『トレードステーション』【ネット証券のマネックス証券に口座開設すると利用できるおすすめ!自動売買の株システムトレードソフト!】

『トレードステーション』【ネット証券のマネックス証券に口座開設すると利用できるおすすめ!自動売買の株システムトレードソフト!】

名称 トレードステーション(旧各称:トレードステーション2000i)
ツールの特徴 West Village Investment 株式会社より日本語版ソフトウェアが販売されていました。

現在はマネックス証券が提供しています。マネックス証券で無料で利用できるシステムトレードツールとなっています。

収益性 ストラテジーによる
価格 無料
強み、メリット 世界標準的なシストレソフトであるということです。
備考、説明 2017年時点で国内の証券会社で株システムトレードツール単独で自動売買できるのはトレードステーションのみとなっています。

以前のトレードステーション2000iです。税込 257,040円でした。

マネックス証券に口座開設すると利用できるおすすめの自動売買ツール!

「マネックス証券の証券総合取引口座をお持ちのお客様は、トレードステーション利用契約手続きを行うことにより口座開設トレードステーションを利用いただくことが可能です。」

https://info.monex.co.jp/ts-support-info/faq/servicesetc/rules/faq30002.htmlより

このサービスにより利用者はストラテジーを手に入れればマネックス証券の口座で自動売買を行うことができるようになりました。

おすすめのチャートソフトは?

TradingView(トレーディングビュー)がネットがつながる場所ならスマホでもPCからでも利用できてとても便利です。世界中のマーケットに接続できる優れものです。パインスクリプト(Pine script)言語を覚えれば自由自在にインジケーター、ストラテジーを作ることができます。

世界中の人が作ったインジケーターやストラテジーがコミュニティ内で無料で共有されていることが一番のメリットだと思います。広告が表示されますが無料で使用することができます。広告が邪魔なときや保存するチャートの数を

ダウ平均におすすめのチャート

『ダウ平均におすすめのチャート』

ダウ平均株価(Dow Jones Industrial Average)にTradingViewのインジケータを適用したところいい感じの売買サインが表示されました。今後もうまくいくとは限りませんが指標の1つとして人気のインジケーターを適用してみると何かわかるかもしれません。

日経225におすすめのチャート

『日経225におすすめのチャート』

日経225のチャートだけでも証券会社の商品ごとに沢山のチャートを表示させることができます。他の日経225のチャートを見ると何かトレードのヒントが浮かぶかもしれません。無料で共有されているストラテジーを適用してもうまくフィットします。

FXにおすすめのチャート

『FXにおすすめのチャート』

FX用のストラテジーは世界の人が利用しますので良質なものが共有されています。TradingViewコミュニティーで人気のストラテジーを選ぶと成績がいいものが上位になっているようです。シグナルと同じようにトレードすることは難しいかもしれませんがFX会社を探してみるとよいかもしれません。

ビットコインにおすすめのチャート

『ビットコインにおすすめのチャート』

TradingViewの世界のマーケットのチャートを表示する機能とビットコインなどの世界を自在にトレードできる暗号資産がうまくマッチして普及したと思います。あらゆるチャートが表示できて重宝します。売買サインは値動きの変化が激しいので短期間のうちに修正しないと良い結果にすることは難しかったです。相場が安定していればいいものがあるかもしれません。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ(格安SIM)は?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

No.2 LINEモバイル(ラインモバイル)

『LINEモバイル(ラインモバイル)』

LINEの普及はスマホを持っているのにLINEを使っていないのは勿体無いということで驚くほどの勢いで普及しました。

データ通信を使って無料通話という新しい技術を日本に根付かせたLINEが提供する格安スマホサービスです。

送ったメッセージが消せない、若年層が犯罪に巻き込まれるケースなど問題もありますが、LINEのメッセージのやりとりを超える利便性は今のところ他のアプリにはありません。

LINEで使う通信量を優遇する通信料金になっています。

No.3 『UQモバイル(UQ mobile)』

『UQモバイル(UQ mobile)』

株式会社Link Lifeがサービスを提供する格安スマホ(格安SIM)サービスです。月額1,980円(1年間・税別)から利用できるプランがあります。端末代無料のプランも用意されています。

No.4 J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)

『 J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)』

株式会社ジュピターテレコムがサービスを提供する格安スマホ(格安SIM)サービスです。端末を用意すれば月額980円から利用できます。

更新日 June 14, 2019, 11:13 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.