マンショの方が一戸建てよりも温かい?

家の中は外よりも寒さを感じることもあります。体感てきなものですが、外の天気が良いときは太陽光があたる外のほうが温暖だと感じると思います。

ほんとうは室内のほうが気温が高いのになぜ?と思ったりもします。外でも日陰へ入ると風が吹いてきて寒いことがあります。

室内は日陰に居るようなものです。

そう考えると外より温かいのに寒いと感じる理由も納得できます。

室内にいて寒さが嫌になった時は思い切って外へ出て寒さを体感してみると寒さを理解できて少し落ち着くと思います。

本当は寒いのに寒くない思い込んでいることがよくあります。

このような寒さを感じるかどうかは壁や家の構造によるところが大きいです。

マンションならば鉄筋コンクリートでできていれば温かいはずですが、一戸建てはほとんどが木造住宅で壁もペラペラのボードなどでできています。

断熱材が壁の中に入っていますがそれでも鉄筋コンクリートの家、マンションに比べたらそれほどではありません。

結構つらいと思います。一戸建ての寒さ事情は。

一戸建ては土地を多く必要としたり、容積率、建ぺい率が低い場所に大きな面積を使って作られた住宅街などにあります。

そのような場所は都市部よりも郊外へ離れています。

郊外は山に近くなり寒くなる傾向があります。

そこで木造の寒さにあまり強くない家で寒さを耐えるとしたらかなり辛いと思います。

雪国では寒さ対策は万全ですが、関東以南くらいになるとかなり油断している感じはあります。

一方マンションの場合は温かい鉄筋コンクリート造に加えて駅から近い場所にあり、得てして標高が低く温かい場所に建っていたりします。

高層階は風が強くなって寒いということもあるかもしれません。

それでも戸建てよりは温かいでしょう。

高齢になったときにはより一層感じることだと思います。

「マンションのほうがあたたかそう。」

そんなこともあってか郊外の住宅街の一戸建ての家を売って駅に近いマンションに住み替える人がいるそうです。

分かる気がします。

たしかに寒いですね。最近は。

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.