に入ってこないと利益が得られません。最後に損をするのでは勿体無いです。大資本が流入すると分かっているときだけ投資するという考え方も大事です。

銀行の定期預金の金利のようにただずーっと持っていれば得をするということにはなりません。いまだに投資を定期預金のように考えている方がいることも事実です。

ロボアドでもAI自動投資でも損をするときはします。世界経済が大恐慌になったらダウ連動の投資資産は全部目減りしてしまいます。

そのようなとき、どうやったら資産を安全に残しておけるか?ということを考えるのもポイントです。ゴールドを買う方が海外ではたくさんいます。日本では家のゴールドをどんどん売ってしまっています。果たしてそれでいいのでしょうか?

確実に得られるのはポイント還元です。

今、おすすめなのは決済アプリとクレジットカードのポイント還元です。

PayPay+Yahoo!カード、楽天ペイ+楽天カードなどの組み合わせで利用するとお得になるサービスです。

楽天ポイントを楽天証券でキャッシュレス資産運用できます。また、楽ラップでお任せ自動資産運用することもできます。楽天モバイルとの相性もいいと思います。

消費税還元が予定されていますのでクレジットカードと決済アプリを用意しておくといいと思います。

順位 資産運用方法 リターン
(最高10)
1 ふるさと納税 3
2 現金預金 1
3 貯蓄型保険 3
4 個人型確定拠出年金iDeCo 3
5 国民年金基金への加入や掛け金の上乗せ 4
6 クレジット(キャッシュレス)カードのポイント還元 2
7 住宅ローンの借り換え、繰上げ返済 4
8 金、銀、プラチナの現物投資 2
9 AI自動資産運用 4
10 現物株式 3
11 株式の信用取引 4
12 IPO 3
13 不動産投資 4
14 ソーシャルレンディング、クラウドファンディング 4
15 CFD取引 6
16 外国為替証拠金取引(FX) 7
17 商品先物取引 4
18 先物・オプション取引 7
19 ビットコインの現物取引 6
20 ビットコインのFX取引 9
21 アルトコインの現物取引 8
22 アルトコインのFX取引 10
23 ICO 10

*NISA、積立NISA適用口座は税金分がお得になるイメージです。

*株式の信用取引、外国為替FX、CFD、商品先物、先物、バイナリオプション、仮想通貨FXなどは日本の事業者では元本以上の損失をこうむる(入金した金額が無くなってさらにマイナスになる)おそれがあります。これは稀におこる非常に大きな価格変動が起きたときにロスカットルールが上手く働かなかったりしたような時に起こりえます。各事業者の注意事項をよく読んで取引をして下さい。

資産運用安全ランキング!

どの資産運用が一番おすすめなんだろう?増やしたいけど資産が減るのは見ていて嫌だなー。仕事に集中できなくなってしまう。
そんなときは思い切って税金の控除とポイント還元とキャッシュバックだけを狙うといいわよ。
PayPayとYahoo!カード、楽天ペイ+楽天カードみたいなキャッシュレス決済とクレジットカードをセットで使うとお得になるのよ!
ほんとに!?これで大儲けはできないけど、損することはないわけだ!消費税の還元もあるしこれから色々な会社がキャッシュバックキャンペーンを始めそうだし、買い物が楽しみだな。
ふるさと納税もおすすめよ!ふるさと納税はサラリーマンにとってご褒美みたいなものだから!欲しいものがあるか探してみてね。

第1位 ふるさと納税

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
5
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • ふるさと納税おすすめランキング
  • 安全性:最高
  • 期待可能なリターン:小
  • 説明:いわゆる『ふるさと納税』による税金がモノとして還付される方式ですが、節税という資産運用効果が確実にあります。金銭で返ってくることはありませんが、払った税金が食べ物や何かのサービスに変わるのと何もないのとでは全く違いますし気持ちが違います。人にとって嬉しいという感情は何よりも大きいものです。これが大きな動機となって、ほとんどの人が地方へ納税してしまったため上限が設定されました。少しくらい税金で楽しいことも残しておいて欲しいところです。楽天のふるさと納税もあり楽天ポイントでキャッシュレス納税することも可能です。ポイント還元もちゃんと付きます。

第2位 現金預金

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
5
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 現金預金
  • 安全性:最高
  • 期待可能なリターン:小
  • 説明:金利が安いと言っても今の所は預金が減っていくことはありません。実質インフレで目減りするかもしれませんが、仮想通貨みたいに盗まれることは少ないです。また、なんだかんだいって急にお金が必要な場合は現金預金が一番活躍します。ネット銀行は投資サービスには無くてはならない存在です。今後ますます需要が増えていくでしょう。キャッシュカードはキャッシュレスカードへと携帯を変えて、銀行でキャッシュを出金するためのカードはATMカードと呼ばれています。

