【毎日使うスキンケア化粧品を選ぶのがお得】主婦や女性におすすめのふるさと納税サイト人気ランキング!口コミ、評判は?【iPhone、Android】

住民税の納付先を『ふるさと寄付金』という仕組みを使って事実上自分で選択できるようになりました。

これによって現在の居住地以外の地域へ納税し、そのお礼として『お礼の品』が届くようになっています。届く時期は少し後になるもの多いのですが、品物は様々な種類があり、その地域特産の食品はもちろん他にも様々な『お礼の品』が用意されています。

これにより都市部の住民税の税収が足りなくなることも危惧されていますが、現在はほとんどの人が地方から都市部へ移住してきて会社員として働いています。自分の出身地や地方の財政の方がずっと厳しい状況なので都市部の一部の税金でも地方にとっては大きなものです。

また、食品の特産物の『お礼の品』は初めて食べてその美味しさに気がついてもう少し食べるために再度同じものをインターネット通販で注文してしまうこともあります。

これにより地方の財政の支援と地方の企業の売上アップに確実につながる効果がありますので、どんな補助金よりも効果的です。

その地域の特産品やサービスは地元企業の今後のビジネスの成長につながります。

何よりも納税で楽しい気分になれるというのが画期的すぎます!

詳しくはWikipediaを御覧ください。

*年間の限度額や税務署への手続きも必要ですので公的機関の情報もあわせてご確認して下さい。

主婦や女性におすすめのふるさと納税サイト人気ランキング!

ふるさと納税の申し込みは、現在いくつかある『ふるさと納税サイト』から申し込むことができます。

各『ふるさと納税』サイトごとに掲載されている自治体・『お礼品』が異なります。そのため各サイトを見て比較するメリットがあります。

対象の地域と金額とお礼品を確認することができます。

どの地域が人気か分かるようなランキングもあります。自分の好みのお礼品を選んで申し込んでみましょう!

  • さとふる・・・定番、品揃え豊富!
  • ふるり・・・マグロ1本、珍しい品もあり!
  • ふるサポーターズ・・・面倒なのがいや!?自動の返礼品配送サービス!
  • ふるさとプレミアム・・・ディスプレイ、宝飾品、豪華な返礼品!
  • 楽天ふるさと納税・・・ずるいほど充実!口コミ、評価あり。膨大な品揃え。
  • ふるさと納税.com・・・羅臼の特産品、宿泊プランあり!
  • noma-style.com・・・雑貨が好きで気に入ったものがあれば!
  • F-STYLE・・・雑貨が好きで気に入ったものがあれば!

さとふる

  • 『さとふる』
  • 運営会社:株式会社さとふる
  • おすすめ度:9/10
  • 特徴:株式会社さとふるが運営する『さとふる』は3万件以上のお礼品がリストアップされています。サイトでは定期便という特集で複数回にわけてお礼品が届くものを探すこともできます。人気のお礼品の自治体はすぐに品切れになってしまいます。
    また、サイトでは税金の控除額シミュレーションを行うことができます。

ふるサポーターズ

  • 『ふるサポーターズ』
  • 運営会社: アイテックソリューションズ株式会社
  • おすすめ度:9/10
  • 特徴:ふるさと納税の返礼品選びは面倒くさいけれど、お得に楽に節約したい方におすすめのサービスです。一度申し込んだらもうあとは自動的に決まった返礼品が送られてきます。お米などのように毎日使うものは無駄になりません。今なら返礼品はとても希少な「魚沼産コシヒカリ」です。Amazonギフト券が3%分プレゼントされるキャンペーンも開催中です。

ふるなび

  • 『ふるなび』
  • 運営会社:株式会社アイモバイル
  • おすすめ度:9/10
  • 特徴:株式会社アイモバイルが運営する『ふるなび』は家電に強いと評判のふるさと納税サイトです。レビュー投稿するとamazonギフト券500円分を貰うことができます。返礼品のamazonギフト券はありません。「ふるなびクラウドファンディング」ではプロジェクトを指定して寄付することができます。

ふるさとプレミアム

  • 『ふるさとプレミアム』
  • 運営会社:株式会社ユニメディア
  • おすすめ度:8/10
  • 特徴:『家電』というカテゴリがあるのは『ふるさとプレミアム』だけといっていいです。長野県飯山市の3万円超えの液晶ディスプレイが6万5千円の寄付金のお礼品になっていて話題になったことがありました。ダイヤや真珠のアクセサリーのお礼品の掲載もあり大変注目のサイトです。
    また、特集が充実していて『親子で楽しめる体験型ツアー・プラン特集』や『ふるさとプレミアム:ポイント対応クレジットカード会社一覧』などといったお得な情報を見つけやすくなっています。

