初心者がビットコイン投資で気をつけること-損をしないために。

ビットコインは投資というより、投機に近いです。いや、もとから株や為替は投資で競馬は投機だというのは意味がありません。

それが分からない場合はビットコイン含めてやるべきではありません。しかし、株は嫌でもビットコインはいいという人は大勢居ると思います。これが重大なことです。

しかし、最後は円にかえるので円も大事ですが、もしビットコインで買い物ができるようになったら、1ジュース=0.00001BTCという場合に、一晩で20%もレートが変わったら使うことができません。

いずれ、使われるようになったら儲かる投資にはならないで資産として安定するでしょう。それまでのお遊びです。

ただ、その後もアルトコインというお遊びが続くでしょう。株式でもベンチャー株などがもてはやされるのと同じです。

仕事か、趣味か?そんな区別無駄なことだ。政府が税金をとるために決めたことだと割り切りましょう。年金もじきにビットコインで運用するようになるはずです。

初心者が気をつけること

一番大事なことは、アルトコインを買うようになったときに感覚がおかしくなることです。

寝る前には、必ず、円やUSDTに替えて寝ましょう。。

必ず上がるという時、つまり、上昇中のときは適当に指値で売りをしておくのもいいですし、早起きするとか、まあ、寝る前に売ったほうが懸命です。

  • 儲けられなかった!!
  • 損をした!!!!!

どっちが嫌ですか?

圧倒的に、後者ですね。

なのに日本の感覚はおかしくて麻痺させられています。

寝る前には必ず、

  • 円、USDTに戻すこと。
  • 戻さない場合は、上昇相場だという事実がある場合のみ。

アルトコインもビットコインも同じ相場で動く

全てのコインがBTCに換算したあとに円やUSDに換算されています。差分があれば差額をトレードでもうけることができるので、結局、そうなります。

これが大事です。

ビットコインが大暴落してるのに、イーサリアムを握りしめて、私は大丈夫!って思っている人が結構いたりします。

私も過去の自分を叱ってやりたいですが、仮想通貨トレードではこれがほんとに多いです。はじめてだらけでネットにも情報が無いからです。

取引所の偉い人が「ビットコインはハードウェアウォレットに入れておいてください。」と言う。。。

どういう意図かわかりませんが、盗難防止でしょうか?大暴落を事前に警告していた??

もう、日本の取引所でさえそういうことを言っています。

つまり、盗難にあったらおしまいということです。それは現金でも一緒です。盗まれた事例も多くあります。

また、取引所の倒産もあります。

仮想通貨の禁止もありえます。

もし、ビットコインだけしかトレードする気がないなら日本のビットフライヤーコインチェックなどの取引所がいいと思います。SBIもサービスを開始するそうです。

手数料もビットコインの場合、海外の取引所より安い場合もあります。

仮想通貨の取引は、慣れてきても、失敗、判断ミスがたえないもの!

「ある日の失敗からのリカバリー」

  • 中国閉鎖ショックにより日々下がる相場であった。
  • 寝る前にUSDTに全てを替えようと思っていた。
  • 23時頃、BTCのチャートが水平になって動かなくなった。
  • こういう水平チャートの場合、8割型、下落するという統計がある。
  • 下落前にBTCからUSDTへ替えた。
  • 23時20分、予想通りBTCが下がりだした。
  • 3分間下がった後、少しだけ下げ止まった。
  • BitFinexのチャートをみていたので、オーダーボード(売買板)を見ていたら、大きい売り注文が除去されたのを見た。
  • DASHが24時間でかなり上がっているぞ。
  • これはBTCにつられて上がると思い、USDTからDASHを全額で買った。
  • ところが、BTC、DASHともに下がった。さらに下がっていく。
  • 大きく下がっていく。
  • やばい、どうしよう。。USDTに戻すのか?戻して上がったらどうしよう。手数料は往復で0.5%かかる。どうしよう。。
  • 少し、他に気になることがあった。PCに張り付いていられない。
  • 売った後、寝ている間に上がるかも???
  • 頭が情報過多になり、疲れもあって眠くなって、もういいや、寝ようと思いねる。
  • 早朝、3、4、5時には起きて見ている。下がり続ける。だが、眠いので判断はできない。
  • どうしよう。寝よう。
  • 朝、6時、相当落ちている。しかし、集中できない。疲れが残りすぎる。
  • 8時過ぎ、決定的に落ちている。
  • あ、そうだ。中国のOKCoin取引所に価格が連動しているのか?と思い、見る。
  • やはりそうだった。まだ、9月中は閉鎖まで時間があり、ひっぱられる。そして、海外の取引はまだこれからも続く。USD取引は続くわけだ。だから、大暴落もしないで、取引が盛んだった。結局、これからもOKCoinのFXを見ているしか無い。もう1つの中国の最大手の方も見てもいいくらい。
  • ならば、下がり続けるのは当たり前。一昨日は、24時ごろから上昇しているのに。。。
  • 一日を通してみれば、下落していて、取引所閉鎖が大きく影響している。
  • そして、BTCのチャートを眺めていると、朝、8時すぎが底でそれから上がるのが毎日のパターンだった。
  • ならば、もうこのまま、保持している方がいいか。とやっと判断できた。
  • 9時前から上がりだした。BTC、DASHともに。
  • とりあえず、DASHは買値に戻って、売り、BTCに替えた。まだ、BTCは回復していない。昼の12時か、17時すぎにピークがくるのでそこで売ることにした。そうとは限らない。
  • BTCは、昨日の値段までは上がらない。
  • 今日の昼間にアルトで稼いでおかないと、損益がマイナスになる。
  • 今日は、夕方までは上がり傾向のはずだから、ダッシュが下がったら再び、買っておこうと決める。

