*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

キュウリの苗の植え方 – 住まいと暮らしのサプリ

キュウリの苗の植え方

キュウリの苗の植え方

きゅうりの苗は保温して植える

苗を植える時は、地面、土の方は普通の野菜類と同じ感覚でよく、特に気を使うこともありません。

ただ、野菜ごとの土というのが売られていて、キュウリの土というのがあれば面白いですが、トマトの土というのは売られていても、キュウリの土というのはないのではないでしょうか?

もしあったとしたら、成分は一応、カリ多めになるのかもしれません。

土質は水持ちが欲根張りがいい、、そんな贅沢なものは人工的に作るのも難しいので、本当は、吸水性のポリマーを固めたものをつぶ状にしたものがいいのかもしれません。

普通は赤玉土がそれにあたり、水を吸収していて、粒と粒の間に空間ができて隙間が多いので根張りが良くなります。

地面に植える場合は赤玉土は意味がないのであまり使いません。代わりに堆肥を入れて、微生物を増やして、土をつぶ状の固まりにするのがいいようです。 団粒構造の土などと言われています。たしかに、よく栄養分が入った地面を掘り起こしてみると、匂いはなく、土の中に若干の有機物とつぶ状になった土があるというのが分かります。

そういう状態であれば特に問題はなく育てられるようです。よく、水はけ改善に畑に砂を大量に入れたりするそうです。

それはそうと、まずは大事なのは保温です。

地面を保温するにはマルチ、植木鉢は冷えがちです。実は、保温が可能な発泡スチロール箱などはいいのです。もちろん、底に穴を幾つかあけることが必要です。

堆肥、元肥を混ぜてから、マルチをはってしばらく放置します。これで太陽熱であったまるのと、石灰などの物質が緩和されて根を痛めなくなるのでいいようです。

時間があまりないと、石灰もまかずに元肥だけ入れてあとはマルチをはって植えてしまいます。

マルチは保水も微妙にしてくれるようです。しかし、効果は保温であって、保水とはいかないようです。

保水してくれそうですが、実際には微妙です。マルチをはると根は浅く伸びていきます。そのため、マルチの上には決して乗ってはいけないそうです。

そういうこともあり、マルチが無い方が深く根を張るので保水問題は、どっちもどっちなんでしょうが、一応、若干の日照りには対応できるようです。

今はそれよりも保温なので、できることは全てやります。マルチ+ビニールの覆いをします。完全に密封すると、一日の晴れで茹で上がります。上部は開けて おかないといけません。

 

きゅうりに適した環境は日当たりがよくて水分が保てるところ!不動産売却査定サイトで!

きゅうりは日陰でもよく育ちます。庭先のガーデニングでもよく育ちます。むしろマンションのプランター栽培の方が厳しいです。

水分がないとだめなのでじめじめした所がいい感じです。

そういうじめじめしたところでも確かに育ちます。

ですが、やはり日当たりのいいところの方がおいしいです。

ですが、家の外壁にコケが生えてしまうような場所でも育つのです。

これは凄いことです。日本の環境に合わせて品種改良されたからです。

外壁にコケが生えている場合は外壁塗装をするくらいでしょう。いい塗料を使えばコケは生えなくなります。外壁塗装の見積もりを頼んでいくらかかるか調べてもいいでしょう。

業者が外壁塗装をする前に高圧洗浄機で洗浄してから塗装します。

自分でやらないほうがいいです。塗装がはがれてしまいます。

 

 

 



-お得に節約できる情報やニュースを配信-
友だち追加
-PR-