ふるり

  • 『ふるり』
  • 運営会社:株式会社MLJ
  • おすすめ度:7/10
  • 特徴:目を引くのはその地域の特色を出している美しい写真と解説です。寄付をお礼品からではなく、寄付のコンセプトから説明している所が特徴的です。そこの魅力を十分に解説して寄付するボタンを押してからお礼品を選択するという構成になっています。お礼品は『高級牛肉』が目立ちますが、『三崎港水揚げの天然まぐろ(約60kg)一本分』というお礼品は他では見られません。

楽天ふるさと納税

  • 『楽天ふるさと納税』
  • 運営会社:楽天株式会社
  • おすすめ度:7/10
  • 特徴:まるで楽天市場かと思うほどの品揃えとなっています。若干反則気味な気もしますが、楽天市場の中に『楽天ふるさと納税』というコーナーを作っていてそこから、ふるさと納税の処理を行うことができるようになっています。一般的な商品が多い気がします。楽天ポイントの付与、利用も可能で最大の集客効果が期待できる楽天市場に出店できることもあってか参加している自治体の数は非常に多くなっています。このふるさと納税の売上だけでも相当な規模になっていると思われます。お礼の品の口コミ、評価が楽天市場さながらに見れるので最高の品を選べることでしょう。おすすめ度としては『平凡かな』という感じです。楽天カードとあわせて利用することでお得度がアップするでしょう。

ふるさと納税.com

  • 『ふるさと納税.com』
  • 運営会社:株式会社DYM
  • おすすめ度:6/10
  • 特徴:北海道の海産物を中心に羅臼への宿泊プランや体験ツアーなどがお礼品にあります。

noma-style.com

  • 『noma-style.com』
  • 運営会社:株式会社noma-style
  • おすすめ度:5/10
  • 特徴:南相馬市を応援する株式会社noma-styleによる『ふるさと納税』サイトです。このサイトの特徴はファッション、アパレル系のグッズ、雑貨をお礼品としている自治体を集めていることです。雑貨屋さんのようなサイトの中から好みのグッズを探してみて下さい。(現在はふるさと納税を受け付けていません。)

F-STYLE

  • 『F-STYLE』
  • 運営会社:株式会社noma-style
  • おすすめ度:5/10
  • 特徴:前述の南相馬市を応援する株式会社noma-styleによるサイトです。同じファッション、雑貨のお礼品を集めていますが、若干内容が異なるようです。(現在はふるさと納税を受け付けていません。)

返礼品の割合上限が3割までに!

2019年6月1日からふるさと納税制度の法改正により「御礼の品の返礼割合が3割まで」になりました。

話題となったamazonギフト券などのように返礼品があまりに高くなってしまうのはいけないというルールができました。

他にも改正されました。

「お礼の品はその地域の生産物、製造物などに限る」ということです。さすがに金券のようなものを配るのはよくありません。また、違う場所で採れた海産物を返礼品としてもその地域の活性化に役立てる可能性が少なくなってしまいます。

東京都庁、大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町は対象外へ

総務大臣により「ふるさと納税の対象となる団体」として指定を受けた地域が対象となります。指定外の地域となった自治体への寄付は控除されませんのでご注意下さい。基本的にはふるさと納税サイトで管理して対象ではない自治体は選べないようになっているはずです。

これからも変更が入れ替わり起きると予測されます。

法律もいつまでも同じということはないですので制度が変わっていくことも考えられます。

女性におすすめな化粧品の返礼品!

女性におすすめの「さとふる」や「ふるなび」では返礼品に「化粧品」が結構あります。

ここで普段使ってみたいけど買う勇気が出ないというようなものを選んでみてはいかがでしょう?

トライアルセットにあるような1週間分のものではなく、ちゃんと一定期間使用できる1万円近い製品が返礼品になっています。

トライアルセットがない化粧品で気になっているものや、1ヶ月から数ヶ月くらい使ってみよう、贅沢をしようというときに選んでみるのもいいかもしれません。

iPhoneやiPadやMacBookが返礼品の自治体はどこ?

少し前までは法改正前だったこともあってiPadもあったのですが、産地のものではないものは返礼品にできないことになりました。

家電に強い「ふるなび」で「iPad」や「iPhone」や「MacBook」と探しても見つかりません。

Apple製品に接続できるイヤホンやキーボードなら製造している自治体があるようで見つかりました。

カメラ部品などのパーツを作っていてもそれだけを返礼品として貰うことはできないということでしょう。

かなり前は液晶ディスプレイが欲しいという方が多くて液晶ディスプレイを返礼品にしている自治体が大注目されていましたが、今はApple製品が人気で欲しいという人がとても多いようです。しかし、産地が日本のApple製品なんてあるのでしょうか?

