仮想通貨の将来性は?JPモルガンのアナリスト『数年消えなければ、株式、債権などのような資産運用先の1つとなりうる!』手のひら返し!?

仮想通貨が数年生き残っていれば投資先として株や債権の他の選択肢となる!

またか。。

最近のJPモルガン様はポジトークが多いです。

直近のJPモルガン様のニュース記事では、

仮想通貨は完全には消せないだろう。アンダーグラウンドなどでの需要があるだろう。。

だったのですよ。

まだまだだ。もっとだ。。なんか発言がエスカーレとし過ぎてて、おかしくてしかたないですが、

こないだの谷底で何かいいことでもあったのかな?

と99%の庶民が羨んでいることでしょう。

私は買い逃しました。

もっと下がると思ったのに。。。

ということなんでしょう。

いや、ほんとに株や債権の退避先になったらうれしいですよ。バブル崩壊の度に死にそうになるなんて嫌ですからね。。。

もちろん、投資家が損するとかではなくてリアルな経済で仕事が無いとか、政府の財政がさらに悪化するとか、、そういうことが避けられるなら本当に嬉しいのですが。。

JPモルガンが本気でクリプトカレンシーを株や債権と同じだって言って、顧客資産を運用してくれたらそれは凄い説得力になって、日本などはあっという間にお祭りになってしまいます。。。

あとはGSのアナリストくらいしかこれを超える影響力は持っていないですが、両方が反対の事を言ってバッティングする可能性は考えられないのでダブルでポジ発言してブーストする可能性の方が高いかもしれません。

しかし、無責任な話ですよ。

仮想通貨が数年生き残っていれば投資先として株や債権の他の選択肢となる!

って、いくらでも逃げ道がある言い方ですから、これでガチホとか思わないほうが良いです。多分。

当然、将来は仮想通貨もボラリティーは低くなってもっと安定しているという仮定だと言っています。そうなったらシステムトレードが面白くなるわけですので私は嬉しいです。

まあ、こうやってある程度予告してくれて分かれば上下してくれる方がありがたいのですが、ほんとハッキングだけはまじで勘弁です。

とりあえず、今は現物で少しだけ確実なときだけトレードしています。

アルトをJPY建てでトレードできるありがたみはやっぱり非常に大きい。近いうちに全部こうなると思います。

QUOINEXビットバンクビットトレード、他があります。QUINEXは自動売買のCRYPTOTRADER(クリプトトレーダー)も使えるので相場が安定したら使いたいです。。。ビットトレードも近いうちにMT4が使えるようになるそうですし。。

今日は久々に前向きな気分になれました。

CCも出金できるようになるし、、、

今日はお祭りですか??

→ わかりません。

投資はご自身の判断で!相場はいくらでも変動します!

https://www.coindesk.com/jpmorgan-report-crypto-one-day-help-diversify-portfolios/より

JPMorgan Report: Crypto Could One Day Help Diversify Portfolios

しかし、足を引っ張る日経225でした。

午後に入ってから急落しています。15時を過ぎても落ち続けています。。ダウもさすがに落ち始めました。これのお陰で仮想通貨も上げたいのに上がれない!という感じがしました。

それにしてもです。日経225の下落率とBTCの下落率とXRPの下落率がほぼ同じという快挙をやってのけました。

これは凄いです。ただ、下げたのは日経ですから!

仮想通貨に引っ張られたとか言い訳にしないでほしいものです。

仮想が現実に!現実は消え去っていく。。そういう運命なのでしょう。。

いいですね今日の日経で売りで儲けた方は。

さすがに株がはじけてしまいました。

株が仮想通貨の足をひっぱるな!と言いたいところですが、関係ないことはないでしょう。

やはり、連動してしまうようです。将来は、JPモルガンさんの言うように逆相関で株の逃げ場になってくれたらいいんですが、。今はまだ駄目です。でも、もしかしたらどうやっても連動してしまうんじゃないでしょうかね。。

これだったら、アルトコインもBTC建てだから全部引きずられて駄目なんだよ!!!ってGSのアナリストが言っていましたが、株に引きずられるBTCも中身が無いから駄目だということになりますでしょうか。。

また、ダウに引きずられる日経、日経に足をひっぱられるダウ、これもまた中身が無いのかと思ってしまいそうです。

実際、もう経済システムは中身とはかけ離れた世界で動いています。全てが『仮想の世界』で起きていることなのです。

株の平均価格の先物を取引するとか、、、ビットコインの方がまだ分かりやすい!と思ってしまいます。

どうやら何を作っても同じように動いてしまうようです。

本日の東証TIMEは仮想通貨もつられてしまい下げましたが、もう終わってからは夕方からフィーバーといきたいところです。

またいつもの祭りを株が休んでいるうちに開催してほしいものです。こんなことをやっていたらみんなの興味が株からクリプトカレンシーに移ってしまい、株がまた長い冬に入るのを早めてしまうかもしれません。それもいいかもしれません。株が早く底に付けばまた上がりだすわけですから、一長一短あるものです。

これからの若者はみんな株の値動きを知っていることになります。そうなると、株のトレードもハイレベルになってしまうこととなります。そして株は単元株がやはり厄介なもので、数十万円、数百万円ないと現物で買えないということが1番のネックになりますし、現物で一日に一往復の制限、手数料というのが崩されていくかもしれません。

