ゴールドマン・サックス・グループの投資調査世界責任者が『大半の仮想通貨は価値ゼロに、生き残る通貨少ない』と言った!?やりすぎだろ?

ゴールドマン・サックス・グループの投資調査世界責任者が『大半の仮想通貨は価値ゼロに、生き残る通貨少ない』と言った!?やりすぎだろ?

今日の16時過ぎです。日本時間のです。

(ただのファンドの下げ材料です!めげずにがんばりましょう!)

大半の仮想通貨は価値ゼロに、生き残る通貨少ない??????????

まあ、分かっていたことですが、、辛いですね。

『いつか?』という日付は言わなかったという。。

そして、BTC連動が問題でそのせいで大半の仮想通貨の価値が0になるかもしれない。。。

っていった。。

(心の声)

『それって、あのー、BTCが0になるって意味ですか??』

『そうですよね?いや、いいです。分かりました。。』

しかし、落ち込みますね。。。。

アメリカは明日からこれを読むでしょう。日本は気にせず爆上げ!とかいって喜んでいます。

ダウ追従もきつくなってきそうです。GSのかなり偉い感じの人が言う言葉か??という気もしますが、

はっきりと言ってしまっています。

これを読んだアメリカの人は明日、、、、、

ということになるかもしれませんね。

投資は自己判断でお願いします。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-07/P3RQZ56S972801より

大半の仮想通貨は価値ゼロに、生き残る通貨少ない-ゴールドマン

From
  • 大半の仮想通貨は現在のままの形で生き残ることはないだろう
  • 最近の変動はバブルを示唆、異なる仮想通貨間の高い相関に不安

仮想通貨市場では過去1カ月に5000億ドル(約54兆5000億円)近くが失われたが、事態はさらに悪くなるとの予想をゴールドマン・サックス・グループの投資調査世界責任者、スティーブ・ストロンギン氏が示した。

同氏は5日のリポートで、大半の仮想通貨は現在のままの形で生き残ることはないだろうとし、将来は少数の通貨に置き換えられ、全ての価値を失う公算が大きいとの見方を示した。

既存の仮想通貨がいつ価値を失うかには触れなかったが、最近の変動はバブルを示唆しているし、異なる通貨が同じ方向に動く傾向は合理的でないと分析した。

「異なる仮想通貨間の高い相関を不安に感じる。内在的な価値を持たないため、生き残れない通貨の価値はゼロになる公算が極めて大きい」と記述した。

今日の仮想通貨は取引にかかる時間の長さ、安全性の問題、高い維持コストのために長期的に存続することが難しいと指摘した。

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.