第3位 貯蓄型保険

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 貯蓄型保険
  • 安全性:最高
  • 期待可能なリターン:小
  • 説明:以前からありましたが、生命保険で積立方式の設定になっていて60歳までに1000万円溜まってもらえて、かつ、生命保険もセットになっていてそれまでの間に万が一のことがあっても保険金が貰えるという一見美味しすぎる話があります。しかも保険料控除により所得税の課税額を減らすことができます。こんな美味しい話は長続きするはずもなく、保険会社が赤字になり今は掛け捨て保険が大半になっています。

第4位 個人型確定拠出年金iDeCo

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 個人型確定拠出年金iDeCo
  • 安全性:最高
  • 期待可能なリターン:小
  • 説明:毎月の限度額がありますが、節税効果と将来貰えるお金を積み立てて運用して増やしてくれるというもので定期預金を使うよりも増え方がいいのでまずはこれを使いたいですが、自由度が制限されてしまいます。半分、自動的に投資できるようにして積み立てていくという方法も「アリ」です。

第5位 国民年金基金への加入や掛け金の上乗せ

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
5
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 国民年金基金への加入や掛け金の上乗せ
  • 安全性:高
  • 期待可能なリターン:小
  • 説明:これは扶養に入っている主婦や主夫の方は出来ない可能性もありますが、ちょっと調べてみて下さい。国民年金だけでは生きていないという酷いことをいい放つ政治家が居るくらいですので自衛しないとなりません。国民年金基金への加入や掛け金を上乗せすることで受取額が結構増えると言うものです。また、節税効果がありますので扶養から抜けて多くの収入を稼いだ時には考えてみるのもいいかもしれません。厚生年金基金(厚生年金の3階部分)のように見直されていくことはないと信じています。

第6位 キャッシュレス(クレジット)カードのポイント還元

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
5
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 楽天のキャッシュレスカードのポイント還元率ランキング
  • 安全性:高
  • 期待可能なリターン:小
  • 説明:キャッシュレス(クレジットカード)のポイント還元です。たとえばキャッシュレスカードの楽天カードの会員になると年会費無料で利用できますが、スマホアプリから楽天市場で買い物したり楽天モバイルを利用するなどして、条件を組み合わせていくと得られるポイントを非常に多くすることもできます。そのポイントは楽天市場はもちろん、多くの店でも使えるようになりますのでお得です。全ての会計を楽天カードにしていたら生活費の数%をポイント還元で得することになります。スマホ決済アプリのキャッシュバックとキャッシュレス(クレジット)カードのポイント還元を利用するとさらにお得になります。他社のサービスもたくさんあり、PayPayのように20%のキャッシュバックを受け取ることも可能です。

第7位 住宅ローンの借り換え、繰上げ返済

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
5
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 住宅ローンの借り換え『最安水準の住宅ローン』
  • 安全性:中
  • 期待可能なリターン:中
  • 説明:金利、繰上げ返済額によります。低金利の住宅ローンは手数料があるので100万円以上の繰り上げ返済じゃないと効果が無いという結果が出ていましたが、住宅ローンではない借金は早く返すほうがお得です。まずはそのためにお金を貯めることが必要です。住宅ローンの借り換えも総支払い金額を安くすることができる場合があります。いずれは住宅ローンもキャッシュレス住宅ローンの時代に突入するのだと思います。今でも頭金なしの100%ローンなどがありますが、よりリスクを抑えて利用しやすくなると思います。物件の価格をシェアリングして金額を低く抑えたりして個人でも決済しやすいようにするということです。

第8位 金、銀、プラチナの現物投資

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 安全性:高~中
  • 期待可能なリターン:中
  • 説明:有名な金(ゴールド)のインゴットで資産を残すという行為。これはお金持ちだけの話ではありません。海外ではメジャーで通貨から金に変えることをするようです。また、そのような需要が急増しているので日本の買い取り屋さんが金(ゴールド)のブローカーみたいになっているのを見ればいかに需要があるかわかります。売るのではなく買う方がお得なのだという思考も大事です。CFDで金を買っても先物なので投機としてはいいですが、安定資産としての金とは異なります。原油を現物で買ったら保管できない!などなど、または外貨を現物で買ったらどうなるか??などもありますが、外貨は外貨両替で簡単に現物を売買することができます。*現在のゴールドの価格は高騰しているため今はあまり安全性が高いとは言えないそうです。しかし、どうなるかはわかりません。キャッシュレス化が進んでいって思い浮かぶのは、法定通貨の変わりになる安全な代替資産を何にすればいいかということです。

