『ビットコイン ショートスクイーズか?』【売り注文が過去最高付近Bitfinex】2018.8

『ビットコイン ショートスクイーズか?』【売り注文が過去最高付近Bitfinex】2018.8

BTC/JPY 1時間足 コインチェック 現物

ショートスクイーズ

ショートスクイズ(ショートスクウィーズ)は、マーケット(市場)が売り持ち(ショートポジション)に傾いている時に、大きく買いを仕掛けることで、相場を高めに誘導することをいいます。

iFinanceより

コインテレグラフの記事によりますと、

「ビットコインの売り注文が過去最高付近=仮想通貨取引所ビットフィネックス」

「4月12日に付けた過去最高の4万719との差がなくなってきている」

ということになっているそうです。

「過去にはショートスクイズによって24時間でビットコイン価格が16%以上も上昇したことがある」

ということがあったと伝えています。

さすがに16%は尋常じゃないですね。

今回はショートが揃っているようでおそらくは、ビットコインETFの承認期限ということが原因となっているのかもしれません。

今後どうなるのでしょう?

ショート狩りによって狩られて多少は落ちなくなるのでしょうか?

それにしても、もしも、これがあと9月いっぱい続くとしたら気が滅入ってしまいます。

しかし、ショートだと思ったら今度はショート狩りって?

ロングもショートも落ち着ける場はないのでしょうか?本当に難易度MAXというかんじです。

Bitfinexは3.3倍くらいのレバレッジだったはずです。16%だとその時点で入った人までギリギリ狩り取れるくらいでしょうか?

どうしてこんなに相場が簡単に動いてしまうのでしょうか。

これがETF承認への問題となっているというわけです。

*相場が今後どうなるかはわかりません。投資はご自身の判断でお願いします。

更新日 October 14, 2018, 11:10 am

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.