自転車が返礼品の自治体は?

「ふるなび」の神奈川県秦野市です。

サイトの画面でパーツのカラーを選ぶと画面の自転車の色が変わっていきイメージがつかみやすいです。後日、この通りに塗装したものを送ってくれるそうです。

– 適合身長:148cm~180cm*2モデル有り
– 重量:9.8kg~
– 全長:160cm
– ハンドル:4種類から選択可(ノーマル・ドロップ・ブルホーン・ワイドアップ)
– ギア:オプションで有り

事業者:(株)コッチ

10万円の寄付で3万円分のクーポン券がもらえます。20万円の寄付で6万円のクーポン券がもらえます。差額はご自身で負担する必要があります。

「Cocci Pedale」というブランドの国産の自転車です。

5種類程度の基本パターンの中から1つを選んでカスタマイズしていきます。

色を変えるだけならいくら変えても全て58,000円(税抜)のままです。

amazonギフト券はないですが、ギフト券ならあります。

amazonギフト券は規制されてしまいもうありませんが、ギフト券というだけならたくさん見つけることができます。

ギフト券は腐りませんし、邪魔にもなりませんので比較的お金に近い取扱ができて便利です。そして地域への貢献度も高いです。

地域内で使えるギフト券はとてもいいふるさと納税の使いみちだといえると思います。

ただ、現地に行かないと受けられないサービスなどのギフト券はだいぶ寄付する人が限られてしまうことになります。

行かなくても物産品などを買うことで自治体を手助けするというのがいいところなのですが、本当は現地に行って欲しいと考えているところです。

温泉や宿泊施設のギフト券やお肉のギフト券などがあります。

ただ、3割が上限というルールができましたのでいくら分というギフト券は「寄付金×3割」という一律のようにみな同じ価格になってしまいました。

これは限られたものになってしまいましたので現金で払っても一緒だということになってしまいました。

高還元率の返礼品を探すのは無駄に!自治体が指定から除外されてしまいます。

以前は返礼品の中から還元率のいいものを探すことが人気で還元率の高いものランキングをよく見かけました。

もうそのようなことは無駄になってしまったので行う必要がありません。いつの日も国は規制をして世間をしらけさせてしまうものです。

これは仕方がないことでもあります。問題が起きても困りますので素直にルールに従いましょう。

ただ、ふるさと納税は今後、ほとんど義務のようになるのではないかと思っています。

結局、やらなければ損ですし自治体もそれで地域経済を潤すことができるのです。

そのようなことを考えるともうお得なふるさと納税は必ず選ばなければならないものになってしまいます。

どうしても選ばないといけない、選ぶ義務が発生するということなのかもしれません。

そうなると同じような製品や食材でも返礼品の口コミを調べて便利なもの、使い勝手のいいもの、美味しいものが選がれる時代になるのかもしれません。

みんな日常で使うものを探している!

結局、毎年ふるさと納税を選んでいると必要ないものは要らないということになってきます。最終的には現金で返ってくる控除がいいのです。

3割税金が安くなってほしいというのが人々の願いなのかもしれません。

なんだか、そういうことがわかってしまったのが現在の3割上限ルールのような気がします。

お得感が無いというのか、掘り出し物がないという感じというのでしょうか?

他の多くの人には興味がないけど、自分にはとても価値があるものをお得に手に入れるということができなくなってしまったようにも感じます。

これが中古品などのように価値の幅が大きいものなら掘り出し物もあるかもしれませんが、新品を限定にすると定価や販売価格が決まってきてしまいます。

そうなると、お得な掘り出し物はなく結婚式の引き出物をカタログから選ぶのと同じ作業になってしまうような気がします。

ふるさと納税を絶やしてはならぬ!

今議論されていますが、本当に都市部の税収が驚くくらいにごっそり地方へ移ってしまっているといって急に公的機関が騒ぎ始めました。見解としては『都市部の税収に影響を与えている!』ということらしいのですが、いかにもお役所さんぽい発言です。

新しいサービス、テクノロジーが登場すると官公庁のような既得権益者の側の人たちが規制を決められる権限を持っているのですぐに禁止、廃止しようとします。でもこれはもとが国から発生した仕組みですから辞めるのは止めましょう!

