不動産は売却トレンドか?不動産一括査定のメリット、デメリットとは?

以前、「楽待」にて 2018.4.16に掲載されていた記事に以下のようなものがありました。

「伝説の投資家BNF氏がビルを売却! 価格は?」

楽待より)

これを読んで、不動産が高値にあってこれからは下落トレンドとなるのかと思っていましたがさらに2018年7月31日の下の記事を読むと今が高値という感じが伝わってきます。

「マンションの買い時はもう少し先、消費税増税後に価格は下がる」

WEDGE Infinityより)

しかし、よく読んでみると「今は高値でこれ以上は上がらないけれども下がるということもあまりなさそう」という意見を仰られていました。

また、印象的だったのは空中族という、高層マンションを買って値上がったら売ってさらに高いマンションへ住み替えていく人たちがいるという話でした。

『高層マンションは階数がステータス!?』

といったら語弊がありますが、でも確かにそうなのだと思います。

最上階は上階の足音が聞こえなくていいという利点はありますが、エレベーターが大変だとしても地震が来たら大きく揺れるとしてもやはり高い値段で売買されています。

都市部の高層マンションを階数を登りながら住み替えていくって最高ですね。

そういう付加価値もありますし、低層階でも実用性としての価値があって都市部でオフィスへ通勤するのが非常に楽であるというメリットがあります。

これを考えると都市部のマンションは当分、高値を維持するのではないかということです。

しかし、消費税増税のタイミングで消費が減るというのは困ったものですが、その前の駆け込み需要があるということでそこを狙うのもいいかもしれません。

不動産を売却するならそのようなタイミングも見計らって行うとよいかもしれません。

不動産一括査定サイト一覧にありますように非常に多くの売却を支援するサービスが登場しています。昔からこのようなサービスはあったのですが今ほど多くはありませんでした。歴史のある売却査定サイトも多くの人に活用されています。

普通に暮らしていると自分の住んでいるところが値上がっているのか下がっているのかなんて気にもなりませんが、今の不動産価格の傾向を見ると、いずれは売ろうと思っているならば売り時だとも言えるのかもしれません。

しかし、それは都市部のマンションやビルだけじゃないのかとも思ったりします。地方や郊外に住んでいると、「全然変わってない!」と感じてしまいます。

不動産一括査定を利用するメリットは複数社に一度で査定依頼ができることです。これによって正しい相場が分かるはずです。

また、デメリットとしては依頼する会社数が増えると対応が大変になるということが言えます。

依頼するのも現地調査の立会い、売却のお願い、断りの連絡、すべてが複数社分かかってしまいます。

不動産一括査定がなければそれほど複数社に売却査定を依頼することもなかったと思います。ここは忍耐力が必要なところです。

更新日 November 14, 2018, 6:39 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.