と、また失敗したわけですが、リカバリー方法を習得しているのでまだよかったのですが、下手をすると、12時間で10%も資産を減らしているところでした。

というか、なぜ、23時すぎに全量をいきなり買ったのかがいまだに謎です。自分でもそういう行動を取った理由が不明のままです。

まあ、オーダーボードの大量売り注文が消えて、絶対上がると確信したのでしょう。。。中国市場が牽引しているのを忘れて。。

あらゆるアルトコインはビットコインの価格に連動していますので、ビットコイン相場を知らなくして、アルトコイン取引はできません!

少しだけですが、気づいたことなど、ノウハウ

  • ビットコインがいつ高値をつけて、安値をつけるかは偶発的。
    基本、安値で買って高値で売って円やUSDTなどにする。今は中国市場の価格に連動している。
    普通の日でも、一日に2.5%くらいの値幅がある。
  • アラート仕掛けても操作できないときは辛いだけ。トイレへ行って売ればいいだろう。張りついていられないときはBTCのみの保有に留める。
  • PC張り付きできるなら、昼間のあいだにアルトの売買。アルトを運用するのは資産の50%まで。アルトを選ぶ基準は、上げる力が働いているもの。オーダーボードに大量の買い注文を見せて上げてくるものがいい。
  • 今日はダッシュコインがそれにあたる。あとは、急激な上げさせているチャートが直近にあればいい。
  • いつうる?本来なら山ひとつ超えたので下がるが、今回は大量の買い注文が上げているから、また一山上がる。さらに、2つの大きな買い注文がせり上げてきている。これなら、もう一山上がると思われる。
  • 一山3%超え、無難に2.5%上昇した値段に売り注文をセットして、他のことをする。ほんとうは見ている方がいい。2.3%上昇で売るようにした方がいいかもしれない。
  • ダッシュで利益をと思ったが、1.3%の利益のために、危険をおかしてまですることじゃない。一山上がったら下がるのが定番。
  • やはり、しばらくしたら、相場を支えていた大量の買い注文が消えて一気に下がり始めると思ったので、全部のダッシュコインを売却。
  • ビットコインは普通でも、一日に2.5%動く。動くときは、10%下がるときもある。反発でたまに短時間で10%一気に上るときもある。
  • これじゃ、アルトでいくら儲けようが関係ない。結局、アルト取引もビットコイン取引をしているにすぎない。
  • こんな当たり前で単純なことに気がつくまでに1ヶ月。ほぼ毎日考えて調べていてもかかった。
  • これであとは、BTCが高いときに円やUSDTへ替えれば終了。
  • そうなると、アルトなんて取引できない。ビットコインだけでいい!となる。
  • すると、日本取引所でいいやと思う。
  • すると、FX取引ができて手数料が当面は無料のビットフライヤーでレバレッジかけて取引が一番いいということになる。現物でもいい。
  • アルトやるなら、仕手コインで一気に20%くらい上昇、下降を繰り返すものを3から5割程度使って、張り付いているときだけトレードして、利益を増やす程度。あとのトレードは無意味で損失を生むだけだ。
  • 結局、通貨自体の情報は何もいらない。ビットコインの重要なことだけしっていればいい。
  • 余計なことはするな。。

キャッシュレスにおすすめのカードは?

ポイント還元率が最高になるキャッシュレスを選ぶか、普段遣いの利便性のキャッシュレスを選ぶか?両方を使い分けて小さい金額ではスイカを使い、大きな金額ではキャッシュレスアプリとクレジットカードを使い、通販では楽天カードとキャンペーンを使って最大限効率化してお得な買い物をおこなってください。

No.1 楽天カード

『楽天カード』

人気No.1のクレジットカードといわれるくらいに人気のある楽天カードですが楽天ペイと併せて利用することによりキャッシュバックの還元率が最大になります。楽天市場でお買い物をする方はもちろんのこと、日常生活でも便利な年会費無料のクレジットカードです。

No.2 イオンSuicaカード

『イオンSuicaカード』

イオン系列の小型店舗「まいばすけっと」を利用している方にはWAONのポイントカードとスイカ(Suica)が利用できるのでおすすめです。

No.3 セゾンビジネスカード

『セゾンビジネスカード』

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがサービスを提供する法人向けクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で個人事業主も利用できる人気No.1のビジネスカードです。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ(格安SIM)は?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

No.2 LINEモバイル(ラインモバイル)

『LINEモバイル(ラインモバイル)』

LINEの普及はスマホを持っているのにLINEを使っていないのは勿体無いということで驚くほどの勢いで普及しました。

データ通信を使って無料通話という新しい技術を日本に根付かせたLINEが提供する格安スマホサービスです。

送ったメッセージが消せない、若年層が犯罪に巻き込まれるケースなど問題もありますが、LINEのメッセージのやりとりを超える利便性は今のところ他のアプリにはありません。

LINEで使う通信量を優遇する通信料金になっています。

更新日 June 12, 2019, 10:20 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.