*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

【住み替えたい!】全国の街や住まい環境は?

住まいを探すためには一般的には全国の住みたい地域の不動産屋さんに相談します。

しかし、住まいのことで困った事を相談する場合は都道府県の役所に行くことになります。

全国の住まいの相談窓口の情報は都道府県庁のHPの「住宅」というカテゴリにあります。

助けになる情報が得られるかもしれません。また、本当に困ったときにはこのような公的な機関に相談することが権利として認められているので活用してください。

知らない人が助けてけてくれると近づいてきても、困った人から搾取するような場合もありもっと辛い環境におちいることもあります。

相談するときは公的機関と自分が調べた信頼できる人(弁護士、ソーシャルワーカー、他)や組織に相談してください。

弁護士に相談するのも法テラス(日本司法支援センター 国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」)では無料で行うことができるようになっています。

もちろん、親戚に相談するのは一番最初に行うことです。

  • 北海道(ほっかいどう)
  • 青森県(あおもり)
  • 岩手県(いわて)
  • 宮城県(みやぎ)
  • 秋田県(あきた)
  • 山形県(やまがた)
  • 福島県(ふくしま)
  • 茨城県(いばらき)
  • 栃木県(とちぎ)
  • 群馬県(ぐんま)
  • 埼玉県(さいたま)
  • 千葉県(ちば)
  • 東京都(とうきょう)
  • 神奈川県(かながわ)
  • 新潟県(にいがた)
  • 富山県(とやま)
  • 石川県(いしかわ)
  • 福井県(ふくい)
  • 山梨県(やまなし)
  • 長野県(ながの)
  • 岐阜県(ぎふ)
  • 静岡県(しずおか)
  • 愛知県(あいち)
  • 三重県(みえ)
  • 滋賀県(しが)
  • 京都府(きょうと)
  • 大阪府(おおさか)
  • 兵庫県(ひょうご)
  • 奈良県(なら)
  • 和歌山県(わかやま)
  • 鳥取県(とっとり)
  • 島根県(しまね)
  • 岡山県(おかやま)
  • 広島県(ひろしま)
  • 山口県(やまぐち)
  • 徳島県(とくしま)
  • 香川県(かがわ)
  • 愛媛県(えひめ)
  • 高知県(こうち)
  • 福岡県(ふくおか)
  • 佐賀県(さが)
  • 長崎県(ながさき)
  • 熊本県(くまもと)
  • 大分県(おおいた)
  • 宮崎県(みやざき)
  • 鹿児島県(かごしま)
  • 沖縄県(おきなわ)

(総務省統計局HPより)

高齢化が進む日本ですが、海外から来る人や都市部の人口集中により住宅は人気が集中している所も多いです。

昔よりも人口が減っていっても都市部により多く人が集中すれば土地の価格はあまり下がらないかもしれません。

また、高齢者になると病院やサポートや移動の手段のことを考えると都市部へ住んだほうが都合がいいといえます。

そう考えると少子高齢化でも場所によっては地価の下落は気にならないように思えます。

全国のマンション、土地、家を売る時におすすめの不動産会社、不動産屋さんは?

日本全国を対象としている不動産査定サイトは限られています。不動産会社は地域密着型の仕事といえます。

全国に営業店を持っている不動産屋さんでも営業店ごとに地域のお客さんとの関係がとても大切になってきます。

家を買いに来たり、賃貸アパートを借りる場合は一度だけの取引となるかもしれませんが、賃貸住宅、駐車場などの物件のオーナーのお客さんとの関係はずっと続きます。

やはり不動産屋産は地域密着型ということに変わりはないようです。

査定サイトではネットなので全国から見ることができますが、ご自身の所有する物件の地域が対象地域になっているかを確認してから検討してください。

日本全国、どんな物件でも対応してくれる不動産会社もありますので査定サイトを使ってじっくり探してみてください。

他のマンション、土地、家の売却査定サイトを探す!

家や土地を売るときに役立つ約40サイトの不動産査定サイトの一覧を見ることができます。

  • 『おすすめのマンション、土地、家、不動産の売却査定サイト!』はこちらから!

