ビットコインマイナーに匿名公開された「BCHとBTCを入れ替えることを狙った」怪文章の全文

2017-11-12

*さらに追加情報があります。こちら

脆弱すぎますね。このビットコインシステム。。

ビットコインをマイニングする時に使うプログラムを配布するGitHubに公開されていたという。11月1日に!!!??

トレーダー専門の普通の投資家はほとんど知る由もないわけです。

そして内容が、(拙い私の理解力とGoogle翻訳を読んで書いていますので、誤認はお許しください!)

  • 一通りの現状の説明と現行BTCの弊害についての説明。
  • 大手マイナーみんなに意図的にハッシュレートの切り替えへを呼びかけて、B2Xハードフォークを中止させようとしている。
  • 意図的にBTCの難易度が高くなるように一斉に可能なかぎりBTCをマイニングしようと呼びかけている。
  • B2Xハードフォーク中止がわかった後に、BTCのマイングを一切辞めてBCHをマイニングするか、マシンをOFFにしろと言っている。
    これで、BTC残ったマイナーは2週間後の難易度調整までほとんどマイニングができない。かつ、BTCの送金が滞ることになりBTC送金ネットワークを停止できる。
  • BTCからBCHへ一斉に交換しろ、そうすれば相場がBCHが高騰し、BTCが暴落するだろう。
  • BCHの価値がBTCと入れ替わり、BCHをBTCと呼ぶことができるだろう。

「冗談じゃないですよ!!!クリプトカレンシーの信用が落ちてしまいますよ!!!」

という感じですが、

https://github.com/theflippening/open-letter-to-bitcoin-miners-from-another-miner/blob/gh-pages/index.html

かっこいいいとか自由、民主主義だとか中央集権主義の撤廃だって言うけど、こういうことしたら信用が無くなって世界中からそっぽを向かれるっていうか、人気が消えていって、クリプトカレンシー市場から人が現金が消える、、、って分からないのですかね。。

世界の人から共感を得られるような行動じゃないですね。こういうのは。

一部の利益を得たいマイナーと取り巻きだけのためのクーデターとも言えるもので、この先、8MBになろうとなからろうと、BCHがBTCになったところで、先物もETFもそんなもの全部、消えちまいますよ。

そもそも、

この文章で大事なことが抜けている気がします。

  • 具体的にどうやってBCHをBTC変更するのかが書いていない!
  • 仮に計画が成功して、1BCH >1BTCとなったとしても、市場の混乱による世界中からの不信感により、現金化することができない可能性を書いていない!
  • BCHがBTCになったとしても、クリプトカレンシーの信用がなくなって、仮に対USD換算で1BTC=1USDとなったりしたら、ホルダーは全員損害をこうむることになるというリスクが書いていない!現金を持っているのは、資本者たちであって、国や権力者や金融機関、ヘッジファンドたちからの信用がなくなったら、クリプトカレンシーを法定通貨(現金)に交換してもらえなくなる!今クリプトカレンシーに投資している人たちが、現金化できないクリプトカレンシーに興味があるはずもないということが書いていない!

この文章、素人の私が見てもおかしな部分が多いのです。

BCHのHF実施でレートが下がって、ただの民主主義的なパフォーマンスだった、ハロウィンパーティみたいなものだと言えば許してもらえて済むと思いますが、、

こんなことしてたら、BCH関係の人たちとか、ビットコイン業界から退場させられてしまいますよ。

はたして、こんな悪ノリに付き合う人たちがどれだけいるのだろうか??

たくさんいました!

最高で、「1BCH=0.55BTC弱」を記録しています!

世界中のマイナー、大衆トレーダー達が翻弄されたようでした。

大衆は、みんな売り抜けて自分の資産を増やすことしか考えていなかったようです。。

-Google翻訳-

別の鉱夫のBitcoinとBitcoin Cash鉱夫への公開書簡
Bitcoinが成功し、総市場支配力を得るためには、Bitcoin。加盟店にとっては、MasterCard、Visa、PayPalをサポートしなければならず、新しいカードが登場するたびに追加の暗号化通貨を追加する必要があります。フロントエンドおよびバックエンドの支払い処理、請求書作成サポート、およびPOS販売業者のための潜在的な追加インフラストラクチャーを追加することにより、開発者の時間とテストに新しい通貨をサポートします。誰もそのために時間やお金を持っていません。理想的なシナリオは、世界市場で受け入れられる単一のBitcoin暗号化です。誰もがそれをサポートしようとするスクランブルしなければならない毎月新しいフォークはありません。これは皆の時間を無駄にし、市場の資本をBitcoinのいくつかの異なるフォークに分割します。このシナリオの唯一の受賞者は、代替の暗号化通信です。