第9位 AI自動資産運用

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • 資産運用におすすめな投資アプリランキング
  • 安全性:中
  • 期待可能なリターン:中
  • 説明:ETF(上場投資信託)ですがネット証券でも買うことができます。世界中の株価指数が多く日経225やダウや国債、金、原油、海外の個別銘柄など膨大な数のETFが商品化されています。
    株価が下落したら価格が上がるというインバースのETFやレバレッジが3倍のETFなどもありますので相場の上げ下げに対応できます。これらのETFをスマホの投資アプリで数百円からおつり投資や毎月1万円程度投資するようなAI自動分散投資やロボアドバイザーといわれているサービスが登場しました。従来型の金融商品を組み合わせ投資対象をETFに絞って積立方式で投資していき自動的に保有する資産の配分を持ち替えて運用していくものです。株価が下落傾向になった場合は反対に上昇していく投資対象へ資産を配分します。ETFを自動的に最適な配分で分散して自動的に投資する方法です。各証券会社のラップ口座などもあります。ポイント投資などのようにキャッシュレス投資も可能になってくると思います。

第10位 現物株式

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • ポイント投資もできる株アプリおすすめランキング!
  • 安全性:中
  • 期待可能なリターン:中
  • 説明:本当に業績や会社を見抜ける目を持っているベテランのトレーダーは個別銘柄を現物株で長期間保有します。こういうことができるのは余裕資金のある人です。通常はネット証券があって便利でも取引単位にあたる単元株があるので少額の資金から投資することはできません。現物株式を買うのには数十万円から数百万円も必要になることもあります。株主配当や議決権や株主優待などを期待して保有する人もいます。
    現在の証券会社は上位数社が大きく口座数を伸ばしています。
    売買可能時間といくつもの制限があるためいつでもトレードするということにはなりませんが、手軽な投資という位置付けにあるのはネット証券です。ネット証券が登場する前は電話などで注文していました。楽天証券のように楽天カードと組合せてポイントをそのまま資産運用することができます。キャッシュレス資産運用です。また、dポイントやTポイントなどを使ってポイント投資できる証券会社もあります。

第11位 株式の信用取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • ネット証券おすすめランキング(信用取引)
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:中~大
  • 説明:株式も低めのレバレッジですが『信用取引』という決められた銘柄に限って空売りが可能な証拠金取引を行うことができます。レバレッジがある分だけ買い付け力が増すので戦略的に有利になります。また、現物よりも売買が自由にできることもあり信用取引をする人も多いです。株式市場はネット証券でもやはり規制と取引時間の制限はあります。

第12位 IPO

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • ネット証券おすすめランキング!(IPO)
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:中~大
  • 説明:IPOは買う権利が得られればという条件がありますが、株式上場される瞬間に市場で取引することができます。
    これはある意味、株が生まれる瞬間に立ち会うようなもので投資家の注目が集まる時です。価格は急激に上下するので何かチャンスが狙えるかもしれません。
    昔と違って買えば必ず上がるというものでもなくなってしまったようです。それでもちゃんと事業を頑張るという前提で上場されるので気にするところは事業の可能性を考えることになります。
    しかし「上場」という言葉はいまだに人々を惹きつけて止みません。「ジェイコム」、「誤発注」という伝説が生まれました。

第13位 不動産投資

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめの不動産投資会社ランキング!
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:中
  • 説明:おすすめの不動産投資に投資先の例がいくつかあります。競売で落札してリノベーションして売却する、不動産ローンを組んで土地取得からアパート建築まで全部自費で出資してアパート経営をする、事業用地を買って転売する、駐車場を経営する。これらは昔からある投資方法です。賃貸経営は広く言われているようにリスクが伴います。将来の収益シュミレーションにAIの技術を使ったAI不動産投資も登場しました。また、不動産投資のスマホアプリもあります。ただし、民泊制度の緩和やシェアリングサービスの推進、外国人労働者の受け入れ制度の法改正によってチャンスが生まれるかもしれません。また、シェアリングサービスで駐車場経営する方法もあります。困ったときにはおすすめの不動産一括査定や不動産買取業者に売却するのも1つの選択肢です。

第14位 ソーシャルレンディング、クラウドファンディング

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
5
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • ソーシャルレンディング、クラウドファンディング
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:中
  • 説明:仮想通貨が広まった時期と重なってわかりづらくなってしまっている方もいると思うのですが、いわゆる銀行ではなく個人が個人や会社にお金を融資する制度です。トレードと違い何も考えずに年5,6%の利益が見込める場合があります。定期預金よりもずっといい利率になっています。しかし、事業への投資ですので事業が上手く行かなければ投資した資金が少なくなったり消失してしまうこともあるかもしれません。資金を調達することが難しいビジネスモデルでもこのような場で出資を募っていることがあります。扱っている案件の安全度、事業が成功する可能性が調査されたソーシャルレンディングやクラウドファンディングが良いと思います。融資型のクラウドファンディングのことをソーシャルレンディングと呼んでいます。金融機関の関連会社が運営しているクラウドファンディングもあります。
    こういうところはやはり自ずと信頼度が増してきます。これらの投資は少額にして他の投資と併用していくのがいいかもしれません。不動産を担保にしている案件や元本保証制度などがある案件も会社によってあるので探してみてください。

