VPSおすすめランキング!口コミ、評判は?<格安>【FX自動売買、MT4、Windows、マインクラフトに!】

VPSおすすめランキング!口コミ、評判は?<格安>【FX自動売買、MT4、Windows、マインクラフトに!】

世界には数え切れないくらいのVPSレンタル会社があります。無料のところもありますがサービスの安定性やセキュリティを考えると信頼できる会社を利用するのがおすすめです。

VPSおすすめランキング!

VPSレンタルサービスは自作プログラムやbotなどを動作させるのに必須のサービスです。自作プログラムはLinux OSのVPSを利用することが多いですがWindows OSのVPSも用意されています。

Windows OSの用途としては数時間かかるデータ処理等をVPSで実行させながら、自分のPCからリモートデスクトップで操作するというものです。

Windows OSのタスクを分散させれば高いスペックのPCに買い換えなくても、自分のPCに負荷をかけずに動作が遅くならずに済みます。

また、外国為替FXの自動売買ソフト『MT4』の常時稼働のために用意されたVPSや『Minecraft』というゲームをマルチプレイで楽しむためのVPSレンタルサービスなどが用意されています。

VPSレンタルサービスの比較表

VPSの用途 操作性 Win系アプリ 自作プログラム 費用
MT4実行用VPS
Windows OSのVPS
Linux OSのVPS
マインクラフト用VPS
海外のVPS

FX MT4自動売買におすすめのVPS

『MT4』で自動売買するためにパソコンを常時起動することもあってVPSが必要になりました。Windows OSの環境が必要なためリモートデスクトップ接続によって使い慣れたユーザーインターフェースでいつもどおりに操作することができます。

FXトレードの自動売買にはMT4のEAおすすめにあるようなEAを使って自動売買することができます。また、FX会社に口座を作ると好きなEAやその他のツールの自動売買ルールが無料で利用できるものがたくさんあります。

  • 優れたEAが売られている!
  • 使い慣れている!
  • FXではMT4が自動売買の主流!

などの理由でFXトレードでMT4を使って自動売買することが多いです。

Windows OSを使えるおすすめのVPSレンタルサービスは、

  1. お名前.com デスクトップクラウド for FX
  2. ConoHa for Windows Server
  3. GMOクラウド VPS
  4. TIME4VPS

となっています。

1位と2位のVPSはGMOインターネット株式会社が提供するVPSです。個人的にはネットワークの快適さと安定性でGMOはかなり良いと思います。

ConoHa for Windows Serverの詳細記事にGMOのVPSを実際に使ってみた様子を書いていますが、その時には300Mbps近い回線速度を出していました。

また、サーバーのストレージはSSD搭載となっていますので快適で安定した動作をしています。メモリ使用量が急激に増えて物理メモリ使用量を超えた場合でも動画が快適に再生されていました。

これはMT4を起動させていったときにメモリ使用量が増えていくことがあると思います。一時的に増えることもあるかもしれません。急激なメモリ使用量増加時にも安定して動作することは普段使わないメモリ分までレンタルしなくても良いのでお得だと言えます。

チャート『TradingView』と『Autoview』で自動売買する時におすすめのVPS

『Chromeブラウザ』のOSサポート範囲はとても狭かったはずです。自動売買で『MT4』が利用できる場合はその方が対応OSが固定されているので『MT4』を利用した方が良いかもしれません。

ChromeのバージョンアップによってOSが対応しなくなってしまうということがあるかもしれないということは頭の片隅に覚えておいたほうがいいかもしれません。

現バージョンのChromeのサポートOSは以下のようになっていました。随時確認してください。

VPSレンタルサービスで使用できるOSはWindows Serverシリーズとなっています。

Windows の場合
Windows で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 以降
Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)
注: サーバーには Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 が搭載されている必要があります。Mac の場合
Mac で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。OS X Yosemite 10.10 以降Linux の場合
Linux で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。64 ビット Ubuntu 14.04 以降、Debian 8 以降、openSUSE 13.3 以降、Fedora Linux 24 以降のいずれか
Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)

Chrome ブラウザのシステム要件より)

この要件を満たせるおすすめのVPSレンタルサービスは、

  1. ConoHa for Windows Server
  2. お名前.com デスクトップクラウド for FX
  3. GMOクラウド VPS
  4. TIME4VPS

となっています。

Windows OSのおすすめのVPS

やはりOSといえばWindows系OSが多いですがVPSではLinux系OSがメインとなっていてWindowsはあまりありません。

しかし、アプリケーションを動作させる実行環境としてWindows OSが多いため、株式、先物、FXなどの自動売買ソフトはWindows系OSにインストールして常時起動しなければなりません。

