マンション査定、不動産査定や一括査定という言葉をよく聞くようになったと思います。

車の買取査定のようにお家やマンションや土地をいくらになるか査定して評価しようというものです。

もちろん、査定するからには売却するという目的があります。

「いくらになるのかまずは知りたい!」

また、

「今、あっちのサイトでいくらだと言われているんだけど、もっと高い値段にならないか?」

という方もいらっしゃると思います。

土地や古くなった一戸建ての不動産は土地の価格になりますので査定価格に差は少ないと思います。

しかし、マンションは中古価格がいくらになるかを決めるのはとてもむずかしいものです。立地だけでなく、マンションの構造、共用スペース、部屋の間取り、内装、設備、組合、同じ条件の物件はありません。また、その地域の相場観というものも必要になると思います。

最終的には買ってくれる人がいればいいわけですので、「いくらであれば売れるか?」というギリギリの値段を計算することになります。

これは単純な計算だけではなく最終的には勘による調整も必要になってくるものです。

適切な判断ができる不動産会社を見つけることが売却成功の秘訣といえます。

そんな方々が満足できるようなサイトが不動産査定サイト、不動産一括査定サイトです。

ここではとにかく有名なサイトはほとんど書き出しています。おすすめは人によっては適さないサイト、適するサイトがあると思います。

でも、ここにある約40サイトを有名なところから見ていって申し込んで満足いく結果が得られなかったら、もう諦めて頂くしかありません。

それくらいほとんど書き出していますので「おすすめ」だけにとらわれず本当に気になったサイトをどんどん見ていってください。

そしていい条件で快適に売却を完了させてください。それが本サイトの願いでもあります。

不動産査定サイトとは?

不動産査定は物件の住所や広さを入力するとすぐに提携している不動産会社から売却金額の査定価格を教えてもらえるサービスです。

最初に机上査定という概算査定の金額を教えてもらえます。インターネット査定、オンライン査定、メール査定、AI(人工知能)査定と呼ばれるシステムもあります。

その後、現地調査によって各不動産会社から正式な『売却査定額』を算出してもらうことができます。最大で同時に6社くらいに一括して査定を依頼できます。

自分が気に入った会社に売却を依頼して自宅やマンションなどの物件を売りに出すことができます。

匿名でマンションの相場を知りたい!

路線価、公示価格の調べ方は?

マンションや不動産を売却する時に一番気になるところは相場だと思います。

まずはいくらくらいになるのか検討もつかない状態では売却するかどうか考えることもできません。土地はかなり正確に坪単価から割り出すことができます。古い木造住宅も価値を0円として考えれば概算を知ることができると思います。

しかし、マンションは評価が分かれるところです。

やはり広さは重要ですが、どのようなマンションがいくらくらいで売れているのかを実際に見るのがいいかと思います。

近所のマンション売却や不動産の相場を知るには国土交通省が運営している『土地総合情報システム』サイトから閲覧することができます。取引価格と公示価格を調べることができます。

一括査定をする前に近隣の相場を調べるためにぜひとも見ておいた方がいいと思うサイトです。

http://www.land.mlit.go.jp/webland/より

ただし、近い場所だからといって同様の価格で売却できるという訳ではありません。物件の場所・状態は1つとして同じものはありません。特にマンションは価格に幅があると考えられます。価格が上がるような優良な項目については住んでいる人が一番よくご存知のことと思います。

不動産の価格情報やニュースのページをご覧になると、最近の動向が分かるかもしれません。

不動産投資のニュースを見ているとやはり都市部のマンションは需要があるようです。狭くてもいいというより、狭いほど人気があるような気もします。考えてみれば当たり前ですが東京や大阪で広い面積の家に住むことほど無駄なことはありません。

最小限のスペースで生活できればちょうどいいわけです。広ければ広いほど良いというのは郊外の話で東京や大阪のような都市部では本当にちょっとだけのスペースと頑丈で綺麗な作りのマンションの方が需要があることに気が付きます。

そういう物件の人気度は不動産投資の対象となる物件を見ていればわかりますが、ワンルームマンションが中古でも値落ちせずに投資対象として最適だという提案を投資会社がしているくらいです。

路線価は課税計算のための不動産価格で実勢価格とは変わってきます。国税庁のホームページから参照できます。

マンションの売却相場は築年数16年目以降から落ちない!?

マンションは築年数10年、20年でどう変わるか?

  • 築3年目以内
  • 築5年目以内
  • 築10年目以内
  • 築15年目以内
  • 築35年目以内

およそ築年数を大きく分けて以上のようにまとめると、中古マンションの売却価格の相場は築15年目まではある程度比例して落ちていき、築年数が16年目以降になるとほとんど下がらないという価格になるようです。

また、築36年目以降は住宅ローンの年数との兼ね合いもあるかもしれませんが、大規模修繕や建て替えが必要となってくるため安くても売れない物件がでてくるようです。

しかし、一部のマンションを除いて建て替えなんてするマンションは無いでしょう。

建て替えする必要が無いくらい頑丈に建てているのが今のマンションの謳い文句でもあります。

また高齢化した世帯が住んでいる築年数36年目以降のマンションで建て替え資金を払う人はほとんど居ないと考えられますので現実的には36年過ぎて建て替えるマンションはないと思います。

基本的にはマンションは限界まで住み続けるということになると思います。

匿名で査定してもらえる不動産一括査定サイトもある!

本格的なものから簡易的なものまでありますが、サイトによっては物件の住所と広さを入力して簡易査定を行うと、現地調査をしないでもおおよその目安となる査定額が分かります。この場合は匿名でも相場を知ることが可能な査定サイトになります。

また、メールアドレスだけ入力しておけばそこに送信してくれるという不動産一括査定サイトもあります。

しかし、現地調査をして見てもらった方が適切な査定額が分かります。やはり、買う人も物件を見た感じでいくらなら買うかという感覚を持っています。

いくら場所と広さが良くても実際に見たら綺麗さが足りない、湿気が多いなどという雰囲気のようなものが悪かったら、価格を下げないと実際に売れることはないでしょう。

普段からそういったお客さんの相手をしている不動産屋の人が物件を見たほうが実際いくらなら売れるかを判断できるはずです。

投資マンションは投資物件専門のサイトで売る!

不動産の投資でマンションの1室を買って賃貸しているような場合は投資用の不動産売却サイトを利用して売る方がいいかもしれません。

入居者にそのまま住んでもらえば借りてを探す手間もかかりませんので、室内を見学せずに利回りだけを見せて売ることもできます。

通常の売却サイトではこういった対応はできません。一部の不動産会社による買取りでは対応してくれるところもあります。

不動産の売却手順や高く売る方法は?

マンションや家を一括査定や買取りを利用して売却する手順、高く売る方法は以下の記事でまとめています。

おすすめのマンション、土地、家、不動産の売却、一括査定サイトを調べる!

  • 『【Pickup40選】おすすめのマンション、土地、家、自宅、不動産の売却査定ランキング!口コミ、評判は?』を詳しく見る!

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.