富士通(Fujitsu Central Europe)がIOTAをサプライチェーンに応用すると発表!?ネット証券で株価チェックか?

富士通(Fujitsu Central Europe)がIOTAをサプライチェーンに応用すると発表!?ネット証券で株価チェックか?

日本では国の仕事を多く請け負っていることでも有名な富士通株式会社ですがついに日本のIT業界にもクリプトカレンシーが導入されるのか?

「富士通、IOTAを新たな標準プロトコルに採用」

コインテレグラフより)

と否応無しに期待が高まってしまいます。

IOTAは25日の提携発表後、13%上昇したそうです。

よく製造業でテストデータ改ざん問題が大きくニュースで取り沙汰されていますが、そういったデータ改ざんをできないようにブロックチェーンの技術を応用しようということらしいです。

展示会のブースに出店したようです。

資料は、

https://sp.ts.fujitsu.com/dmsp/Publications/public/flyer-proof-of-concenpt-industrie40-audittrail.pdf」のようです。

展示会での説明の様子の動画もありました。以下のものです。

https://youtu.be/J-mrQdqVg2I

しかし、

Fujitsu Central Europeはドイツ、スイス、オーストリアに展開する富士通グループの1部門です。

どちらかというと、日本とはあまり関係ないというか、なんというのでしょうか、日本の富士通株式会社ではなく、ヨーロッパの一部の地域で営業してる富士通グループが展示会で発表したというものです。

実験的な試みを始めようというものだと思います。日本に来るという訳ではありません。日本のプレスリリースではありません。

富士通公式HPで「IOTA」で検索すると1つだけコンテンツがありました。

「スイスでのブロックチェーンの様子についての記事でした。そこでクリプトの1つとして名前が上がっていました。」

http://journal.jp.fujitsu.com/2017/12/01/01/

イメージ的には「世界の車窓から」と同じ感じと考えればいいでしょうか。。。

見方が難しかったかもしれません。

海外の記事が日本語に翻訳されると日本企業の海外グループ会社が何かをしたというニュースが日本の本社のプレスリリースがあったみたいに見えてしまいます。

コインテレグラフの日本の記事が28日付なので、「これを見てIOTA買いだ!」といって買った日本の人は少ないかもしれません。

日本ではIOTAは買えません。

サプライチェーン・マネジメントのITシステムにIOTAのブロックチェーンテクノロジーが使われてもIOTAが足りなくなるわけではないと思います。

注目の企業をネット証券で探す!

ネット証券で口座を持っていると普段興味がなかった自分の会社以外の会社のニュースが気になるようになります。

いいことがあれば株を買おうと思いますし、悪いことがあれば株を空売りしようと考えます。

それを見るために新聞を読んでいるように思うこともあります。

この企業がどうこうということはありませんが、他に気になった企業があればと探してみたいものです。

更新日 November 12, 2018, 9:20 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.