儲かってないけど、タックスヘブンの海外に行って会社でも作らなきゃ駄目なのかな?日本の税制じゃ。。

儲かってないけど、タックスヘブンの海外に行って会社でも作らなきゃ駄目なのかな?日本の税制じゃ。。

さすがにトレード利益の半分持ってかれたら、、、 手数料だって0.1%とかをケチって頑張ったのに、これ50%持っていくって言われたら、どんだけ暴利の業者だよ!ってなります。 全額、民間年金払いまくっても余るでしょうし、将来的に儲かるはずがないわけで、、、 それより、その1取引とかをみたり、BTCで持っていても全く価値なんて未定なんですから、そもそも、通貨と認めてないんですから、、、現金として銀行口座へ引き出したときだけ課税のはずでしょう。 あと、会社員が副業しちゃいけないってのがあって、個人事業主や会社設立できないとかでこうなるのか、、 だけど、それでも払うのが嫌になるっていうのが国民の総意でしょう。。。 だから儲かった人は、海外に会社作ってしまいますよ。ほんとどうにかしてよ。 来年からちゃんとしてください。政府さま。 今年は儲からなかったので、、ある意味、ちょうどいいかなと思ったりもします。税金の心配がいりません。 世間的には今年儲かった人は沢山います。それで、50%税金とかってほんと涙もかれてしまいますね。。。 Wikiによると、、、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%B3より
2007年版タックス・ヘイヴン指定地域

良く知られているタックス・ヘイブンの場所[編集]

代表的な場所としては、イギリスケイマン諸島バージン諸島といったカリブ海島国が挙げられる。なお、ケイマン諸島の外国資本企業法人税減免システムは、実は宗主国イギリスであるシティ・オブ・ロンドンの課税システムを「そのまま導入した」ことに由来する[6][7]
アメリカ合衆国デラウェア州も「租税回避地」として広く知られている。人間の居住者よりも多くの企業(公開・非公開)が存在しており、2016年4月の集計では、人口89万7934人に対し、企業数は94万5326社も存在し「法人税制やLLCの税制から判断すると、世界最悪のタックス・ヘイヴンである」とニューズウィークが指摘している[8]
デラウェア州が租税回避地になったのは19世紀末で、州は1社あたり年300ドルを得て、約4割がペーパーカンパニー立地に絡む歳入である[9]。デラウェア州ウィルミントン市北オレンジ通り1209番地にある2階建てのビルに31万社が存在し[10]、ペーパーカンパニーの代表名義弁護士等が多く、設立に実質所有者の情報は不要で州も把握できず、秘匿性が高い[9]

資金洗浄とタックス・ヘイブン[編集]

さらに、一部のタックス・ヘイヴンには、本国からの取締りが困難だという点に目を付けた悪質な利用の対象となる場合がある。例として麻薬武器取引などの犯罪・テロリズム行為のための資金を隠匿する場所として、暴力団マフィアの資金や第三国からの資金が大量に流入しているといわれている(マネーロンダリング)。2007年世界金融危機では、金融取引実態が把握しにくいことが災いし損失額が不明瞭化、状況の悪化を助長したとして批判されている。
悪いことはいけません!!! マネロンがクリプトの弊害だっていうんですが、今Dash、XMR、ZEC上がっていますし、匿名系通貨などはこういう悪いことするためにあるんじゃないですということを忘れないでください! こちらの方のサイトが詳しいですね。
タックスヘイブンとは?日本人とパナマ文書の関係や仕組みを解説!
パナマ文書ですか、、興味もなかったですけど、これを機会に調べてみることにしますか。。。 まあ、どこに住みたいか?って言われたら、やっぱシンガポールかな??? モナコじゃ、物価が高すぎて節税した分無駄になりそうですし、なにより、シンガポールは近いのが良いです。 香港は第二候補ですね。 あーあ、パスポート作らなきゃ。。

いや、焦るな!政府が日本を税金安くして、金融の投資を呼び込むとか言ってたな。。。

金持ちを引き止めるためのフェイクかな? ほんとにシンガポール並みにしてくれたら、日本も変わるけど、できるわけがないわけで、、やっぱりダメだ。期待はしないほうがいい。

更新日 November 26, 2017, 5:26 pm

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。