利益の数字のマジック??増えるときより減るときの方が早い。一回の利益よりコツコツ減る方が痛い!?

利益の数字のマジック??増えるときより減るときの方が早い。一回の利益よりコツコツ減る方が痛い!?

よく手数料程度のコツコツとしたマイナスが続いただけで資産が半分以下になっていたということは多い。

これは3%の損をした場合に仮に10倍のレバだと30%損をすることになる。

すると、資産は0.7がけしたものに減ってしまう。

さらに続けて3%の損をレバ10倍でしてみよう。

すると、さらに0.7がけしたものへと減ってしまう。

これにより、

資産は0.7*0.7で=0.49と51%の損をしたことになる。

じゃあ、どうすれば取り返せるか???

というと、ここが数字のマジックだったと気が付く時である。

約50%と考えて元の資産にするには2倍にしなければならない。

すると100%の利益を得なければいけないのである。

50%の損をしたら100%の利益を得ないと元には戻らないのである。

これはおかしい!?

数字のマジックだといえる。

つまり、コツコツ負けて大きく勝てばいいかというと、それはなく、負けてはいけないのである。

利益率(%)で考えて7:3で勝ってちょうど維持するというイメージであろうか。。

70%の利益を出すのと30%の損を出すのが同じようなことだと言えるのかもしれない。

つまり、日々多少損するようなロジックでトレードして勝ためには7:3でトントンなので、9:1になるくらいの利益(%)を勝たなければならない。

となると負けた%の10倍の%を勝たなければならないということになる。

これって、もうほとんど博打の世界だと思う。

普通に考えれば同じレバ、数量でいけば10倍も勝つというのはよほど相場が意図的に動いたときに乗れたときしかない。

20%くらいの特大の上げ下げがなければ勝てないというイメージかもしれない。つまりそんな意図的な相場がなければ不可能に近いということになる。

これによって今これからの相場では難しいことが分かる。

そして日々負けないトレードというのはトレードしないことに限る。

それはつまりノーポジかガチホということになる。ならば、何もするなということが言えるのかも知れない。。。

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。