『まさか暗号資産の現物資産の送金・交換の禁止?ビットコインや暗号資産のFXは要らないんじゃないのか?』【FX口座に戻った方が賢明?】

『まさか暗号資産の現物資産の送金・交換の禁止?ビットコインや暗号資産のFXは要らないんじゃないのか?』【FX口座に戻った方が賢明?】

2018-06-05

もはや外為FXは現物に触れることのない、

USD/円といいつつ大量に買い漁っても決して所有感を得ることはないものである!

ビットコインは現物があって触れる?というか使うことができる。

しかしこれを触れなくしたいようで、それならもう外為FXだけで十分だという未来もある気がします。

どのみち取引所は国内しか利用できなくなってしまいそうですし、分離課税とか言っているなら、BTCFXやアルトコインFXなどは投機なものなのでおすすめのFX自動売買にあるFX会社に戻って仮想通貨は少量のみ現物としたほうが無難ではないかと思われます。

お得なキャンペーンが外国為替証拠金取引(FX)で行われています。

どっちかというと外国為替FXの方が仮想通貨より盛り上がっている感じがします。

株→FX→仮想通貨

と進化してきたわけですが、求めているのは投機であって機能ではなかったということです。

さらに悪い予想では、

『日本限定でビットコインや仮想通貨の現物資産の送金・交換の制限』という事態でしょう。

つまり、むしろ現物の方を無くしてしまえっていう発想ですね。

そうしたら分離課税にしてあげてもいいよということがあるかもしれません。。

これって、よくFUDニュースに出てきた『大国で仮想通貨禁止!』というアレのことですよね?

『うちの国民は交換禁止!』っていうものです。

  1. FXだけならやってもいいよ!
  2. それならハッキングされる心配もない!
  3. 海外へ送金されてマネロンされることもない!
  4. 税金逃れもできない!
  5. 外為法も守れる!

たしかに管理面からいけばこの方が楽だと分かります。

今年のうちに使われるようにならないとこういうことにもなりかねません。

早いとこ実用化されて欲しいものです。

しかし、現実はもっと残酷であった。。。

https://www.mof.go.jp/international_policy/gaitame_kawase/gaitame/recent_revised/gaitamehou_20180518_1.pdf

先立って発表されていた3000万円を超える額の仮想通貨を外国とやりとりしたときには財務大臣への報告の義務が生じるという、、、

なんとなく、、聞いていましたけど、現金なら当然だし、たしかにこれは仕方ないかな、、それにそんな大金持ってないし!

関係ないや!なんて思っている人が99%だと思うのでスルーされてると思うんですが、これが実は政府の大方の方針を把握できるものだと思うのです。

  1. 名目上のルールができた!
  2. 本気でアービトラージをやっている人はたまったもんじゃない!
  3. 役所は仮想通貨じゃ移動されても把握できないと主張する!
  4. それならいっその事、全部の仮想通貨を海外と送金できなくしたらいいんじゃない?
  5. ブロックチェーンの利用を制限することは物理的にできない!
  6. まずは海外の取引所に日本居住者に使わせるなと警告を発する!
  7. 言うことを聞いた取引所が日本居住の取引を停止していく。
  8. 日本から取引可能な取引所はオフショアの島に残った所だけ。
  9. そういう取引所は警告を発しても聞かない!
  10. 日本の取引所で送金を拒否するように指示を出せばいい!
  11. DEXがあるから平気だというのは法を犯す覚悟があるのか?

もうどっちでもいい気がしてきました。。。海外で草コインはリスキーかもしれませんね。

まあ、元からリスクを覚悟してやっていると思いますのでそこは影響はないと思います。

おそらく、BTCFXなどをこれから海外の取引所で利用する人はどんどん減っていくことになると思います。でも国内は追証が怖いし、、儲かっても税金が高いし、、システムが重いし、、

そうなると、外国為替FX日経225先物海外株やダウ、商品先物のCFDなどの商品に移行する人が増えるんじゃないでしょうか???

そんな気がします。

なんだかつまらないですね。。。

でも元からすでに日本では投資熱なんて減りまくっていたと思います。このビットコインの件で余計に冷え込むんじゃないでしょうか???

なんだかそうなると、政府の取り組みが裏目に出ている気がします。。。

とりあえず、日本株にショートしとくのが賢明なのでしょうか。

悲しいところです。

キャッシュレスにおすすめのカードは?

ポイント還元率が最高になるキャッシュレスを選ぶか、普段遣いの利便性のキャッシュレスを選ぶか?両方を使い分けて小さい金額ではスイカを使い、大きな金額ではキャッシュレスアプリとクレジットカードを使い、通販では楽天カードとキャンペーンを使って最大限効率化してお得な買い物をおこなってください。

No.1 楽天カード

『楽天カード』

人気No.1のクレジットカードといわれるくらいに人気のある楽天カードですが楽天ペイと併せて利用することによりキャッシュバックの還元率が最大になります。楽天市場でお買い物をする方はもちろんのこと、日常生活でも便利な年会費無料のクレジットカードです。

No.2 イオンSuicaカード

『イオンSuicaカード』

イオン系列の小型店舗「まいばすけっと」を利用している方にはWAONのポイントカードとスイカ(Suica)が利用できるのでおすすめです。

No.3 セゾンビジネスカード

『セゾンビジネスカード』

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがサービスを提供する法人向けクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で個人事業主も利用できる人気No.1のビジネスカードです。

キャッシュレスにおすすめの格安スマホ(格安SIM)は?

キャッシュレス決済のQRコード決済などのPayアプリで支払う場合にはスマホが必要になってきます。これからキャッシュレス決済のためにスマホを購入しようとしている方は格安スマホ+格安SIMのセットで格安でお得に使用できるスマホがおすすめです。

No.1 楽天モバイル

『楽天モバイル』

格安スマホ、格安SIMだけでなく通常のスマホ回線も契約することができるスマホ会社です。人気はとても高く混雑している時期もありましたが回線を確保していっているので徐々にストレスなく快適に利用できるようになりつつあります。

No.2 LINEモバイル(ラインモバイル)

『LINEモバイル(ラインモバイル)』

LINEの普及はスマホを持っているのにLINEを使っていないのは勿体無いということで驚くほどの勢いで普及しました。

データ通信を使って無料通話という新しい技術を日本に根付かせたLINEが提供する格安スマホサービスです。

送ったメッセージが消せない、若年層が犯罪に巻き込まれるケースなど問題もありますが、LINEのメッセージのやりとりを超える利便性は今のところ他のアプリにはありません。

LINEで使う通信量を優遇する通信料金になっています。

更新日 June 12, 2019, 9:51 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.