鉱業の観点からは、私はちょうど1つの硬貨を採掘し、その硬貨の価値を時間の経過とともに確実に増やしたいと考えています。私は鉱業の努力を毎時間最も収益の良いコインに分け、2つの異なる財布を維持しなければならず、価格を把握し、他のコインを交換するなどしなければならない。あまりにもドラマです。なぜ我々はそれを単純に保つだけではないのですか?私たちは競争相手を調査し、安全で長期的な収益性のために鉱業の努力を投資するために最善のBitcoinを決定する必要があります。

Bitcoinの候補
レガシーBitcoin(BTC)
まず、レガシーBitcoinについて調べてみましょう。これは、市場の受け入れとユーザビリティの点で、トップのcryptocurrencyであった。それから、2015年には物事が悪化しました。ネットワークが混雑し、取引が数時間かかって一回の確認が行われ、料金が許容できないレベルに上昇しました。多くの加盟店やサービスは、料金が不採算になるためBitcoinのサポートを中止しなければなりませんでした。従来のBitcoinは、実際に適切に動作する代替の暗号化通信を探しているユーザーから多くの時価総額を失っています。狂気は、Bitcoin Core GitHubコードリポジトリの現在の管理人が、輻輳を緩和するために何の役にも立たずにやっている今日も続けられています。最も簡単な選択肢は、ブロックサイズの上限をスパム取引を防ぐための一時的な手段として追加した1MBの中村聡よりも上回ることでした。コアリポジトリを制御している開発者の大半が、今、それを望んでいなかった[ref]。彼らはチェーン上の能力を犠牲にして、ユーザーとトランザクションに特許取得済みのライトネット( Lightning Network)と呼ばれるサイドチェーンを使用させることができるようにしました[ref]。ライトニングネットワークが完全に分散型決済システムのためのオリジナルのビットコインのビジョンを放棄することは言うまでもありません[参照]とより、制御規制や検閲することができ、通常の銀行のようなものであるシステムに移動し、[参照]。これはBitcoinの嫌な敵対的な企業買収の試みであり、目標は分散型通貨としてそれを殺すことです。

BitcoinTalk フォーラムを管理しているTheymos [ref]と提携しているBlockstreamとBitcoinのコア開発者は、main / r / bitcoinサブディレクトリと他のいくつかのサイトをモデレートします。一緒に彼らは、BlockStream、コアの開発者に対して話したり、BlockStreamが選択したスケーリングソリューション[ref]の代替案を議論することをブロックする大規模な検閲スキームを制定しました。この日までの投稿全体は削除され続け、ユーザーは禁止され、コメントは削除されたり、場合によってはコメントの所有者には不明な他の人から見えないようになります。これは、ブロックストリームのアジェンダとBitcoinを企業利益のために凌駕し、反対意見を抑え、完全なコミュニティコンセンサスのイメージを提示することです。

BlockStreamとCore開発者はBitcoinに大きな影響を与えました。特にSatoshiのオリジナルデザインとユーティリティを侵食しました。

一定の高い料金とネットワーク輻輳のために、彼らは、Replace By Fee(RBF)と呼ばれる反機能を導入した[ref]。これの目的は、ユーザーが固執して未確認の取引に対してより高い料金を支払うことを可能にすることでした。これはZero-Confと呼ばれる重要な機能を破った。これは、商人がネットワーク上で最初に見られた取引である限り、小額取引を確認せずに確実に受け入れることができることを意味する。マーチャントは、ネットワーク上のキーノードを監視し、二重の消費を信頼性高く正確に検出することができ、10秒以内に信頼性の高いトランザクションを受け取り、確認のために数時間または数時間待たなくても済みます。Zero-Confは、あなたの朝のコーヒーを買うようなBrickとMortarの店舗で素晴らしい仕事をしました。RBF機能を使用することで、ユーザーは商品を支払うことができ、店を出ることができ、今度は同じ取引を再送しますが、今回はより高い手数料でその金額を自分の財布に送って、広い昼間に商人を奪ってしまいます。この機能は、Bitcoinが有用なPoint of Saleトランザクションメカニズムであることを奪ってしまいます。
BlockStream / Coreによって追加された別の反機能は、SegWit [ref] [ref]と呼ばれます。これは、トランザクションの可用性に関する問題を解決しようとしますが、実際にはこれは問題ではありません[ref] [ref]。それは複雑な混乱であり、コードに多くの技術的負債を追加します[ref] [ref]。それが追加された唯一の本当の理由は、BlockStreamを助け、特許取得済みのLightning Networkを実現させることでした。しかし、雷ネットワークはまだ数ヶ月先のところです[ref]。これは、vapourwareの古典的な定義です。SegWitはまた、本当のセキュリティ問題[ref] [ref]を導入していますが、どれも元のデザインには存在しませんでした。人々がこれをBitcoinで癌と呼んでいる理由がある。
要約すると、レガシーBitcoinはもはや通貨として有用ではなく、我々が知っているようにBitcoinを殺すために銀行の会社に引き継がれている。