第15位 CFD口座による商品先物、株価指数取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめのCFD口座ランキング!
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:大
  • 説明:国内外の株式、ETF、日経225、ダウ平均、債券、世界の株価指数、金、原油、小麦、大豆などあらゆるものを店頭CFD(差金決済取引)で証拠金取引することができます。利便性を高めるための取引方法として取引時間も制限が少なくほとんどの時間帯に行うことができます。これからの投資方法として注目されていくと思います。

第16位 外国為替証拠金取引【FX口座】

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • FX口座おすすめランキング!(外国為替)
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:大
  • 説明:外国為替FXです。証拠金取引のためリスクもありますがチャンスもあります。デモ口座で練習ができる取引所もありますので、十分に戦略を練った上で取引を行ってください。
    FX自動売買おすすめランキングとキャッシュバックキャンペーンのように取引量に応じてかなりの金額がキャッシュバックされるFX会社がありますので自分のスタイルによって使い分けるとお得になるかもしれません。

第17位 商品先物取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめ商品先物口座ランキング!
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:大
  • 説明:商品先物取引として有名な金、銀、原油、とうもろこし、大豆などの昔からある取引です。輸入業者やメーカー企業が物価の変動の影響を抑えるためにリスクヘッジのために取引するのに使われたりします。CXと呼ばれています。証拠金取引することができます。日本ではコメの商品先物取引が盛んだったと言えば実感しやすいと思います。対面で取引を行うこともできます。また、なかには証拠金以上の損失が出ないようなサービスもあるようです。

第18位 先物・オプション取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめの先物口座ランキング!
  • 安全性:中~低
  • 期待可能なリターン:大
  • 説明:日経225やTOPIXやその他の株価指数をいくつも先物商品として大阪取引所が取引環境を提供しています。取扱い単位が日経225が1000倍分の値段からで日経平均が2万円なら2000万円からとなります。また、これらのオプション取引もあるため非常にマージン倍率の高いトレードを行うことができます。一般的な個人でこの先物を直接買う人はあまり居ないと思います。CFDやETFで売買することでしょう。ただし、価格を牽引するので常に注目しておく必要があります。

第19位 ビットコインの現物取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめの暗号資産取引所ランキング!
  • 安全性:低
  • 期待可能なリターン:大
  • 説明:取引所一覧にあるように世界中にたくさんのビットコインの取引所があります。規制の厳しい日本でも基本的に現時点では仮想通貨の取引所には信託保全がないので会社が倒産しても守られません。既存の金融業者は個別に信託保全などの措置を取っているところもありますのでそういう所もチェックしてみて下さい。ビットコインは現状では今まで75%減ということが短い時間で起こりました。1000万円が1週間で250万円となることもあります。それを考えるとハイリスクな投資です。投資と言えないと散々言われてきました。海外の取引所は日本金融庁により規制されてしまうので、国内の取引所で取引するのがいいと思います。いくらまで下がっていくのかの見極めが難しいですので現物は始めるときがとても大変です。日本でもビットコインを預けて取引所に貸すと年率数%の利子を貰えるというサービスが開始されました。もし、1年後にビットコイン価格が上がると予想するなら預けておくと価格上昇分+数%の利益を得ることができます。一方、仮想通貨取引所は自分で保有せずにBTCを調達しようとしています。それは保有した場合にBTC価格が値下がることで会社の損益になることを避けるためでしょう。*現在は不安定な資産といえそうです。キャッシュレス経済の牽引役だったのですが、実用化ベースに向かってまだ検討の余地がありそうです。価値が本当に維持できたら法定通貨の代わりに保管できる資産になる日がくるかもしれません。*現在はおすすめできません。

第20位 ビットコインのFX取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめの暗号資産取引所ランキング(FX取引)
  • 安全性:低
  • 期待可能なリターン:極大
  • 説明:取引所一覧にあるようにFXは国内ではレバレッジ25倍というものがあります。儲かれば25倍儲かりますが、単純に25分の1の損失に耐えられずに飛んでしまいます。これではトレードのクビを締めているようなものだと言えます。また、システムがまだ弱いところも多く肝心なところでボタンが押せなくなってしまったりして、借金ができることもあります。これは間違いなくリスクが高いといえます。海外の取引所は日本金融庁により規制されてしまうので、国内の取引所でいいと思います。しかしながら日本の取引所も現在はまだ調整中といった成長期にある状態だと思います。*現在はおすすめできません。

