不動産一括査定で住み替え!-ガーデニングのできる家に!【ピーマンの栽培】

不動産一括査定で住み替え!-ガーデニングのできる家に!【ピーマンの栽培】

なんで、ピーマン?

唐辛子を意味するフランス語(piment)が語源だそうです。

納得です。

なんで、ペッパーじゃなくて、ピーマンなんだろう?と疑問に感じていましたが、英語じゃなくてフランス語が普及したのでしょう。

今みたいに、英語が必須言語になっていなかった時代があったわけで、フランス語のほうがメジャーだったころに伝来したのでしょう。

そういうわけでピマン、ピーマンということでしょう。

なるほど、分かりました。

もちろん、唐辛子を意味するので、唐辛子、シシトウ、ピーマン、パプリカ、全部合わせて、ピーメンです。ピーマンです。

これでは、全く、ひねりがありませんね。なんでもピーマンなんて。

辛いの、辛くないの、ってそもそも分けてる事自体が、日本ぽいようです。

しかし、辛くないピーマンにも色や形がいくつかあったのでしょう。海外のピーマンを見ると分かります。

白、紫、黒、赤、黄色、ベージュ、、、

数限りなく有り、大きさ、形も不思議なものです。

緑で食べるのも珍しい。ようです。

そして、唐辛子には実に恐ろしく辛いものもあります。

これらも同じ仲間です。

ただ、なぜか、1種だけが日本に入ってきて、独占的にシェアを広げていいたのでしょう。緑で食べる、小さい、形の良い、ピーマン臭くて、ほろ苦いピーマンという ものが広まったようです。

本当は甘かったんですけど、いつの間にか、甘くない品種が普及していただけで、世界のピーマンを探せば、甘いものから辛いものと様々あるわけです。

つまりは、ピーマンという名前も、ペッパーや、唐、と同義語になってしまいます。 実は正しくない言い方なのかもしれません。言葉とは不可解なものです。

じゃあ、これからは、名前を改めて、アマトウと呼ぶことにしましょう。苦くなく臭くなく甘い品種を掛けあわせた今のピーマンはアマトウと言えそうです。

それが正しい言葉です。最近では過剰に食品の本来の名前を気にする傾向にあります。

魚なんて、一般人が分かるか?っていうような名前を表記されています。それも和名ですよ。和名。海外の海でとってきて、勝手に和名を付けて、それを表記して、 さも正しいかのごとくシールが貼ってあるわけです。

おかしな話ですよね。そんなの世界じゃ通用しません。学名でしっかり表記せよ!と思います。

ですが、鯛だっていって、他の魚を食べさせたということが問題になったようですが、

鯛だって、タイという和名が付く魚は大量にいます。こんなのタイなの???と思います。

ほんとうにおかしな話です。言葉や品種については全く、無知な状態であると思った方が良さそうです。

食用植物はそれが品種改良されているわけで、もう、学名もありません。どこのメーカーのなんとかという品種の販売名が正式名称です。

ピーマンじゃなくて、エースとか、京波って、呼び方を変えたほうが適切なのかもしれません。

ガーデニングができる家に引っ越したいので不動産一括査定で高い値段で家を売るというのもいいかもしれません。

 

マンション、一戸建ての売却には匿名査定で相場も分かる不動産売却査定サイト!