なぜSECがICOやXRPを証券と認定したら価値がなくなるのか?暴落するのか?高騰するのか?

なぜSECがICOやXRPを証券と認定したら価値がなくなるのか?暴落するのか?高騰するのか?

アメリカのサウスカロライナ州の見解でも「クラウドマイニング」は未登録の証券に該当するということがありました。州外退去と制裁金の請求もされたらしいです。

過去にBitfinexやその他のアメリカ居住者向けにサービスを行っていた無数に存在した仮想通貨取引所もアメリカ政府が厳しいライセンス制を敷いたことでほとんど消えたということがありました。

今回、SECが証券と認めれば『アメリカでは証券の扱い』となるでしょう。

ぶっちゃけ、そっちの方がいいということもあります。リップルなんて実に頼もしい。

しかし、リップル社は困るでしょう。。。ほんとの株式証券よりも膨大な金額のXRPが世界中のホルダーに保有されているんですから。現状の株主の権利を守れるかってことではないでしょうか?

一つ懸念される恐ろしい事としてはリップル社の株主が出資した金額通りの価値を有するために、XRPの価格がスタートアップ当時に巻き戻されるんじゃないかいうことでしょうか?

今さらそれはないとは思いますが、一度落ち着くまで様子見、、という意見があるようです。

(あくまでも一つの意見ですので判断はご自身で考えてください。)

おそらく、SECがうちにも儲けさせてくれやーと言っているわけです。

ICO潰しはアメリカではもうすでに散々解散させられています。アメリカの取引所に上場できたICOコインはもうここ最近ではずっとないと思います。

日本も同様に規制がきつい国です。

ですからどうなるかはわかりませんが、アメリカは証券、株の力って偉大ですよね?

たぶん、日本とは株の意味合いが違います。

日本が同じようになるかは微妙です。

日本は逆に証券を上場前にお金持ちの個人に『これ上がるから買っておきなよ!。、、、』ってよくニュースになりますよね?

あのイメージですね。

証券取引所に上場なんかできないから証券となったコインに価値は無いってことでしょう。

リップルは、、リップルが先物市場(CFTC)に持っていかれるのが嫌だったんでしょう。だからSECが強引に持っていこうとしているのでは?

ICOは証券だってCboeが言ってるならなんでしょう?リップルだけじゃなくてICOも先物市場には要らないから持って行ってくれ!

ということでしょう。

実際、ICOでも超有名なビックネームが登場してますよね?疑いようなくこれはビジネスとして伸びそうっていうやつです。数秒で売り切れというニュースになったものです。

どのみち、証券取引市場に上場しますよ。。

そして過去には遡らるかどうかは未定。って遡ったら全部のコインが消えるわってことです。

そんなことしたらCFTCまでも、おいしい儲けネタがなくなるので今実施中のICOくらいが影響を受けるかどうかでしょう。

あくまでもアメリカでの話です。

元からアメリカの仮想通貨取引所にICOコインの上場なんてできる雰囲気じゃなかったですよね?

日本も同じ規制を真似っ子するかもしれませんが、VPNで海外の取引所をblockしたり送金を拒否する権限が憲法として許されるのかっていう問題になりそうなのでそこまではできないんだと思います。

外為FXの海外業者のような扱いになるのでしょう。

それよりは仮想通貨を利用して日本のクラウドファンディングとか類似サービスを何とかしてほしいですね。

そもそも投資自体リスクがあることです。

ICOはとりあえずどんなものでも上場だけは簡単にできる仮想通貨という仕組みがよかったわけです。

上場すれば多少なりとも価値がありますから、プロジェクトを見誤ったとしてもチャンスがあるわけです。

それがガチガチの証券になると、町の信用金庫が店舗の経営者にお金を融資するかどうかを考えるのと同じようなことを、素人の個人投資家がするんですか?

銀行ができないことを?

という難しい問題にあたると思うのです。

どうでしょう?

結局、CFTCがビットコイン、イーサリアムを取り、SECがリップルを取って養分として吸収していくのでしょうか???

仮想通貨をぶっ壊しても既存金融市場を成長させる!

しごくまっとうなことのようにも思えます。

要約すると米国株はつよいわけだ。。。といえそうです。

アメリカ株のETFが人気なのもわかりますね。

*誤認等はご了承ください。投資はご自身の判断でお願いします。

更新日 June 12, 2019, 1:12 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.