Bitcoin Cash(BCH)
今度は、ビットコインの現金と呼ばれるより積極オプションについてお話しましょう[参照]。Bitcoin Cashは、ブロック478,558で、2017年8月1日にBitcoinのきれいなハードフォークとして開始されました。Bitcoinを保有していた人は、Bitcoin Cash [ref]を 1対1で受け取っていました。Bitcoin Cashはブロックサイズの上限を8 MBに増加させ、従来のBitcoinのトランザクションスループットの8倍を可能にしました。これは、ブロックがもはや任意に制約されなくなるにつれて、より低い料金(例えば1バイト当たり1 Satoshi)を意味する。将来のロードマップはチェーンの規模を拡大することであり、今後1GBのブロックに拡大して現在のVisaレベルと同様のトランザクション処理を可能にするテストが成功しています。Bitcoin CashはアンチフィーチャーRBFとSegWitを削除し、BitcoinをSatoshiのホワイトペーパーの元のデザインに戻しました[ref]それは実際に商人やマイクロトランザクションに役立ちます。

Bitcoinが主にBlockStream社によって管理される1つの開発チームを持つところでは、Bitcoin Cashには5つの独立した開発チームがあり、最高のcryptocurrencyを実現しています[ref]。彼らの個人的利益のために会社に再び引き継がれることはありません。分散型暗号侵害のためには、企業買収を防ぐために分散型開発も必要です。Bitcoin Cashは毎日市場シェアを獲得していますが、現在では時価総額で3位または4位です[ref]。マーチャントの採用も毎日増えており、Bitcoin Cash Initiative [ref]の Webサイトで追跡されています。ユーザーは、好きな商人にツイートしてBitcoin Cashをまだサポートしていない場合にサポートするよう求めます。

Bitcoin Cashには、ネットワーク上のハッシュ・パワーが突然失われた場合に連鎖死を防ぐ緊急の難易度調整(EDA)という重要な機能もあります。これは、短期的な収益性の違いにより、ハッシュパワーが従来のBitcoinとBitcoin Cashの間で繰り返し切り替えられた場合、複数回トリガされています。レガシーBitcoinとその派生物は、この致命的な欠陥を持っています。もしそれがあまりにも多くのハッシュ・パワーを失うと、mempoolのトランザクションが積み重なり、料金が高水準に上がり、最終的にはすべてが機能しなくなります。取引は数日間確認されず、商人は時間通りに支払いを受け取ることができず、最終的に長いペリオイドが続くと、鎖は永久に凍結されます[ref]。実際の連鎖死の場合、すべての投資家、鉱夫およびユーザーは、自分のお金を失うことになります。Bitcoin Cashは、この致命的な欠陥がない唯一のコインであり、いつか私たちのお金を失うことを望まないなら、鉱業の努力を投資する価値のある唯一のものです。

Bitcoin SegWit2X
Bitcoin SegWit2Xはまだ存在しませんが、Legacy Bitcoinチェーンのこのハードフォークは2017年11月中旬にブロック高さ494,784 [ref]で発生する予定です。このハードフォークは、2Mバイトのブロックサイズ上限の代わりに癌性のSegWit機能を受け入れることに妥協したニューヨーク契約(NYA)[ref]のために発生する予定です。誰も法的にNYAに従うことになっています。鉱夫が心を変えようとするなら、財政的罰金はありません。この合意がまだ理にかなっているかどうかを検討することは理にかなっている。現在、84%以上の鉱業の支援を受けている[ref]交換品、財布、商人からの暫定的な “何が起こるのか見てみよう”という支援があります。しかし、契約の署名には、BlockStream / Coreグループが特に欠けていました。さまざまなフォーラム、/ r / bitcoinサブレディ、Twitter、bitcoin.orgサイトのコントロールを使用して、彼らは深刻な “No 2X”宣伝キャンペーン[ref]を推進してきました。これには、SegWit2Xをサポートするための様々な取引所、商人、ユーザーの誹謗中傷、攻撃、脅迫などの嫌な行動が含まれます。彼らはBitcoinのこのフォークを始める前にこのフォークを殺してみたいと思っています。だから、みんなが危機に瀕している1 MBのチェーンにとどまっています。最終的にLightning Networkがこれを実現すれば、彼らはBitcoinの鉱夫からの収入を自分のポケットに吸い上げます。