全国の不動産概要について

日本は土地が高いと言われていたことがあります。不動産バブルのときのことです。

今ではだいぶ値下がりましたが、都市部の人気の地域の不動産は再び上昇しています。

日本の人口は127,094,745人(2016年 10月1日時点)で人口は減少しています。(総務省統計局HPより)

人口密度は世界11位で335人/キロ平方メートルとなっています。

これは全国で地域によって大きな差があります。都市部では非常に密集している状態です。

中古住宅の流通実績は?

日本全国の1年間の既存住宅の流通量はおよそ65万件程となっています。

これが多いか少ないかと見るかは難しいところですが、オリンピックの開催時期に向けての数年では増えています。

中古マンションなどの中古住宅の流通は海外の流通量の多い国に比べれば日本の場合はとてもゆっくりとした流れで流動性は低いと思います。

一箇所に住み続けることがいいとされている風潮がありそういったことも理由の1つかもしれません。

日本全国で住み替えたい場合は?

住み替えたいときに売りたい不動産を売れなかったときに買い取ってもらえるようなサービスを利用する場合は、そういったサービスがさる大手不動産会社を利用するのがいいと思います。

また、大手不動産会社では全国にネットワークがありますので住み替え先の新しい住居を見つけるのも容易になるかもしれません。

賢く使って理想の場所に住みたいものです。

日本全国の不動産の口コミ、評判は?

日本全国の不動産について関心の高いことを調べました。

  • 日本 不動産 価格 推移
  • 日本 不動産 今後
  • 日本 不動産 価格
  • 日本 不動産 市場規模
  • 日本 不動産 ランキング
  • 不動産 バブル 崩壊 日本
  • 日本 郵政 不動産 売却
  • 日本 不動産 市場
  • 日本 不動産 会社
  • 日本 不動産 バブル 崩壊
  • 日本 不動産 税金
  • 日本 郵政 不動産 会社 設立
  • 日本 不動産 安い
  • 日本 不動産 市況
  • 日本 不動産 推移
  • 日本 不動産 将来
  • 日本 不動産 大手
  • 日本 不動産 マーケット
  • 日本 不動産 会社 ランキング
  • 日本 不動産 時価総額
  • 日本 破綻 不動産
  • 日本 郵政 保有 不動産
  • 日本 不動産 ファンド
  • 日本 不動産 未来
  • 日本 不動産 課題
  • 日本 不動産 固定資産税
  • 日本 不動産 高騰
  • 日本 不動産 購入
  • 日本 不動産 景気
  • 日本 不動産 数
  • 日本 不動産 海外投資家
  • 日本 不動産 インフレ
  • 日本 不動産 インデックス
  • 富裕層 不動産 日本
  • 外資 日本 不動産
  • 日本 不動産 減価償却
  • 日本 不動産 外国人投資家
  • 日本 不動産 GDP
  • 日本 不動産 下落
  • 日本 不動産 etf
  • 日本 デフレ 不動産
  • 日本 不動産 高すぎる

調べる時期が悪かったかもしれません。

「今後」、「バブル崩壊」、「下落」、「郵政 不動産 売却」、「デフレ」、「高すぎる」という最近の風潮を物語っている言葉が並びすぎていてこの先日本の将来と自分の将来に不安がよぎるばかりとなってしまいました。

ちょっと、力を抜いて考えた方がいいかもしれません。

ただし、日本でこれだけのことを調べている人が多いという事実がやはり最近の状況を物語っていることは確かなようです。

全体的な不動産価格の見通しは大事ですが、投資家でない方は自分の住みたい住居に住むために売るだけのことです。

あまり気にせず将来のことを悲観せずに生きていきましょう。

---------PR---------
---------PR---------

更新日 2019年10月4日 12:44 PM

Share
△みゅう▼ 「マネーのサプリ」編集

節約方法などの記事を書いているライターです。監修している記事はチェックして問題が見つかり次第修正していきます。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.