第21位 アルトコインの現物取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめの暗号資産取引所ランキング!(アルトコイン現物)
  • 安全性:低
  • 期待可能なリターン:極大
  • 説明:取引所一覧にあるように世界では1000種類以上のアルトコインが買えます。アルトコインはビットコインの価格*?倍という感じで連動しているような感じです。BTCが下がれば下がる、上がれば上がる、、というものです。一時的に高騰してもすぐにもとに戻ります。BTCが上がってもアルトが上がらないこともあるので、結局は不利なことが多いともいえます。ただ、一瞬の爆上げは凄まじいものがあります。海外の取引所は日本金融庁により規制されてしまうので、将来有望なコインを探すのと規制がかかりにくい取引所を探すことが必要となってきそうです。*現在はおすすめできません。

第22位 アルトコインのFX取引

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • おすすめの暗号資産取引所ランキング!(アルトコインFX)
  • 安全性:低
  • 期待可能なリターン:極大
  • 説明:そんなアルトをFXでレバレッジ数十倍で取引することも出来ます。取引所一覧にある取引所で探すと見つかります。もはやゲームとしてやっている感じだと思います。儲かればいいですし、駄目なら予想通りという感じです。当たればラッキーくらいの気持ちと、ここは絶対にこう動くと確信した一発逆転に賭ける場合もあります。海外の取引所は日本金融庁により規制されてしまうので、国内の取引所で円建てのアルトコインFXトレードをするといいと思います。FXなら下落相場でも対応できるのでトレードする意味があるかもしれません。*現在はおすすめできません。

第23位 ICO

おすすめ度
(1~5:おすすめ)
初心者向けか?
(1~5:初心者向け)
投資金額
(1~5:多い)
期間
(1~5:長期)
  • ICO
  • 安全性:低
  • 期待可能なリターン:極大
  • 説明:ICOはプレセールの前に事前登録して運営している組織のサイトから買うことができます。その後、数カ月から数年後に取引所一覧にある取引所に上場されることで売買できるようになります。この時に買ったときよりも高い値段が付いて利益を上げられることを狙って買う人が多いです。もちろん真面目に事業に取り組んでいるICOチームも多いのですが、現状では買う側はどうしても、絶対に真面目にやっているチームかどうかを保証できないという状態です。住所も名前も認証されていないような状態の人に大金を投資するわけです。もちろん、大半の人は上場した瞬間に売り払うことが目的ですのでそれでもいいという人も居ます。*現在は参加しないことをおすすめします。

今熱いのはキャッシュレス決済アプリ!ポイント還元+消費税還元(予定)

PayPayが大変話題になって盛り上がりましたがこれからがキャッシュレス化の本番です。消費税がキャッシュレス決済を利用すると還元される仕組みが実施される予定です。

元からクレジットカードやキャッシュレス決済アプリには数%の還元ポイントが付いているのにさらに消費税の一部が還元されるという政策です。

これにより投資をして資産運用するよりもキャッシュレス決済を利用してポイント還元を得た方がお得になるかもしれません。

消費し過ぎても損をしてしまいますが、その分景気が良くなれば収入も増えますので結果的に得をすると言えます。

場合によっては銀行預金よりもずっと良い節約術となるかもしれません。

金融庁がおすすめするNISA!

金融庁が個人の資産運用の推進に積極的になっています。その施策の1つがNISA(ニーサ)という制度です。

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。
イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。

(「NISAとは?」金融庁HPより)

NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAという制度があります。

資産運用は安全性とリターンのバランスが大事!

リスクが少ない『安全な投資』とリスクは大きいがリターンが期待できる『投機的な投資』があります。

投資はどれも賭けみたいなものといえばそれまでですが、生きることも自分の判断で将来が変わってきます。

お金に対する価値観は人それぞれです。

もし本当に自分の資産(お金)をどうやって保管しようかと悩んだ時、

現金預金以外に安全性な資産を保管する方法にはどういうものがあるのでしょうか?

できれば増えた方がいいですね。しかし、減らないことは絶対重視です。

『投機』と『投資』どこが違うか?

短期的に利益を上げるような『投資』を『投機』と分類しています。投資は長い期間をかけて資産を運用していくというものです。

ここで探している投資は『中~長期』での運用利益を目指しているものです。

単純に考えるとリスクの高さとリターンの大きさは比例しますが、投資の内容や仕組みを知らずに始める時期を間違えるとハイリスク・ローリタンになってしまいます。

運用方法とリスクだけは調べておいた方が良いと思います。

少額の資産運用は安全性を犠牲にする必要があるか?