SegWit2Xの問題は、Bitcoin Cashが存在するようになった今、SegWit2Xが必要なくなったことです。SegWit2Xは非常に哀れな2 MBのブロックサイズにアップグレードすることができます。それはまだ反機能のRBFを保持しているため、セキュリティを低下させる商人やSegWitにとって有毒です。開発はコアの代わりにJeff Garzik [ref]が率いる別の単一の会社に移っただけです。これは集中開発のためのものではなく、有害なBlockStream / Core開発者を撃退するだけです。コアの起動は良好な結果ですが、コアがブロックサイズをアップグレードしても、インストールベースと関連性を維持することは保証されません。

幸いにも、Bitcoinの管理下で悪い俳優を撃って、同時に彼らに貴重な教訓を教える確実な方法があります。この方法は、すべての時価総額を単一のBitcoinに統合し、開発を分散型に保ちながら、生態系、商人およびユーザーに対して適切に機能し、幅広い業界の支持を保持します。

時価総額を1つのBitcoinに戻すための行動計画
明らかに最も明白な計画は、Satoshiによって設計された唯一の真のBitcoinであるBitcoin Cashをマイニングすることです。しかし、最大限の効果を得るためには、すべての採掘プールの中で調整していく必要があります。

まず、Bitcoin Cashチェーンに切り替える準備ができたら、瞬時に通知するか、ボタンを押してください。
次に、SegWit2Xハードフォークの前にBitcoin Cashマイニングに切り替える必要があります。これは、この不要なフォークを始める前に強制終了する機会を得るためです。ブロック493,920で次の定期的(2016ブロック)の難易度の調整が行われるまで、私たちの鉱業権をレガシーBitcoinにすべて当てる計画です[ref]11月10日頃に発生します。これにより、難易度の調整が増加し、可能な限り懲罰的になります。これは、残っている鉱夫が鎖を生き残らせようとするのは事実上不可能になります。この時間にBitcoin Cashチェーンで発生した緊急の難易度の調整を無視し、この2週間の間、Legacy Bitcoinを鉱業化し続けます。オートマティック・スイッチをオンにしている私たちの一部は、これをオフにする必要があります。この時点でBitcoin Cashチェーンに向かう最小限の鉱業努力が着実に進むようにする必要があります。大部分の鉱業努力は、難易度を可能な限り上げるためにLegacy Bitcoinチェーン上にとどまるべきであり、将来のハッシュパワーを減らして生き残ることはできません。
第3に、この上向き難易度調整が始まる前に、あなたのレガシーBitcoinと最近の鉱業利益を取引所に送ります。これはそこに着くためにそれに3つかそれ以上の確認を取るかもしれないので、それに合理的な料金を置く。レガシーBitcoinをまだ採掘している鉱山プールは、他の誰よりも先に自分の取引を入れて交換に乗ることができます。あなたのコインを交換機にダンプし、あなたができるすべてのBitcoin Cashを買うために即時販売注文をセットアップしてください。これは、レガシーBitcoinの価格に下向きの圧力をかけ、Bitcoin Cashの価格に上向きの圧力をかけるでしょう。ユーザーとレガシーBitcoin(クジラ)の大規模な保有者は、今後数週間でBitcoin CashのレガシーBitcoinを売却することで、ここで助けてくれるでしょう。
最後に、最も重要な部分は、過去のBitcoinでの調整が上向きになったときです。これは、Bitcoin Cashへのすべてのマイニング作業を切り替える時です。これは、すべての採掘プールまたは可能な限り多くを意味します。あなたがすぐにそれを切り替えることができない場合は、できる限り、鉱夫をオフにします。我々は、レガシーBitcoinチェーンが完全に減速してフリーズすることを望みます。最大の難易度と最小限のハッシュ・パワーになるには、2016ブロックが必要です。一時的な価格や収益性の変動にかかわらず、Bitcoin Cashチェーンに鉱夫を指摘しておいてください。最終的に1〜2週間でBitcoinの価格は、トランザクションが確認されなくなり、チェーンが効果的にクロールまたはフリーズするため、実現とパニックが完了すると崩壊します。[ref]。一旦これが起こると、Bitcoin Cashは正当にBitcoinの名前とBTCティッカーを必要に応じて前進させることができます。Bitcoinの企業買収は回避される。
影響と結果
この行動計画の効果のいくつかを調べてみましょう。