自由なトレードのためにFXがあるわけですが、しかしながら、証拠金取引はやはり抵抗がありますし、実際に制約も大きいのでやらないという人は多いはずです。

そういう人がガチホ勢ということになりますが、そういう人がクリプトカレンシーには非常に多いのです。となると、もはや一般人のトレードは株よりもクリプトカレンシーが主体となっていくのはもはや明白となっているような気もします。ガチホ勢が市場を成長させるのは言うまでもありません。。。

しかし問題の根本は高齢化と既得権益者のために若者にその歪が出てしまっていることだろうと思います。世界中で似たようなことが起きているわけです。これを機会に雇用というものを見直せばいいと思います。結局、賭け事みたいなトレードから雇用の問題につながってしまいました。

雇用が上手く言っていない国がクリプトに熱狂する。

たしかにそのとおりだと思います。。。

さらにJPモルガンは『なぜ、ビットコイン連動型のETFをゲームの流れを変える聖杯と呼んでいるのかを説明している!』

https://bittox.com/2018/02/13/jpmorgan-explains-bitcoin-etf-holy-grail-change-game/より

JPMorgan explains why a bitcoin ETF is a ‘holy grail’ that could change the game

基本的に最近急激に持ち上げだしているようで、どうやらETFをやりたいみたいです。どうでしょう。最近、何か株と結びつけたい発言が多いようです。

まあどう考えても今のネガティブ環境ではビットコインは安定しませんから良いと思います。もうサラリーマンが帰宅するだけでコインチェック社の記者会見を開くと言ったら、『倒産だ!!』と騒ぎだして5%も下がるという異常なパニック状態になるという始末です。普通にちゃんと営業するっていう流れの記者会見の予定ですが。

これで記者会見が普通に進んだら爆上げするんでしょうね。。。ここが狙い目かと狙われるわけです。

さすがにあまりに群集心理が酷すぎて、自分まで何回も買って売ってとか狼狽してしまいました。109円で買って110で売ったものを111円で買った物を108円で売って110円で買い直したとか、、またさらに5%下がって105円となったXRP。帰宅ラッシュの最中に。。記者会見40分前になってやっと落ち着き値上がり始めてきました。

ほんと参ります。。

何も動いていないのに一人で損してるんですよね。こういうのが狼狽する人は損をするというもので誰かの栄養になっています。。

そうじゃなかったです。

JPモルガンの話ですが、なんかポジ発言連発してるのがただ単に相場を変えたいという発言にはおもえません。以前は一言で半額くらいまで下げた威力がありましたが今は数発打ってますが、さほど効果はないと思われます。

真意はいかに?と思います。が、おそらくは株がヤバイから株を落ち着かせるためにビットコインを持ち上げている感じがします。

多分、ETFを始めたら株式が盛り上がるでしょう。。。ETFになるともはや、ビットコインは消える?という記事も書けなくなります。。不動のものになります。

そういう理由だと思いますし、ボラリティーも低くなりますし、多分、ビットコインの相場操縦なども規制できるようになるんでしょう。。

それでCME先物と違ってETFがビットコインを引っ張るということになるかもしれません。10個以上のビットコイン連動型のETFが待っています。でもSFTCが頑なに許可しない!

問題があるからです。Bitfinex、テザー疑惑です。

それを解決するとETFになるが、テザー疑惑というパンドラの箱を開けてしまうことになるのかもしれません。。。

あれ?

これテンパった?チェックメイト?王手?

という状態ですよね。。

さてはてどうなることやら。。

テザー容認のETF許可とかありえると思います?

無いでしょう。

Bitfinexとテザー社がわざわざ出ていくとも思えませんし、、、

  1. 疑惑がクロで発覚した場合、限りなく塵のようになったBTCをETF上場できるかも???
    できるわけありませんでした。クロならばだめに決まっています。
  2. 疑惑は不明のまま、ETFできずに今のようなボラリティの高い、危険なもので世界から禁止されそうなままでいくか?
  3. テザーのことは水に流してETFを承認する!

どれがいいのでしょうか?

ならば、何も見なかったことにしてETF承認でいいんじゃないんでしょうか??別に大したことじゃないですよ。疑惑は。もう。。他のコインの方がよほど悪いことしてる??

『テザー疑惑はもう詮索しません。つきましてはビットコインのETFを承認いたします!』

とならないでしょうかね。。もう、このままビットコインのETFを承認しないと株も駄目になるわ、ビットコインも消えるわで何もいいことないですよ!グレーは追求せず、承認してしまいましょうよ!!

それを狙ってる??もしかして??

という気がしてなりません。

だとすると、、3月のG20とか関係なく、アメリカが、SECが承認するかしないかでビットコインの運命が決まるんじゃないのでしょうか?

その時にBTCの価格が相当下がっていたとしても、それはあり得ることですし、それはそこからリセットされて再スタートするということになります。

JPモルガンの系列企業がETF申請したりしたら、そのときかもしれませんね。。よく分かりませんが。。

更新日 February 14, 2018, 5:11 pm

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和 資産運用』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.