おすすめのVPSは必然的にWindows系OSのVPSとなります。

株売買の自動売買プログラムは株のシステムトレードのストラテジーを購入すれば自動売買することができます。

株式の自動売買ツールもだいぶ前から使われています。最新の新しいソフトウェアはWebでクラウドサービスで実行できるものが多いのですが、こういった以前から利用されていたソフトはWindowsにインストールして動作させるものが多いです。

株式、先物、外国為替FXのシステムトレードソフトは自動売買のためにVPSをレンタルして起動し続けることが必要になる場合もあるでしょう。

また、自分が買ったストラテジーが調子が良いのに新バージョンに対応していないとなったら意地でも変えることはしないと思います!当然のことです。

OSは必然的にWindows OSとなります。

Windowsが使えるおすすめのVPSレンタルサービスは、

  1. ConoHa for Windows Server
  2. お名前.com デスクトップクラウド for FX
  3. GMOクラウド VPS
  4. TIME4VPS

となっています。

Linux OSのおすすめVPS

Python、Rubyなどで自作したプログラムを動作させるような時におすすめのVPSです。

アマゾンのAWSでもLinux OSで比較的リーズナブルにPythonやRubyの実行環境を使用できますが、料金体系が複雑なのと全体が今いち見えてこない部分があって気持ち悪い感じがしてしまう人はVPSでLinux OSをレンタルする方がいいと思います。

庭では軽量なLinuxといえども24時間365日動作させておくのは危険性があります。サーバーを自宅においていて火災になりかけたという話はよく聞きます。

VPSをレンタルするとPC本体やSSD、回線やケーブルなどのハードウェアトラブルは全部レンタル会社がメンテしてくれるので考える必要がありません。家庭の場合、無線LANになることが多いですが通信の安定性では有線LANに比べると無線LANは非常に不安定なものです。今どき家庭で有線LANを引いてくるというのはとても厄介なことです。

また電気代の面で考えるとVPSと違って家庭で1台のPCを24時間動作させ続けると省エネパソコンでないかぎりかなりの電気消費量となります。

これらのオープンソースのPG言語を実行する環境はLinux OSで済みますのでVPSレンタル代も非常に安価なものとなります。

Linux OSは、どのVPSレンタル業者でも扱っていますので値段で決めてレンタルしてもよいかと思います。ただし、回線の通信速度に違いがでることもあるようです。

Linuxが使えるおすすめのVPSレンタルサービスは、

  1. WebARENA VPSクラウド
  2. ServersMan@VPS
  3. ConoHa
  4. GMOクラウド VPS
  5. さくらのVPS
  6. TIME4VPS

となっています。

『マインクラフト』(Minecraft)におすすめのVPS

複数の人とマルチプレイゲームをするためにVPSをレンタルして利用する人が増えています!

MinecraftのゲームをするためにVPSをレンタルしている人が多いです。GMOの『ConoHa』(Linux OS用のVPS)では、すでに設定が済んでいるMinecraft専用のVPSレンタルサービスがあります。

また、下記のゲーム内環境も特典として付いてくるためConoHaがおすすめだと思います。

  1. ConoHa

となります。

強者はVPSをレンタルしてCPUマイニングを行って利益を上げている?

これはこのサイトの検索されてヒットする上位にCPUマイニングが常に上位に上がっているようにCPUマイニングはとても期待値が高いものでした。

これを自分の家でやれば、ほとんど儲からないけど電気代より少し儲かる。古いPCが沢山あるし有効活用しようなんて思っているのですが、不在時にPCをフル稼働しておいておくなんて怖くてできません。

今どきのPCはかなりのハイパワーで発熱も凄いです。マイニングリグを設置するくらい気を使わないと危険です。

でも、それがLinuxであれば月数百円~のVPSで利用できるとしたら???

少しでも利益がでればみなそっちに走ります。一人クラウドマイニングです。

そういうことでしょう。日本のVPSなら月極なのでクラウドマイニングみたいに収支が出なくて大損するというリスクもありません。。

みんなこれを考えていたのでしょうかCPUマイニングに注目が集まるわけです。

*現在ではマイニングによる収益はほとんど見込めない状況となっています。

『CPUマイニング』におすすめのVPS

Linux OSでマイング可能な場合には国内VPSレンタルサービスでも『WebARENA VPSクラウド』が別格のコストパフォーマンスを誇っています。(トータルで性能を考慮した場合には違うサービスが向いていることもあるかもしれません。例:CPUが1コアと2コアでパフォーマンスが大きく変わる場合など。)

  1. WebARENA VPSクラウド

Windows OSのみ対応のマイニングツールの場合はバージョンが対応してるか確認が必要ですが、

  1. ConoHa for Windows Server
  2. TIME4VPS

あたりが良いのではないでしょうか?