2017年8月1日にBitcoin Cashフォークの瞬間にLegacy Bitcoinを開催したユーザーは、Bitcoin Cashと同じ金額を持ち、何も失われません。これは大多数の人々になります。Coinbaseのような取引所にはかなりの金額が残っています。
過去2ヶ月間にレガシーBitcoinを買ってきたスペシャリストと投資家(あるいは実際にはギャンブラーと呼ぶべきです)は、来週に売却しないと、お金を失うでしょう。実際には、彼らは彼らの研究をせずに無価値のコインに買い込んでいたので、彼らのお金を失うことに値する。実際のユーティリティを持たない価値の店、またはユーティリティの著しい低下は無益です。レガシーBitcoinは彼らが全く研究をしなかったことを示すひどい投資です。彼らは誇大宣伝と価格を膨らませていただけだった。愚か者と彼らのお金はすぐに分けられる。
両方のコインを賢明に保持し、最終的な結果を待つ代わりに、フォークの後にBitcoin Cashを売った人も何も残らないでしょう。これは、彼らの研究を正しく行なわず、BlockStream / Coreの宣伝を信じていないことを教えてくれるでしょう。
ディスカッション、トーキングディスカッションフォーラム、Reddit、Twitterを検閲している有害なBlockStream / Core開発者、狂信者、宣伝軍も、無価値のSegWitコインを手に入れたままになります。これは彼らにとっても妥当な処罰になるでしょう。フォーラムやサブディレクトリの検閲は、多くの人々の洗脳に大きな役割を果たしました。BlockStreamとCoreには深刻な説明があります。
この計画に乗っていない残りの鉱山者、そしてまだ鉱山のレガシーBitcoinは、おそらく数時間に1ブロックまたは1日に1ブロックの速度で、難易度の高いチェーンを採掘したままにします。彼らの収益性は低下し、最終的に収益性を維持するためにBitcoin Cashに切り替える必要があります。BlockStream / Coreでは、ハードフォークを導入してProof of Workアルゴリズムを変更し、独自の新しい動的難易度調整アルゴリズムを追加するという劇的な計画が出てくることさえあります。しかしそれまでにはそれは遅すぎるでしょう。最大の累積作業証明はBitcoin Cashとなります。従来のBitcoinはもはやBitcoin名を運ぶことができません。BlockStream / Coreは、Bitcoin Goldフォークの背後にGPUマイニングを使用しているが、[ref]。
結論
任意の1 MBのブロックサイズキャップ、RBFおよびSegWitが除去された癌、また私たちの背後にあるBlockStream / Coreの毒性は、どこにもありません。これまでLegacy Bitcoinをサポートしていた商人は、わずかな努力で新しいチェーンの導入を劇的に増やすBitcoin Cashチェーンをサポートするために、ソフトウェアを調整する必要があります。Bitcoinフォークが1つのコインに統合されたことで、時価総額および他のクリプトカウドへの商人のサポートが廃止されます。ビットコイン現金になります支配的な通貨と私たちの採掘努力は十分に報われる。時価総額と価格が数週間以内にレガシーBitcoinを引き継ぐことを確認する必要があります。

この計画を有効にするには、私たち自身と私たちのすべての採掘プールのメンバーの間で、この計画を調整して配布するだけで十分です。私たちはブロック内の何かを伝える必要はなく、愚かな帽子を買うか、私たちのツイッターのプロフィールに不自然なタグを入れる必要はありません。革命は警告なしで来るでしょう。投資家、クジラ、およびユーザーは、この計画を影響力の領域に広げる手助けをするべきです。レガシーBitcoinを保持する際のリスクを人々が認識していることを確認してください。貴重なレガシーBitcoinのバッグをあなたの家族が持っていないことを確認してください。誰もが残りのレガシーBitcoinホールディングスを売却すると、実際のハッシュ・パワー・フリッピングの前に、Bitcoin Cashの価格に上向きの勢いが生まれます。実際のBitcoinは十分に割り引かれていますが、今は実際に買うのが良い時期です。

Bitcoinは人類にとって最も重要な発明の1つです。それを責任感を持って管理し、鉱業利益を奪うために検閲と分裂戦術を使用する有害な企業や開発者による企業買収を許可しないでください。永遠の警戒は自由の価格です。

-原文-

An open letter to Bitcoin and Bitcoin Cash miners from another miner
For Bitcoin to succeed and gain total market dominance there should only be one Bitcoin. For merchants it is too painful to have to support MasterCard, Visa, PayPal and then add additional cryptocurrencies as well each time a new one comes on the scene. This takes developer time and testing to support a new currency by adding frontend and backend payment processing, invoicing support and potentially additional infrastructure for point of sale merchants. No-one has time or money for that. The ideal scenario is a single Bitcoin cryptocurrency with global market acceptance. Not a new fork every month where everyone has to scramble to try support it. This wastes everyone’s time and also splits the market capital among several different forks of Bitcoin. The only winners in this scenario will be alternate cryptocurrencies.

From a mining perspective I just want to mine one coin and have that coin increase in value reliably over time. I do not want to have to split my mining efforts between the most profitable coin every hour and have to maintain two different wallets, keep track of the prices, try exchanging one coin for the other and so on. It’s too much drama. Why do we not just keep it simple. We need to investigate the contenders and decide on the best Bitcoin to invest our mining efforts into for safe, long term profitability and which is the best Bitcoin to finally destroy fiat currency.

