キャッシュレス取引所【キャシュレスポイントを株のようにトレードできたら?】

キャッシュレス決済に興味を持っている各社はどこも暗号資産による決済を狙っているようですが、その流れでキャッシュレス決済などで得られたポイントを各社共通で利用することができないとなると、取引所でトレードするビジネスが生まれると思われます。

現在でも似たような感じだと思います。

暗号資産は無数の小さいベンチャー企業が各社作り出したポイントサービスのようなイメージです。ただ、世界のどこかでどうなっているかもわからない会社のポイントサービスのポイントを前もって買って持っておくというのは少し途方もないかもしれません。

しかし、実体が見えている楽天ポイントやSUICAにチャージされた金額、カメラ屋さんのポイントが同様に取引所でトレードできればこれは、そのブランドの価値を表したリアルな価格が付けられていくでしょう。

価格は会社のサービスやポイントで買える商品の充実度合いによって決まってきます。

そうなると、ある会社のポイントAはB社のポイントのポイントAの半分の価値しか無いこともありえます。

もはや、株、証券、為替かのようになっていきます。

これってもう政府が制御不可能な領域に突入してしまうような気がします。

  • ポイントをトレードしたときの売却益の税金
  • ポイントは証券に当たらないのか?
  • ポイントが盗難、ハッキングされたら?

トレードの場は暗号資産取引所がちょうどいいと思います。

日本だけでトレードできればいいと思いますので日本の取引所だけを使うようにしている国の方針とマッチすると思われます。

税金に関しては今のままでは不便すぎます。

ポイントが証券に当たらないか?というのは難しいのでスルーすると思います。

ハッキングはもう困った問題です。

しかし、ポイントを発行するのは民間の会社ですので盗難されたポイントを無効にして、新たにポイントを発行して保証してあげればいいと思います。

問題は、

  • 流通量の少ないポイントが価格操作されやすい。→結果的に株価に影響を与えてしまう。
  • 無数のポイントが登場してカオス化する。

といったことがすぐに思い浮かびます。

こういうのも景気を熱くするにはいいことだと思いますので、思い切ってやってみて欲しいものです。

でも、熱くなるでしょうね。

  • 実際に使えるものですし、
  • 若者が興味があることですし、
  • 実際に価値があるものですし、
  • 手軽なものですし、
  • トレードする金額が小さくていい。

これを始めたらもうみんなが株よりポイントに走ってしまうことは大いに考えられます。

ポイントは他社と交換できないことがポイントだったわけです。

といっても金券ショップがそれに近いことを行っていて、ポイントとはいいませんが金券などは交換できるわけです。

ただ、流動性はデジタルのように高くありません。

現在では楽天カードを使ってためた楽天ポイントを楽天証券で投資に回せるというのが最もキャッシュレス化している事例だと思われます。

更新日 March 19, 2019, 7:08 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーアプリ』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や引用元の情報は正確でない場合もございます。こちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承ください。

All Rights Reserved.