資産運用と節約は表裏一体の関係にあります。特に少額の資産運用を考えている時には少しの節約でもとても有意義な場合があります。

たとえば、10万円から100万円まで増やそうとしたときに毎月1万円ずつ節約する方法を見つければリスクがほぼ0で資産を10倍に増やすことができます。

100万円を1000万円にすることは節約でも株式投資でも相当難しいことですが10万円という比較的小さい金額から増やそうと考えることで確実に増やすことができます。

貯金をすることは資産を増やしたいという気持ちにさせる最も簡単な方法です。

資産運用のリスクは?暗号資産への投資はリスクが高い!

リスクを考えると資産の運用先としては到底考えられません。

収入のほとんどを現金貯金をせずに大部分を仮想通貨を買って投資していると言っている人の意見は真に受けない方が良いと思います。何か思惑があるかもしれません。

暗号資産運用が資産運用と入れ替わるかと思われましたが。

  • ETF
  • 現物株式
  • 株式の信用取引
  • IPO
  • 不動産投資
  • ソーシャルレンディング、投資型クラウドファンディング
  • 外国為替証拠金取引(FX)
  • CFD
  • 先物取引

過去にビットコイン、仮想通貨は通貨としての利用用途はあまりありませんが、投機的投資先として爆発的な魅力を持っているということが証明されました。

それとともに投資先としてはリスクが高く不安定で、ハッキングやサイバー攻撃による被害が出ています。さらにはICOにおける詐欺事案がいくつも発生したりといまだに用途を模索中という状態です。

もしかすると、将来的には上のような既存の金融商品がビットコインと入れ替わってしまう可能性があるかもしれません。世界中の政府もそれを警戒していることだと思います。

現状では日本では取引所が業務改善命令を受けたり非常に厳しいライセンス制と税制により、よほどビットコインなどが高騰し続けない限りは初心者はトレードをするメリットも無いという状態だと思います。

おそらくですが、個人的な考えですがアメリカのCMEやCboeで先物として取引されているので、日本でCFD取引が盛り上がるとともに日本のCFD口座でビットコイン先物CFDをトレードするのが安全で便利だと思ったりもしています。どうなることかはわかりません。ただ、現物の仮想通貨を触らせないということは一番のセキュリティ対策になると思います。ハッキングの心配もありません。

しかし、現物トレードがあるから先物市場が参照することができるのでちゃんとしたビットコイン現物のトレードができないと駄目だと思います。法定通貨のように国が定めた所(銀行)だけが扱うようになると、国際送金の時だけ利用される通貨となり、それを一般人が先物CFDとして扱うということなるという未来が見えなくもありません。その場合今のビットコインには少し荷が重い気がします。

現状ではCFTC配下で先物として金(ゴールド)のような扱いをされています。これで十分いいと思うのですが、ほんとに実用性を考えるとハッキングされたら盗まれたコインはBANして、利用者には新規発行して補償する。送金手数料は無料である!これくらいのものが出てこないと厳しいかなと思っています。

ただ1つ言えることは、トレード未経験の人達がビットコインのリスクを正常に評価せずに無謀な買い方をしていたことが大きなダメージを引き起こした原因となっていたと思います。大部分の人は投資熱が冷めてしまったと思います。

冷静に仮想通貨の安全度とリターンの可能性を考えてみようと思いランキングにしてみました。

ビットコインとは通貨革命ではなく金融商品の革命だったといえるのかもしれません。

暗号資産としてこれからも資産の1つのカテゴリとして存続するのではないかと思います。

これからは銀行や決済サービスを提供する会社がコインを発行する時代になるかも?

資産運用とは違う形でスマホアプリやフィンテックの技術が活用されポイントカードのポイントのように各社の「コイン」という仕組みが登場するかもしれません。

それをバラバラになってしまうと困るので一元管理するためにMUFGのように「coin」という名称でリリースするのか、やはりMUFGというブランドを全面に押し出すのかという話があるようです。

コインも硬貨という意味で同じマネー(お金)の1つなのですが、なんとなくデジタルなイメージが日本語にはありますのでちょうどいいかと思います。トークンと言われるとなにかクーポンと混同されがちです。

「このトークンを使えば2割引き」というキャンペーンがあってもおかしくないのでそれもいいかもしれません。しかし、増えすぎると管理が大問題です。

その日本の中だけで増えすぎたコインを交換する場所として暗号資産取引所が機能すると便利でいいと思います。自社ポイントを展開している最大級の企業ですが楽天ウォレットなどはそういうことも考えているのかもしれません。

日本には資産運用、投資よりもポイント還元、キャッシュバックが合っている!?

日本で投資や資産運用が根付かないという意見がよく言われますが、それはアメリカとは異なる文化がありますので当然かと思います。

日本は節約術というのが一番大きく、税金も減税措置や還付ということに注意が払われています。

基本的にそういう感じなので、今なら20%キャッシュバックしますよ!と言われたほうが、利益が出るかどうかわからない投資よりも必ず節約できるキャッシュバックを選ぶでしょう。

資産運用に関するニュース

本サイトの資産運用に関する記事

マンション、土地、家、不動産を売るなら不動産売却査定サイトで!