The Bitcoin contenders
Legacy Bitcoin (BTC)
First let’s examine Legacy Bitcoin. This used to be the top cryptocurrency in terms of market acceptance and usability. Then in 2015 things changed for the worse. The network became congested, transactions took hours or days to get a single confirmation and the fees rose to unacceptable levels. Many merchants and services have had to drop support for Bitcoin because the fees make it unprofitable. Legacy Bitcoin has lost a lot of market cap from users looking to alternative cryptocurrencies which actually work properly. The madness has continued to this day with the current custodians of the Bitcoin Core GitHub code repository doing next to nothing to ease the congestion. The simplest option would have been to raise the block size cap from 1 MB that Satoshi Nakamoto originally added as a temporary measure to prevent spam transactions. However the company BlockStream, backed by insurance giant AXA[ref] which now has the majority of developers controlling the Core repository did not want that. They wanted to stifle on-chain capacity so they could force users and transactions into using their patented side chain called Lightning Network[ref]. Not to mention that the Lightning Network will abandon the original Bitcoin vision for a fully decentralised payment system[ref] and move to a system which is more like regular banks which can be controlled, regulated and censored[ref]. This is a disgusting hostile corporate takeover attempt of Bitcoin and the goal is to kill it off as a decentralised currency.

Blockstream and the Bitcoin core developers partnered with Theymos[ref], who administrates the BitcoinTalk forum, moderates the main /r/bitcoin subreddit and a few other sites. Together they enacted a massive censorship scheme to block any user from speaking out against BlockStream, the Core developers or discussing alternatives to BlockStream’s chosen scaling solution[ref]. Entire posts to this day continue to be deleted, users are banned, comments are deleted or in some cases hidden from view from everyone else which is unknown to the comment owner. This is all to futher the BlockStream agenda and hijack Bitcoin for their corporate gain, to stifle dissent and present an image of complete community consensus.

BlockStream and the Core developers have done a great deal of damage to Bitcoin especially in eroding Satoshi’s original design and utility:

Due to the constant high fees and network congestion, they introduced an anti-feature called Replace By Fee (RBF)[ref]. The aim of this was to allow users to pay a higher fee for transactions that were stuck and unconfirmed. This broke a critical feature called Zero-Conf which meant merchants could reliably accept a low value transaction with no confirmations as long as it was the first transaction seen on the network. Merchants could monitor key nodes around the network and reliably detect double spends with very good accuracy which allowed them to accept transactions with high confidence within 10 seconds and not have to wait minutes or hours for confirmations. Zero-Conf worked great for Brick and Mortar stores like buying your morning coffee. With the RBF feature, now users could pay for their goods, leave the store, then send the same transaction again but this time with a higher fee and send the amount back to their own wallet and rob the merchant in broad daylight. This feature robs Bitcoin of being a useful Point of Sale transaction mechanism.
Another anti-feature added by BlockStream/Core is called SegWit[ref][ref]. This attempts to solve a problem with transaction malleability but in reality this is a non-problem[ref][ref]. It’s a complicated mess and adds a lot of technical debt to the code[ref][ref]. The only real reason it was added was to help BlockStream and make their patented Lightning Network become a reality. But Lightning Network is still many months away[ref]. It’s the classic definition of vapourware. SegWit also introduces real security issues[ref][ref], none of which were present in the original design. There is a reason people are calling this a cancer on Bitcoin.
In summary, Legacy Bitcoin is no longer useful as a currency and has been taken over by the banking corporations in an attempt to kill off Bitcoin as we know it.

Bitcoin Cash (BCH)
Now let’s talk about a more positive option called Bitcoin Cash[ref]. Bitcoin Cash started as a clean hard fork of Bitcoin on August 1st 2017 at block 478,558. Everyone holding Bitcoin at the time received a 1:1 amount of Bitcoin Cash[ref]. Bitcoin Cash increased the block size limit to 8 MB allowing eight times the transaction throughput of Legacy Bitcoin. This means lower fees again (e.g. 1 Satoshi per byte) as the blocks are no longer arbitrarily constrained. The future roadmap is to scale on chain and there have been successful tests to scale to 1 GB blocks in future which would allow transaction processing similar to current Visa levels. Bitcoin Cash removed the anti-features RBF and SegWit, thus returning Bitcoin to the original design as per Satoshi’s whitepaper[ref] and making it actually useful for merchants and micro transactions again.

Where Bitcoin has one development team mostly controlled by a company BlockStream, Bitcoin Cash has 5 independent development teams working to make it the best cryptocurrency[ref]. It will never be taken over by a company again for their personal profits. For a decentralised cryptocurrency we need decentralised development as well to prevent corporate takeover. Bitcoin Cash is gaining in market share every day, currently in the number 3 or 4 spot for overall market cap[ref]. Merchant adoption is also increasing daily and being tracked at the Accept Bitcoin Cash Initiative[ref] website where users can also tweet to their favourite merchants asking them to support Bitcoin Cash if they do not already.

