不動産を高く売却する方法!?

1つは不思議だったのですが賃貸を借りに行くので部屋を見せてほしいと言うと、待ち合わせの物件の前に行くと、なぜか白いワゴン車が止まっていまいた。

これはどうしたのかと思い不思議だったのですが待っていました。約束の時間が少し過ぎたくらいになると目の前にあったマンションの部屋の電気が付いたかと思うと何かスーツ姿の人が寝ているのが見えました。しばらくするとそのスーツを着た人が何食わぬ顔で出てきてお待ちしておりました。

というではないですか?

どう見てもその不動産屋さんの説明している人が生活していた家を説明しはじめました。一体何が起きたのかよく分かりませんでしたが、数ヶ月だけの賃貸だったのであまり気にもせずにそこの説明を聞きました。

また、他にもネットで見た時は2部屋の物件でいい場所なのに相場より安いアパートがあったのですが、1部屋は2畳でもう1部屋は4畳半でした。古くていかにも耐用年数を超えた感じのアパートでした。値段が安かったので確かに狭いけど仕方ないと思っていました。

そして部屋を出て帰りの階段を降りていくときに下の階にカラオケスナックが入っているのが見えました。

今度はネットに載っている割安な土地があったので、不動産屋に電話をして現地を見せてもらうようにお願いしました。すると、目の前には広大な墓地が広がっていました。何も書いてありませんでした。

それから月日は流れて、またネットで近所の土地が売却中として公開されていました。今度はなぜか異様に高い値段が付いていました。どう考えても相場の2倍くらいの値段です。立地的には価格が上がるよりも下がる要因があるような立地条件の土地でした。

なぜ、そんなべらぼうに高い値段で公開しているのか?とても不思議でした。だいぶ長い時間が過ぎました。1、2年くらいだったと思います。そこが売れたようで家を建て始めました。しばらくすると設計士に頼んで建ててもらったような家ができあがりました。少し裕福そうな家族が住み始めました。

お金に余裕があったのだろうか?それにしてもあそこの土地は安くなるはずの場所にあるのになぜ売れたのだろうか?ネットで公開されていた2倍くらい値段で買ったのだろうか??とても不思議でした。

そういうことがありました。という体験談です。インターネットとは怖いものでとてつもなくたくさんの色々な人が閲覧します。

長い期間インターネットに公開していると、普通の人では買わない物件でも売れることがあるのです。

もちろん、よくあるように相場よりもワケありの安めの物件を掲載して問い合わせを受けて、現地に行き目の当たりにしてから、他の物件を探すという商談のきっかけを作るための広告という位置づけのものが多いのも事実です。

現地に行ったら接道が階段の物件だったなんてこともありました。もちろん、ネットには書いてありませんでした。そういう時代だったのです。そうでもしないと中小規模の会社がほとんどの不動産屋さんが新規にお客さんを獲得することは非常に難しかったのです。

裏技とは、インターネットで誰でも見れるようにして気長に待つともしかしたら相場より高く売れるかもしれない!?

ということでした。

もちろん、そこから値引きしますよというスタンスでもいいかもしれません。ほんとうに運がいい人だけしか実現できませんのであしからず。

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.