何よりもこんなに地方自治体が注目されることは今後もう一切ないはずです。世界的な観光地ではない地方の経済は減少する一方です。それにともない自治体が合併されてサービスが薄まっていくことになります。

これではそのうち地方にはどんどん住みずらくなってしまいます。せっかく豊かな自然環境があるのに住みにくい、仕事が無いということでは勿体無いので何とかしたいものです。

しかしながら、高齢化により一人暮らしの高齢者が都市部に集まって住むという流れも考えられます。働く子供の近くに移り住む。高齢になって一人暮らしで誰かの補助がないと生活が厳しくなってきたのでそういうサービスを受けるために都市部のような場所へ移り住むといったことが考えられます。

こうなってくると、年を取ったらゴミゴミした都会へ行かなくてはいけないのかということに気がつくわけです。それは本当に嫌ですね。せっかく田舎へ移住して環境が良いと言っているのにまた都会の混雑したところで老後を過ごすことになるというならば、いっそずっと都会に居たほうがいいわけです。ということを考えていると、ますます都会へ人が集まりすぎてしまうことが予測されます。

ここでいう都会とはその地域の都市部ということです。そして、その地方の町から離れた地域にますます人が居なくなってしまうということです。

お肉は牛タン、ハンバーグ、牛肉、豚肉などが人気!

お肉はふるさと納税の定番品です。

高級和牛はまさしく地域の特産品でふるさと納税の返礼品にふさわしいと思います。

返礼品は3割といっても、価格は生産地のメリットで抑えて肉を増やしてほしいと思います。

高級肉はあまり買いません。

どれだけ美味しいと知っている肉ならお金を払うかもしれませんが、お試し品のように一度味わったらファンになってリピートするかもしれません。

そんな感じでいいものだと思います。

返礼品にエアウィーブを探している方も!?

「ふるさとプレミアム」の愛知県幸田町などがあります。19万円の寄付で「エアウィーヴ  シングル」が返礼品としてもらえます。

よほど快適な寝心地を求めているのかもしれません。

買っても同じですが、とりあえず生活必需品を手に入れるのがいいということでしょう。

でも、結構な寄付金の額ですので寄付を実現する人は少なそうです。

このような形で国産のマットレスが普及すればいいなと思います。

マットレスは海外のブランドが多いですので改めてこれは国産のブランドなんだと実感することもあるかもしれません。

ふるさと納税の口コミ、評判は?

ふるさと納税についてどのようなことに関心が多いか調べてみました。

  • チョイス
  • amazon
  • いつまで
  • 上限
  • 住民税
  • ipad
  • 返礼品
  • 限度額 計算式
  • デメリット
  • 控除
  • 住宅ローン控除
  • 返礼率
  • ギフト券
  • ブログ
  • アウトドア
  • 自転車
  • ゴルフ
  • 電化製品
  • ビール
  • 医療費控除
  • HIS
  • 北海道
  • 引っ越し
  • ANA
  • ダイソン
  • 住所変更
  • いつの年収
  • 牛肉
  • CM
  • バルミューダ
    エアウィーヴ
  • JTB
  • 自営業
  • 包丁
  • 電動自転車
  • ベビー用品
  • アップルウォッチ
  • いちご
  • ideco
  • ハンバーグ
  • 豚肉
  • JAL
  • はちみつ
  • 玄米
  • フライパン
  • バーミキュラ
  • ガーミン
  • 牛タン
  • 布団
  • ドライヤー
  • 電子レンジ
  • チーズ
  • アニメ
  • グローブ
  • 布団乾燥機
  • フルーツ
  • ディズニー
  • ドライブレコーダー
  • チャイルドシート
  • アイス
  • 楽器
  • ギター
  • バイク
  • ベッド
  • バター

やはり、amazonギフト券の返礼品で除外になった自治体や法改正で上限がいくらになったかということについて調べている方が多いようです。まだ探したらあるのではないかと考えて探しているようです。

iPhoneやiPadやMacBookだけでなく、Apple Watchまで探している方がだいぶいるようです。

もう、金銭の返礼でいいのではないかという気がしますが、この仕組みがなくなると消費がさらに落ち込むことになるのである意味大事なことなのだと思います。

ほんとうはもっと税収に余裕があったらたくさん還元してでもどんどん自治体に寄付してもらいたいはずです。

しかし、ふるさと納税は自治体が主体なのに対して国が管理、規制を行っています。これでは国がおかしなことを言いかねないとも限りません。

本当に自治体の意見を聞いて有意義な使い方を行ってくれればいいと思います。

まだまだ、この仕組は始まったばかりです。形も変わっていくこともできますのでこれからに期待です。

移住券などというものもそのうち登場するかもしれません。

更新日 September 11, 2019, 10:05 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.