Bitcoin Cash also has an important feature called the Emergency Difficulty Adjustment (EDA) which prevents chain death in the event of a sudden loss of hash power on the network. This has already been triggered multiple times when hashpower has switched between Legacy Bitcoin and Bitcoin Cash repeatedly due to the short-term profitability differences. Legacy Bitcoin and its derivatives have this fatal flaw where if it loses too much hash power, transactions in the mempool will pile up, fees will raise to high levels and eventually everything stops working. Transactions won’t get confirmed for days, merchants can’t receive payments on time and eventually if this continues for a long perioid, the chain gets frozen in limbo forever[ref]. In the event of a real chain death, all investors, miners and users stand to lose their money. Bitcoin Cash is the only coin without this fatal flaw and the only one worth investing our mining efforts into if we do not wish to lose our money one day.

Bitcoin SegWit2X
Bitcoin SegWit2X does not exist yet, but this hard fork to the Legacy Bitcoin chain is scheduled to occur mid November 2017 at block height 494,784[ref]. This hard fork is due to occur because of the New York Agreement (NYA)[ref]which compromised to accept the cancerous SegWit feature in return for a 2 MB block size cap. Nobody is legally bound to follow through with the NYA, there are no financial penalties if miners decide to change their mind. It makes sense to review whether this agreement still makes sense. Currently it has over 84% mining support[ref] and tentative “let’s see what happens” support from exchanges, wallets and merchants. However notably absent from the signing of the agreement was the BlockStream/Core group. Using their control of various forums, the /r/bitcoin subreddit, Twitter and the bitcoin.org site they have been pushing a serious “No 2X” propaganda campaign[ref]. This includes disgusting behavious such as slandering, attacking and threatening various exchanges, merchants and users for supporting SegWit2X. They want to try kill this fork of Bitcoin before it begins so everyone stays stuck on their crippled 1 MB chain. Eventually if Lightning Network ever makes it they will suck out the revenue from Bitcoin miners into their own pockets.

The problem with SegWit2X is that it is no longer needed now that there is Bitcoin Cash. SegWit2X enables a very pathetic 2 MB upgrade to the blocksize which is essentially kicking the can (scaling problem) down the road a short distance. It still retains the anti-features RBF which makes it toxic for merchants and SegWit which reduces the security. Development is merely shifted to another single company headed by Jeff Garzik[ref] instead of Core. This does nothing for centralised development and merely fires the toxic BlockStream/Core developers. While firing Core is a good outcome, it does not guarantee that Core will not just upgrade the block size as well to maintain their install base and relevance.

Fortunately there is a sure way to fire the bad actors in control of Bitcoin and teach them a valuable lesson at the same time. This method will consolidate all the market cap back into a single Bitcoin which functions properly for the ecosystem, merchants and users while keeping development decentralised and retain wide industry support.

The action plan to consolidate the market cap back into one Bitcoin
Clearly the most obvious plan is to switch all our mining effort over to mining Bitcoin Cash, the only true Bitcoin as designed by Satoshi. However we must go about this in a coordinated fashion among all the mining pools for maximum effect:

Firstly we must get our mining equipment ready to switch to the Bitcoin Cash chain at a moment’s notice or the push of a button.
Secondly we need to switch to Bitcoin Cash mining before the SegWit2X hard fork in order to have a chance at killing this unnecessary fork off before it begins. The plan is to put all our mining power on the Legacy Bitcoin until the next regular (2016 block) difficulty adjustment at block 493,920[ref] which will occur on about November 10 / 11. This ensures that the difficulty adjustment will increase and be as punitive as possible. This will make it practically impossible for any remnant miners to try keep the chain alive. Ignore any emergency difficulty adjustments occurring on the Bitcoin Cash chain during this time and keep mining Legacy Bitcoin for this two week period. Some of us with auto-profit switching turned on will need to turn this off. There should be a minimum amount of mining effort going towards the Bitcoin Cash chain at this time just to keep it moving steadily. The majority of the mining effort should stay on the Legacy Bitcoin chain to push the difficulty up as much as possible so it cannot survive with reduced hashpower in the future.
Thirdly, before this upward difficulty adjustment has kicked in, send all your Legacy Bitcoin and recent mining profits to an exchange. This may take 3 or so confirmations to get there so put a reasonable fee on it. Mining pools still mining Legacy Bitcoin can include their own transactions before anyone else’s to make sure they get onto an exchange. Setup immediate sell orders to dump your coins on the exchange and buy up all Bitcoin Cash that you can. This will put downwards pressure on the price of Legacy Bitcoin and upwards pressure on the price of Bitcoin Cash. Users and large holders of Legacy Bitcoin (whales) can also help out here by selling off their Legacy Bitcoin for Bitcoin Cash over the next few weeks.
Finally, the most important part is when the upwards difficulty adjustment has occurred on Legacy Bitcoin this is the time to switch all our mining efforts to Bitcoin Cash. This means all mining pools or as many as possible. If you can’t switch it quickly, turn the miner off until you can. We want the Legacy Bitcoin chain to slow down and freeze up completely. It will have 2016 blocks to go at maximum difficulty and minimal hash power. Also keep the miners pointed at the Bitcoin Cash chain regardless of any temporary price and profitability fluctuations. Eventually over a week or two the price of Bitcoin will collapse once the realisation and panic sets in because no more transactions will be getting confirmed and the chain will be effectively crawling or frozen. Once Bitcoin Cash has the majority hash power it is only a matter of weeks until it reaches the highest cumulative proof of work[ref]. Once this happens Bitcoin Cash will rightfully be able to take the Bitcoin name and BTC ticker moving forward if desired. The corporate takeover of Bitcoin will be averted.
Effects and consequences
Let’s examine some of the effects for this plan of action:

Users that held Legacy Bitcoin at the moment of the Bitcoin Cash fork on August 1st 2017 will have the same amount of Bitcoin Cash and will lose nothing. This will be the majority of people. A fair amount of money is still locked up in exchanges like Coinbase.
Speculators and investors (or really we should call them gamblers), who have been buying into the Legacy Bitcoin over the past 2 months will lose their money if they do not sell their holdings over the next week or so. In reality they deserve to lose their money as they were buying into a worthless coin without doing their research. A store of value without any actual utility, or significantly degraded utility, is worthless. Legacy Bitcoin is terrible investment which shows they did not do their research at all. They were just buying into the hype and inflated price. A fool and their money are soon parted.
People who sold their Bitcoin Cash after the fork instead of sensibly holding both coins and waiting for the eventual outcome will also be left with nothing. This will teach them for not doing their research properly and believing BlockStream/Core propaganda.
The toxic BlockStream/Core developers, fanatics and their propaganda army which has been censoring discussion, trolling discussion forums, Reddit and Twitter will also be left holding bags of worthless SegWit coins. This will be a well deserved punishment for them. Censorship of forums and subreddits has played a big part in brainwashing many people. BlockStream and Core will have some serious explaining to do.
Any remaining miners not on board with this plan and still mining Legacy Bitcoin will be left mining a slow, high difficulty chain, perhaps at best 1 block every few hours or 1 block per day. Their profitability will sink and they will eventually need to switch to Bitcoin Cash to maintain profitability. BlockStream/Core may even come up with a drastic plan to introduce a hard fork to change the Proof of Work algorithm and add a new dynamic difficulty adjustment algorithm of their own. However by then it will be too late, the largest cumulative Proof of Work will be with Bitcoin Cash. Legacy Bitcoin will no longer be able to carry the Bitcoin name. BlockStream/Core may even try to throw their weight behind the Bitcoin Gold fork which uses GPU mining but with evidence of a 100,000 coin pre-mine and no software released so far it is essentially a scam coin[ref].
Conclusion
With the shackles of the arbitrary 1 MB block size cap, RBF and SegWit cancer removed, also BlockStream/Core toxicity behind us there is nowhere to go but up. Merchants that were previously supporting Legacy Bitcoin will only have to tweak their software to now support the surviving Bitcoin Cash chain which will increase adoption of the new chain dramatically with minimal effort. With the Bitcoin forks now consolidated into one coin it will stop shedding market cap and merchant support to other cryptocurrencies. Bitcoin Cash will be thedominant currency and our mining efforts will be fully rewarded. We should see the market cap and price take over Legacy Bitcoin’s within a few weeks.

To enable this plan we need only to coordinate and distribute this plan privately amongst ourselves and to all our mining pool members. We do not need to signal anything in the blocks, buy silly hats or put lame tags in our twitter profiles. The revolution will come with no warning. Investors, whales and users should help spread this plan in their spheres of influence. Make sure people are aware of the risks in holding Legacy Bitcoin. Make sure your family members are not left holding bags of worthless Legacy Bitcoin. With everyone selling off their remaining Legacy Bitcoin holdings, this will put upwards momentum on the price of Bitcoin Cash before the actual hash power flippening. Now is in fact a good time to buy in while the real Bitcoin is well discounted.

Bitcoin is one of the most important inventions for mankind. We must steward it responsibly and not allow a corporate takeover by toxic companies or developers that use censorship and divisive tactics in order to steal our mining profits for themselves. Eternal vigilance is the price of liberty.

更新日 July 29, 2018, 11:41 am

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。