ビットコインはダウ連動!?ダウは底を打ったか?リバウンドしきるのか?ゴールドマン・サックスの意見は?

ダウ先物CFD(OANDA)です。

ビットコインはダウ連動!?ダウは底を打ったか?リバウンドしきるのか?ゴールドマン・サックスの意見は?

2018-02-07

今まさに、悩んでいるという感じです。どっちにいくんでしょうかね。またいつもの23,24時頃の判断でしょうか??

わかりません。ただ、朝起きたアメリカさんが悩んで様子見をしているようです。

上げるようならここから上に伸びるんですが、、昨日は真上に一直線伸びていきました。

BTCは既に30%高騰している上にさらに真っ直ぐ天界に向かって突き進んでいます。ほんともう、焦りすぎですね。

少しは株の方も様子見ないと危険ですよ!

ゴールドマン・サックスのチーフストラテジスト、デービッド・コスティン氏は、『株式市場の調整はファンダメンタルズ主導というよりも、テクニカルやポジションの影響を受けたようだ』といったそうです。

まだ弾けるには早いぞ!ということのようです。なにかシストレのような高速の注文が連発したとかってニュースでやっていたような気がしたような、、、

たしかに、トレンドラインを見て一斉に売り出したか、、

という気もする。

しかし、1,2ヶ月はかかるという意見もありますし、GSが売り抜けたいから買うように言っていたりして、、と勘ぐったりしてしまいますね。

そして、GSは『今は買いのチャンスだ!』と言うのはまだまだいけるぞ。落ちるなよ!!ということのようである。ダウは底を打ったか?リバウンドしきるのか?

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-07/P3RDJV6JIJUO01?utm_content=japan&utm_campaign=socialflow-organic&utm_source=twitter&utm_medium=social&cmpid%3D=socialflow-twitter-japan

米国株、混乱一段落の今は買い時-ゴールドマンが分析

  • 米国株急落、テクニカルやポジションの影響をより受けた可能性
  • インフレ加速や金利上昇で景気敏感セクターに注目

時価総額で1兆ドル(約109兆4000億円)が吹き飛んだ米国株急落の混乱が一段落する中、ゴールドマン・サックス・グループのチーフストラテジスト、デービッド・コスティン氏は、今やるべき唯一のことは買うことだと主張する。

コスティン氏によると、売りを誘発した要因は一つではないが、企業が自社株買いを控えるブラックアウト期間とタイミングが重なった。この期間は従来から株式リターンが低下するという。税制改革に支えられた企業収益の伸びや強力な経済成長の下、米国株は上昇軌道に戻り得るとコスティン氏は予想。金融を含め景気敏感セクターに注目したほか、労務コストが低い企業を推奨している。

同氏は6日のリポートで、「株式市場の調整はファンダメンタルズ主導というよりも、テクニカルやポジションの影響を受けたようだ」と指摘。「株式市場の基礎的なドライバーは損なわれておらず、2018年末のS&P500種株価指数予想は2850を再確認する」と記した。

5日のS&P500種は2011年8月以来の下落率を記録。コスティン氏のチームの調査によると、過去データはS&P500種の調整時期がかなり後ずれしていたことを示唆している。S&P500種が最後に5%の下げを記録してから404営業日が経過しており、これはほぼ90年ぶりの長い間隔だと同氏は述べた。

更新日 July 30, 2018, 8:03 am

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。