PoS(Proof of Stake)におすすめのVPSは?

自宅のPCにソフトウェアをインストールして24時間365日稼働するなんて恐ろしいことは一般人はしたくありません。

Officeソフトウェアはインストールします。しかし、暗号資産取引所にアクセスするPCに見知らぬソフトウェアをインストールしたくないのは当然です。

インストールはマイニングをする人達とプログラム開発者だけとなってしまいました。

クリプトカレンシー(仮想通貨)をマイニングするのに必要となってくるのがサーバーです。家でマイニングリグをフル稼働してPoWのマイングをしている人にとってはレンタルなんて意味がないかもしれませんが、時代はプレマイン+PoSへ移行しようとしています。

  1. 国内のVPSレンタルサービス

やはり、信頼性を買って国内のVPSレンタルサービスから必要に応じてLinuxかWindows OSのものを選ぶといいと思います。

家で不安定な家庭用PCでOSを24時間365日稼働しておくよりもホスティング会社のレンタルVPSを利用するほうが最低限のメンテナンス、監視、火災の対策を行ってくれるので効率的だと思われます。

これからのVPSの用途としてPoSやCPUマイニングのためという用途が増えてくるかもしれません。

VPSおすすめ一覧(国内)

【おすすめ!】スペック・費用比較、管理サービスに違いあり!

ConoHa for Windows Server

  • サービス名:ConoHa for Windows Server
  • 運営会社:GMOインターネット株式会社
  • 特徴/解説:GMOが新たにサービス提供を開始したWindows向けのVPSです。『Windows Server 2016 Datacenter Edition』という新しいOSを1,800円の月額料金から利用できます。これは国内VPSサービスでは最安水準です。ストレージは標準でSSDとなっています。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)

ConoHa

  • サービス名:ConoHa
  • 運営会社:GMOインターネット株式会社
  • 特徴/解説:GMOによるLinux系OSのVPSレンタルサービスです。630円の月額料金から利用できます。ストレージは標準でSSD搭載となっています。『MINECRAFT』のマルチサーバーとしてVPSを活用できるサービスが提供されています。ゲーム内特典もあります。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
5

お名前.com デスクトップクラウド for FX

  • サービス名:お名前.com デスクトップクラウド for FX
  • 運営会社:GMOインターネット株式会社
  • 特徴/解説:FXシステムトレードツール『MT4』があらかじめインストールされていて、24時間安定稼働できるような環境設定が用意されています。メンテナンスがある場合はFXトレードのない週末にスケジュールされるように配慮されています。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)

GMOクラウド VPS

  • サービス名:GMOクラウド VPS
  • 運営会社:GMOインターネット株式会社
  • 特徴/解説:サーバー管理ツール「Plesk」が使えて月780円から!
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)

さくらのVPS

  • サービス名:さくらのVPS
  • 運営会社:さくらインターネット株式会社
  • 特徴/解説:レンタルサーバーで有名なさくらインターネットが運営しているVPSレンタルサービスです。各仮想サーバに100Mbps共有回線を提供しています。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4 5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)

KAGOYA CLOUD/2

  • サービス名:KAGOYA CLOUD/2
  • 運営会社:カゴヤ・ジャパン株式会社
  • 特徴/解説:会社の創業は茶摘み籠の販売だったという歴史のある会社が運営しいてるVPSレンタルサービスです。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4 5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)

KAGOYA「マネージドクラウド for WEB」

おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)

WebARENA VPSクラウド

  • サービス名:WebARENA VPSクラウド
  • 運営会社:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
  • 特徴/解説:NTTPCが提供する!メモリ512MB/SSD20GB/CPU仮想1コアのVPSが月額360円(税別)で利用できます!
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
3

WebARENA SuiteX

  • サービス名:WebARENA SuiteX
  • 運営会社:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
  • 特徴/解説:NTTPCが提供する!大容量【300GB】で月額換算1,361円(税別)と高コストパフォーマンスの「V2タイプ」
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
3

WebARENA SuitePRO V4

  • サービス名:WebARENA SuitePRO V4
  • 運営会社:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
  • 特徴/解説:NTTPCが提供する!スペックは最大でCPU仮想8コア、メモリ32GB、ディスク容量4,100GBまで拡張可能!
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)

ServersMan@VPS

  • サービス名:ServersMan@VPS
  • 運営会社:株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
  • 特徴/解説:インターネット黎明期から品質の高さで定評のあったDTIが提供するVPSレンタルサービスです。月額467円から利用できます。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4 5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
3

VPSおすすめ一覧(海外)

【おすすめ!】長期契約で割安に!

