マンション売却の流れは?

理想的な売却の流れを考える!【精神的負担を減らすために!】

引っ越しと売却を同時に行うのは非常に苦痛と書きました。しかし、無駄なく最小コストで行うにはそれがいいわけですが、やはりストレスはやはり大きいです。できれば余裕があるときに売却を行いたいところです。

精神的に余裕を持つための手段としては、以下のような方法があります。ただし、無駄になるお金も少しあります。

  • とりあえず引越し先を探す!
  • いい物件があったら引越しを始める!
  • 住民票を移して各種届け出の住所を変更する。*住民票を移すとデメリットもあります。不動産会社によく確認してください。
  • 荷物は徐々に移動する!
  • 新しい生活に慣れてきたら売却を始める!
  • いつでも内覧(見学)してもらえる、掃除して綺麗にしておける!
  • 複数社に売却を依頼して最速で売却を進められる!

以上の方法が一番負担が少ないのですが、実際、新しい環境ではネットもままならぬということが多いでしょう。本当に引っ越しというのは精神的に負担です。

引っ越しが好きと言う人は一人暮らしで荷物をほとんど持たないタイプの人なのではないかというくらい大変なものです。

実際、ユーザー目線で不動産売却一括査定というものを考えた時にこういう苦労が見えてきます。

どこのサイトでもいかに高く、早く売れるかということをアピールしているのですが、引越し先を見つけるということを忘れています。

やっぱり金銭的なことが理由で引っ越すにしても新しい引越し先にはこだわりたいものです。

「引っ越したいな!」と思える新居に引っ越すなら本当に気分が全然違うと思います。逆にそこをおろそかにすると苦痛な作業の連続になってしまいます。

住み替えは不動産売却サイトを使っても本当に大変!

今住んでいる家を売ってそれを頭金に当てて住宅ローンを組んで新しい家を購入するということは曲芸のように困難なものです。

たとえば、以下のようなタイミングが同時に揃うことが前提となります。

  1. 今の住居に買いたい人が見つかってお客さんの住宅ローンの審査が通った!
  2. 希望の新しい物件を探して決める!
  3. 決済日に併せて自分の売買契約を進めて住宅ローンの審査を通す。
  4. 銀行の振込処理が実行されるのと同時に瞬間移動して引っ越しを完了させる!

どう考えても実現できません。誰かが待ってくれたり資金を提供してくれない限りは難しそうだと分かります。

  • まず、今の住宅にローンが残っている場合はそれをどうするかを考えなければなりません。
  • 普通は決済日=引き渡し日となるので売却益を頭金にして次の新居を買うことは同時には実現できないと考えていいと思います。不動産会社が買い取る場合は実現できることがあるかもしれません。

買い先行か売り先行になる!【精神的には引越してからが楽】

賃貸アパートを借りて引っ越すならとりあえず売却が決まってから引越し先を見つけて、引渡日までに引っ越しを完了させてもいいと思います。

それでも大変なことだと思います。誰でも住んでいた家には思い出があります。必ず、思い出してしまうものです。そういう感傷的な気持ちになっている時にせかされたいかといえば普通は嫌なものです。

そのような場合には、「買い先行」で進めるのがいいと思います。精神的余裕が生まれる一方、金銭的には少し厳しくなります。

「売り先行」の場合は金銭的にはゆとりが生まれますが、やはり急いで仮住まい先となる賃貸アパートに引っ越すことになります。

持ち家を売却して賃貸へ引っ越す場合もやはり同様のことが言えます。

資金を住宅ローンに依存しないだけ手続きは楽だと言えます。

人生はライフステージによって様々な住居が求められます。これを考えると今の面倒な仕組みが必ずしも完璧とは言えません。

しかし、権利の譲渡や契約履行の確実性などを歴史的に積み重ねて検証されてできているのが今のシステム(法律)です。

自分の年齢や生活状況を考えて早めに検討することがいいタイミングを見つけるポイントなのかもしれません。

引っ越しが終わっている人は速く売るために不動産売却サイトを利用した方がいい!

引っ越しが完了した場合は今度は早く売却を済ませたいと考えるようになります。

ここが不動産一括査定の本領が発揮される時です。

最大限可能な価格を設定して、あらゆるメディアに登録して多くの人に見てもらい、アクティブな不動産会社グループの相談中のお客さんに紹介してもらうということが重要になってきます。

そのような方はぜひ利用するべきサービスだと思います。

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.