暗号資産は通貨にならずに証券ということになりそう!国際決済銀行(BIS)

暗号資産は通貨にならずに証券ということになりそう!国際決済銀行(BIS)

完全敗北か?仮想通貨が仮想のまま終わった件について。。いや違います。

一応SECがビットコインとイーサリアムを証券ではなく先物としてCFTC配下においていて、ICO案件は証券だとCboe(先物取引所)が言ったという複雑な話があるのですが、もう、アメリカで先物として扱われているのだから今更、ビットコインとイーサリアムは証券とはならないと思われます。

どうなるかは全く分かりません。

ここでは、BTCもETHもXRPも全部含めて証券とすべきだといっています。

しかし、スイスにある国際決済銀行(BIS)が言うからにはリップルのことを指しているような気がしてなりません。だと思いますよね??

  1. 国際決済銀行(BIS)の経済顧問「仮想通貨は証券とみなすべき」。仮想通貨について、株式や債権と同様に扱うべきだと述べた。
  2. スイスに本部を持ち、国際法のもと中央銀行間の取引を担うのがBIS!
  3. 仮想通貨は規模の拡大に耐えられないため世界経済の通貨にはなりえないとする研究報告をまとめた。
  4. 報告書では、仮想通貨が通貨に置き換わるのを妨げる3つの「欠点」を挙げ、「スケーラビリティ、価値の安定、決済のファイナリティにおける信頼」が欠如していると指摘した。

大きく同意できるのが、『仮想通貨は規模の拡大に耐えられないため世界経済の通貨にはなりえない』というところです。

たしかに納得です。

おそらくリップルが一番スケーラビリティーと安定性に優れていると思いますがそれでもILPで銀行間送金だけを行うのは実現できそうですが、世界の町中で決済に使われるには足りない何かがあるようにも感じます。

リップルが証券とみなされるということにつながるかもしれません。

もし、そうなったら、リップルのことを上げとか下げとか気軽に言えません。ICOが全部証券なら、インフルエンサーが草コイン買い!とかも厳密に言えば取り締まられる可能性もありますが、日本の法律次第といったところでしょう。

日本で法整備が整うのは四半世紀くらいかかりそうなので、あまり気にせず傍観していましょう。

別にこんなニュースで上がりも下がりもする必要はなく、ただ、そうなんだ~。へー。くらいで居たらいいと思います。ただ、保有している人はどうするかは冷静に考えてください。

でも、ビットコインなどが金(ゴールド)のような感じがするのは納得できます。通貨ではないですが。。。

*投資の判断はご自身で考えましょう。

https://jp.cointelegraph.com/news/bis-economic-adviser-cryptocurrencies-should-be-considered-securitiesより

更新日 November 19, 2018, 9:32 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.