TIME4VPS

  • サービス名:TIME4VPS
  • 運営会社:Interneto vizija
  • 特徴/解説:リトアニアのVPSレンタル会社。2003年から続くホスティング会社の部門が運営しています。2年契約などの長期契約で半額程度に割り引きとなる。
おすすめ度
(1~5)
価格帯
(1~5:安い)
4 5
OSの種類
(1~5:多い)
システムの拡張性
(1~5:拡張性高い)
3

VPSのコストの原因はWindows OSのライセンス費用!

基本的に家庭で利用されるようなPCにインストールして使うソフトをVPSで利用するとなるとWindows OSが最も多い!のは仕方がないことです。

VPSはバーチャルに分割していてもMicrosoft社にOSのライセンス費用を支払う必要が出てきます。

他の固定費はホスティングの長い歴史の中でもう限界まで安くなっていますのでほとんどタダみたいなものです。

このため、難しいですがもし可能であればLinuxでも動かせるプログラムを選択するということはコストを押させるために有利な方法です。

支払いはクレジットカードで簡単にできます。

安心感を求めるなら日本!格安なら海外のVPS!?

日本ではほとんど大手2,3社が独占状態で宣伝効果もあり一番有名になっているところはGMOのVPSのレンタルサービスですが、他社も含めて本当に有意義なのはどこかという比較検討、ランキングまでしてみたいと思います。

といってもそれほど選択肢はありません。また、第一選択肢はやはり最大手、No.1のVPSサービスにするのがコストパフォーマンス、安定性の面で良いかと思います。

それでも一応見比べてから選びたいというのが人の心情です。

また、海外のレンタル会社は過去の実績を日本からは知る術がありません。何かあっても被害がでないようにしておきましょう。大事なKEYは置かない!

でも、クラウドマイニングに比較すれば格段にリスクは限られていますから良いと思います。

ただここで書いたようにどんなリスクがあっても平気なようにしようと考えると、

  • 大金を置いておくPoS!
  • 大事な自動売買ソフト!

こういう場合は日本のサービスがいいかもしれません!

日本のVPSもだいぶお得になってきましたので、よく知らない海外のVPSサービスにお金を預けるより日本のVPSを利用したほうが良さそうです!

VPSの口コミ、評判は?

VPSのどのようなことに関心が多いか調べてみました。

  • vps 日本
  • vps おすすめ
  • vps jp
  • vps vpn
  • vps さくら
  • vps 無料
  • vps 安い
  • vps vpn 違い
  • vps windows
  • vps 格安
  • vps fx
  • vps mt4
  • vps クラウド 違い
  • vps conoha
  • vps できること
  • vps 富士通
  • vps aws
  • vps avenger
  • vps ablenet
  • vps amazon
  • vps アプリ
  • vps 安価
  • vps アメリカ
  • vps azure
  • vps avenger expansion
  • vps able
  • vps apache
  • vps android アプリ
  • vps ar
  • vps アップロード
  • vps active directory
  • vps ansible
  • vps 安全
  • vps アクセス制限
  • vps airport
  • vps バックアップ

以上のようなことを気にしている人が多いようです。

VPS、クラウドサービス各社を調べている人が多いようですが、amazonのaws、マイクロソフトのazureなどの巨大企業のインフラサービスは有名です。

バックアップ、安全、アクセス制限などはサーバーの安定稼働できるかは非常に気になるところです。

無料、安いVPSを探している人も多いですが、最近ではLinux、Mac OSの普及によりWindows OSが貴重になりつつあるので今後Windowsが使えるVPSサービスは重宝するかもしれません。ただし、現状ではVPSで利用できるWindows OSはServerシリーズになります。

費用はLinux系のVPSに比べてだいぶ高くなっています。

また、ゲームのマインクラフト用にVPSを利用する人が増えているようです。マルチプレイ用に用意するのですが、マインクラフトのためのVPSサービスを提供している会社もあります。

大企業のVPSが安定稼働できるとは限らない!専門にやっているところがおすすめ!

