ビットコイン大暴落の原因(その1)『中国からの取引の完全停止』政府が偉大なるファイヤーウォールにオフショア取引所とICOサイトへのアクセス禁止追加すると言った!

もう、どうでもいい。閉鎖するならしてくれ。。

してない。まだ。

中国から香港の取引所、Bitfinex、バイナンスなどへのアクセス禁止制御を偉大なるファイヤーウォールに追加すると言ったそうだ。

前から言ってたから別に何も進展はないのです。追加した!と言われればBitfinexの価格が暴落して、さすがに中国からの買いが全部一瞬で消えると相当なことになると思います。

今回はまたいつもの、規制すると言った!という言っただけ砲です。

でも、ぶっちゃけ、これだけでも破壊力抜群です。たぶん、5555ドルまで行ってしまうかも知れない破壊力です。今から2時間前、21:30頃の記事でしょうか。

相場が完全な撤退体勢に入ったのは1時間前くらいなので、タイムラグがあるようです。

もう、ピンポイントです。バイナンスのベンチャーコインとかは別にいいんですが、BitfinexのビットコインUSD相場はヤバイです。

USDT問題で窮地に立たされている、明日、USのSECとCFTCの話会いがあるんでしたっけ?アメリカタイムだから明後日ですね。

まあ、似たような流れのままでしょう。香港系取引所が今の話題の焦点となっているようです。

しかし、何日後にBlock追加されるか分かりませんが、設定するのは一瞬ですね。

ですよね。。普通は、退避して下さいとか警告があるんでしょうが、そもそも禁止してるはずの中隠れてやっているわけだから、いきなりブロックしてもいいわけでしょうか?

すると、トレーダーは焦って撤退するでしょう。即時撤退ですか?

Bitfinexから完全に中国マネーが抜けたら、明日までに、、これはかなり下げそうですね。注目の取引所ですから。

というか、Binanceもですが、混雑でとまるかもしれません。。。

それと、このニュースは英語版でしたが、日本語サイトのコインテレグラフにはあるのでしょうか??

無い!!!!!!!!!!!!!!!!!

情報のタイムラグですね。。。英語読んでください。

ビットコイン暴落の原因パート1はとりあえず、こういうことが考えられます。

言うまでもありませんが、パート2,3,4、5、、、、、とあることは明らかになっていると思います。

連続で来るか?同時にくるかもしれません!

下げ止まり、リバウンドが来る日はあるのでしょうか。。

ほんとうに逆境です。

https://cointelegraph.com/news/ban-complete-china-blocks-foreign-crypto-exchanges-to-counter-financial-risksより

Ban Complete: China Blocks Foreign Crypto Exchanges To Counter ‘Financial Risks’

キャッシュレスにおすすめのカードは?

ポイント還元率が最高になるキャッシュレスを選ぶか、普段遣いの利便性のキャッシュレスを選ぶか?両方を使い分けて小さい金額ではスイカを使い、大きな金額ではキャッシュレスアプリとクレジットカードを使い、通販では楽天カードとキャンペーンを使って最大限効率化してお得な買い物をおこなってください。

No.1 楽天カード

『楽天カード』

人気No.1のクレジットカードといわれるくらいに人気のある楽天カードですが楽天ペイと併せて利用することによりキャッシュバックの還元率が最大になります。楽天市場でお買い物をする方はもちろんのこと、日常生活でも便利な年会費無料のクレジットカードです。

No.2 イオンSuicaカード

『イオンSuicaカード』

イオン系列の小型店舗「まいばすけっと」を利用している方にはWAONのポイントカードとスイカ(Suica)が利用できるのでおすすめです。

No.3 セゾンビジネスカード

『セゾンビジネスカード』

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがサービスを提供する法人向けクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で個人事業主も利用できる人気No.1のビジネスカードです。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ(格安SIM)は?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

No.2 LINEモバイル(ラインモバイル)

『LINEモバイル(ラインモバイル)』

LINEの普及はスマホを持っているのにLINEを使っていないのは勿体無いということで驚くほどの勢いで普及しました。

データ通信を使って無料通話という新しい技術を日本に根付かせたLINEが提供する格安スマホサービスです。

送ったメッセージが消せない、若年層が犯罪に巻き込まれるケースなど問題もありますが、LINEのメッセージのやりとりを超える利便性は今のところ他のアプリにはありません。

LINEで使う通信量を優遇する通信料金になっています。

更新日 June 12, 2019, 10:08 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.