おすすめの不動産売却サイトの口コミ、評判や特徴などをまとめています。中古マンションの売却相場を見たり匿名査定ができるサイトもあります。

また、以下ではランキング形式でおすすめの不動産査定サイトをタイプごとに探せるようにまとめています。

No.1 いえカツLIFE(いえかつライフ)

いえカツLIFE

不動産買取査定、売却査定、リースバックでいくらになるか査定してもらうことができます。比較してご自身に合ったのものを選択することができます。

No.2 すまいValue

すまいValue

不動産一括査定サイトですが対応してくれる会社が取引量が多い大手6社の不動産会社だけとなっています。大手に売却を頼みたい方におすすめです。

No.3 イエタン(ietan)

イエタン(ietan)

大成建設グループの大成有楽不動産販売株式会社の不動産売却査定サイトです。大手の強みを活かした販売網と各種保証サービスが充実しています。

No.4 リビンマッチ

リビンマッチ

登録されている不動産業者の数は1,400社以上で、利用者が440万人(2017年)という不動産一括査定サイトです。全国を網羅していますので地方郊外の物件を売却したい方にもおすすめです。

No.5 ノムコム

ノムコム

野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産売却査定サイトです。2017年にオリコン日本顧客満足度調査 『不動産仲介(売却)戸建』において第一位(64社中)となりました。

No.6 イエイ

イエイ

セカイエ株式会社が10年以上運営する日本最大規模の不動産売却サイトです。トラブルのあった業者は紹介先として契約しないようにしているそうです。紹介先の業者は1000社を超えていて、利用者数も400万人を超えています。

No.7 イエウール

イエウール

株式会社Speeeが運営する不動産売却一括査定サービで登録されている不動産会社は1,800社以上で日本最大級の不動産一括査定サイトです。

No.8 HowMaスマート不動産売却

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却

東京都の一部地域限定ですが、不動産会社と電話のやりとりをせずにチャットやWebでコミュニケーションを取りながら進めることができます。電話が苦手な方におすすめです。

キャッシュレスにおすすめのカードは?

ポイント還元率が最高になるキャッシュレスを選ぶか、普段遣いの利便性のキャッシュレスを選ぶか?両方を使い分けて小さい金額ではスイカを使い、大きな金額ではキャッシュレスアプリとクレジットカードを使い、通販では楽天カードとキャンペーンを使って最大限効率化してお得な買い物をおこなってください。

No.1 楽天カード

『楽天カード』

人気No.1のクレジットカードといわれるくらいに人気のある楽天カードですが楽天ペイと併せて利用することによりキャッシュバックの還元率が最大になります。楽天市場でお買い物をする方はもちろんのこと、日常生活でも便利な年会費無料のクレジットカードです。

No.2 イオンSuicaカード

『イオンSuicaカード』

イオン系列の小型店舗「まいばすけっと」を利用している方にはWAONのポイントカードとスイカ(Suica)が利用できるのでおすすめです。

No.3 セゾンビジネスカード

『セゾンビジネスカード』

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがサービスを提供する法人向けクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で個人事業主も利用できる人気No.1のビジネスカードです。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ、格安SIMは?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

