ドテン君はなぜ『18時間』がマッチしたのか?

ドテン君はなぜ『18時間』がマッチしたのか?

ドテン君、またの名を『チャネルブレイクアウト(長さ:18、1時間足)』というボットが大流行です。

どこかの取引所のアプリみたいに有名になってしまいました。

商品開発において凄いことを成し遂げたんだと思います。

それはおいといて、

なぜ18なんだ????????????????

という疑問が出てきます。

他のチャートで見ても18ではまるとは限りません。

ではなぜBTCチャートにおいて18なのか?ということが疑問に感じます。

というより疑問なんて何もない、多分、誰かが解説されていると思いますが、

1時間足の18ローソク分つまり18時間での高値と安値がラインになるわけです。

つまり価格が大きく動く瞬間が18時間周期で起きているのではないかという仮説がわいてきます。

面倒なので検証も見ることもしません。ただ想像で書いているだけです。

でもBTCが時間的な傾向があることは以前から感じていました。

そういうことだと思います。

世界の主要ユーザーの都市の時差でしょう。

つまり通勤ラッシュの満員電車です。

時差通勤を推奨して分散しつつあるところへ、そこにさらに人をかき集めて集中させているような感じでしょうか?

するとどうなるか?電車が乗車率300%を超えて不慮の出来事でサーバー(電車)が止まる?もしくは、もうこんな満員電車なんか乗って会社行きたくないから降りるという人がでてくるでしょう。

もちろん、会社はいかなければなりませんが、BTCトレードはやらなくても平気です。

すると、通勤電車がドテン君だらけになってしまうかもしれませんね。

通勤は余裕を持った出発をお勧めします。

更新日 April 15, 2018, 11:47 am

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。