有名で誰もが知っている大企業の会社が提供しているVPSやレンタルサーバーだからといって安心できるほど高いレベルで運用管理ができているとは限りません。

ここにのっている会社ではありませんが、本当に有名な会社でお客様のサーバーを預かって運用するというデータセンターがあったのですが、他のデータセンターと比較して安定稼働のために優れたことをしているかといえば、とくに力を入れているわけではありませんでした。

お客様のサーバーが止まったとしても、

「適当に、空調が上手く動かなかったら高温になって止まったということにしておけ!」

と、管理部門の責任者が言ったりしているのを見たこともあります。

「でも、空調のコントロールも運用管理の1つなんですが。お客様は空調メーカー様なんですけど、色々突っ込まれてもいいですか?」

という笑えない会話が繰り広げられているところもあります。

ちゃんと専門的にデータセンター事業で営業している会社を選ぶの1つの判断材料になるかと思います。

ほんとうに酷かったのは昔の話ですので今はどこでも一定の基準ができているので安心して利用できると思います。OSやハードの性能もよくなりましたので今は本当に安定していると思います。

支払いはキャッシュレスでポイント還元を最大限受け取る!

現在はキャッシュレス決済はクレジットカードが主流ですが、もうじき他のキャッシュレスアプリなどでも支払うことができるようになると思われます。アプリとカードの組み合わせを揃えると最大限ポイント還元を受け取ることができます。20%以上の還元率を目指すことも可能なこともあります。

VPSに関するニュース!

更新日 April 11, 2019, 1:39 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money
Tags: aws vpcfx 自動売買 おすすめmt4 vpsvpassvpsvps ablevps ablenetvps active directoryvps amazonvps apachevps avengervps avenger expansionvps avenger 重いvps awsvps aws 比較vps aws 移行vps azurevps beeksvps benchmarkvps bitcoinvps bitzeny マイニングvps botvps boxvps cadvps calvps cdnvps centosvps cheapvps chromevps cloudvps cloud 違いvps cloud9vps cmsvps comparevps conohavps conoha 評判vps coreosvps cpanelvps cpuvps cpu 制限vps cpu 比較vps cronvps dbvps ddos 対策vps djangovps dnsvps dns 設定vps dockervps dtivps eavps ea おすすめvps ea 動かないvps ea 複数vps ea 設定vps ec2vps en iphonevps en vpnvps engineeringvps esivps estoniavps esxivps excelvps for windowsvps for windows servervps freevps free viewervps ftpvps fxvps fx mt4vps fx おすすめvps fx 格安vps fx 設定vps gcpvps gitvps githubvps gitlabvps gmovps googlevps gp4vps gpsvps gpuvps guivps gui ubuntuvps herokuvps hostingvps httpsvps iaasvps iaas 違いvps icadvps iocvps iosvps ipadvps iphonevps ipsecvps iptablesvps ipv6vps ipアドレスvps ipアドレス 確認vps ipアドレス 複数vps japanvps javavps jenkinsvps jpvps jupytervps mt4vps mt4 おすすめvps vpnvps vpn 違いvps windowsvps windows おすすめvps おすすめvps さくらvps できることvps アクセス制限vps アクセス方法vps アップロードvps アフィリエイトvps アプリvps アメリカvps インスタンスvps インストールvps エイブルvps エイブルネットvps エックスサーバーvps エラーvps エンコードvps クラウド 違いvps グローバルipvps ゲームvps ゲームサーバーvps ダイアライザーvps ダウンロードvps デジタルプロセスvps デスクトップvps デプロイvps デメリットvps データベースvps ドメインvps ドメイン 設定vps ドローンvps ハーネスvps バイナリーvps バイナリーオプションvps バックアップvps バックアップ ローカルvps バルコムvps バーチャルホストvps ビューワーvps ファイル コピーvps ファイルサーバvps ファイル共有vps ファイル転送vps ブラウザvps ブログvps ベストネットvps ベストワンvps ベンチマークvps ホスティングvps ホームページvps マインクラフト おすすめvps 一覧vps 中国vps 事例セミナーvps 位置情報vps 便利な使い方vps 冗長化vps 勉強vps 医療vps 大容量vps 学割vps 学習vps 安いvps 安価vps 安全vps 富士通vps 意味vps 時間課金vps 月額vps 格安vps 比較vps 比較 2018vps 比較 fxvps 比較 windowsvps 比較 個人vps 激安vps 無料vps 画面vps 移行vps 自作vps 自動バックアップvps 自動ログインvps 自動売買vps 自動売買 設定vps 自宅vps 複数vps 複数ipvps 複数サイトvps 複数ドメインvps 費用vps 踏み台vps 逆引きvps 選び方vps 電源vpssvpシャントおすすめキャッシュレス 資産運用ランキング株 口座

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。金融商品への投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

記事や引用元の情報には古い情報や記載ミスなどもございます。予めご了承ください。お申し込み、ご購入する前にはサービス提供サイトの「プライバシーポリシー」や「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.