更新日 June 15, 2019, 8:00 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money
Tags: AI 不動産投資apple payfx 自動売買 おすすめLINEペイPayPayおすすめキャッシュレスキャッシュレス aiキャッシュレス amazonキャッシュレス apiキャッシュレス apple payキャッシュレス atmキャッシュレス auキャッシュレス おすすめキャッシュレス アイコンキャッシュレス アジアキャッシュレス アフィリエイトキャッシュレス アプリキャッシュレス アプリ キャンペーンキャッシュレス アプリ プリンキャッシュレス アプリ ランキングキャッシュレス アメックスキャッシュレス アメリカキャッシュレス アリペイキャッシュレス アンケートキャッシュレス ポイント還元キャッシュレス メリットキャッシュレス 安全性キャッシュレス 後払いキャッシュレス 投資キャッシュレス 政府キャッシュレス 日本キャッシュレス 英語キャッシュレス 財布キャッシュレス 資産運用キャッシュレス 還元キャッシュレス 銘柄キャッシュレスとはキャッシュレスビジョンキャッシュレスポイント投資 おすすめキャッシュレス不動産投資キャッシュレス化キャッシュレス推進協議会キャッシュレス決済キャッシュレス決済 おすすめキャッシュレス決済 比較キャッシュレス決済 種類キャッシュレス決済比率キャッシュレス社会ポイント投資 おすすめポイント投資アプリポイント投資アプリおすすめポイント投資アプリランキングランキング不動産投資 おすすめ不動産査定 おすすめ安全で安心な資産へ!管理・整備されていく!株 初心者 おすすめ株 口座楽天ペイ資産運用資産運用 1000万資産運用 ai資産運用 amazon資産運用 cm資産運用 cm 九九資産運用 dc資産運用 etf資産運用 expo資産運用 fintech資産運用 folio資産運用 fp資産運用 fx資産運用 ideco資産運用 ideco nisa資産運用 js資産運用 いくら資産運用 いくらから資産運用 いつから資産運用 おすすめ資産運用 どうしてる資産運用 どこに相談資産運用 どれくらい資産運用 はじめて資産運用 アクサ資産運用 アセットアロケーション資産運用 アドバイザー資産運用 アドバイス資産運用 アパート資産運用 アフィリエイト資産運用 アプリ資産運用 アプリ cm資産運用 アプリ おすすめ資産運用 アメリカ資産運用 アルバイト資産運用 アルファ ベータ資産運用 アンケート資産運用 イオン銀行資産運用 イデコ資産運用 イベント資産運用 イメージ資産運用 イラスト資産運用 インターン資産運用 インデックス資産運用 エクセル資産運用 エクセル テンプレート資産運用 ギャンブル資産運用 ゲーム資産運用 ゲーム アプリ資産運用 シミュレーション資産運用 セミナー資産運用 チャート資産運用 デイトレード資産運用 デメリット資産運用 ドル資産運用 ドルコスト平均法資産運用 ドル建て資産運用 ハイリターン資産運用 バイト資産運用 バランス資産運用 ビジネス資産運用 ビッグサイト資産運用 ビットコイン資産運用 ファンド資産運用 フィンテック資産運用 フェア資産運用 ブログ資産運用 ブログ おすすめ資産運用 ブログ ランキング資産運用 ブログ 人気資産運用 ブログ 女性資産運用 ベンチャー資産運用 ボードゲーム資産運用 ポイント還元資産運用 ランキング資産運用 一万円から資産運用 一億資産運用 一千万資産運用 一覧資産運用 上級者資産運用 不労所得資産運用 不動産資産運用 不動産投資資産運用 不要資産運用 中国語資産運用 中期資産運用 人口資産運用 人工知能資産運用 代理資産運用 代行資産運用 住宅ローン資産運用 保険資産運用 保険商品資産運用 元本保証資産運用 元本保証 保険資産運用 元本割れ資産運用 分散資産運用 分散投資資産運用 初めて資産運用 初心者 おすすめ資産運用 副業資産運用 副業 違い資産運用 勉強資産運用 勉強 アプリ資産運用 勉強 本資産運用 勉強会資産運用 動画資産運用 医師資産運用 営業資産運用 営業 電話資産運用 営業トーク資産運用 外国債券資産運用 外貨資産運用 外貨保険資産運用 外貨預金資産運用 外資資産運用 大学生資産運用 夫婦資産運用 女性 おすすめ資産運用 女性 セミナー資産運用 始める資産運用 始め方資産運用 委託資産運用 学校資産運用 学生資産運用 安全資産運用 安全性資産運用 安定資産運用 実績資産運用 実際資産運用 富裕層資産運用 常陽銀行資産運用 必要ない資産運用 必要性資産運用 怪しい資産運用 情報資産運用 情報サイト資産運用 情報収集資産運用 意味資産運用 意識調査資産運用 方法資産運用 時間資産運用 時間分散資産運用 本資産運用 株資産運用 業界資産運用 楽天カード資産運用 比率資産運用 比較資産運用 決済アプリ資産運用 法人資産運用 注意資産運用 注意点資産運用 独学資産運用 独立資産運用 独身資産運用 現金資産運用 画像資産運用 相談資産運用 知恵袋資産運用 知識資産運用 福岡資産運用 種類資産運用 第一生命資産運用 米ドル資産運用 米国債資産運用 米国株資産運用 自分でやる資産運用 自動資産運用 自動化資産運用 自社株資産運用 芸能人資産運用 英訳資産運用 英語資産運用 英語 略資産運用 著名人資産運用 複利資産運用 複利 商品資産運用 複利計算資産運用 複数資産運用 誰に相談資産運用 調査資産運用 貯蓄資産運用 貯蓄 割合資産運用 貯金資産運用 貯金 いくら資産運用 賃貸資産運用 選び方資産運用 配分資産運用 重要性資産運用 銀行資産運用 銀行 ランキング資産運用 銀行員資産運用 長期資産運用 長期インターン資産運用 長期投資資産運用 電話勧誘資産運用 駐車場資産運用 高金利資産運用expo資産運用とは資産運用会社資産運用会社 ランキング資産運用安全ランキング資産運用業界

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.