ついに『株と仮想通貨、ビットコインが入れ替わる時期』が来た!?

こないこないこない。。。。

しかし、最近の株とビットコインの値動きを見ているとどうやらそろそろ限界が来ているなという気がします。

それは、

リーマンショック以降の株式とビットコインの値動き(一日足)

ダウ

日経225

ビットコイン(Kraken)

リーマンショック以降の

  1. ダウ
  2. 日経平均
  3. ビットコイン

です。

ショックアブソーバのような役割を果たしてくれればいいなというビットコインですが、ダウはリーマンショック以降、順調な回復をしていますが日経はダメージを回復できない感じが見えています。まるで日本のBTCFXのようでダメージを受けて大きくブレブレしている感じです。

それはさておき、ビットコインは草コインでよく見る動きをしています。

だいたい、バブル高騰のあとダレてきてそのまま定位推移する感じです。これを見てわかるように全体から見たらこの後、V字回復することはなさそうです。

このあと2,3年くらい横横を続けて再び少しずつ上昇するかもしれません。外国為替FXみたいにして稼ぐしかないのかもしれませんね。

しかし、株が安定っていったって高騰している今は3倍違うわけですから全然安定資産ではないですよね?

お金をためたら株にしろというのは少し無責任では?とも思います。確定拠出年金、NISAなど、、

まあ、その勝算があるから政府がすすめた可能性があるわけで、ビットコインがその役目かとも思います。

だとすると、ビットコインがこのまま下がり続けていくと、もう安すぎだろうという値段になると時期に反発し始めます。

ダウ、日経、ビットコイン全部同じ動きをしている!?

ちょうど、株とビットコインの頂点が同じような時期に来ているのがわかります。

少しずれましたが、まあ、似たような傾向にかわりはありません。

今はさらに同調してきました。

となると、株バブルが弾けて下落局面に入った場合、ビットコインは株が下がり続ける限り、さらに下がり続けることになります。すると、2017年のはじめの水準の10万円以下になってしまうかもしれません。

また、あの長い不況の時代だけビットコインが下がり続けたら、0円になっちゃう。。。

という気がしますが、そこは世界通貨のビットコインです。しっかり、アメリカ連動してくれるのでダウのようにすぐに回復基調へ入るはずです。

日本株は本当にひどいですね。ダウが暴落後すぐに回復しているのに5年以上も停滞していたのです。これだけ経済対策もやったのに上がらない日本経済ってやっぱりヤバイんだなと改めて思いました。

ですので、株をやるなら外国株のETFがいいと思います。暴落してもすぐに上がり始めます。

今の所、ビットコインがダウと入れ替わることはなさそうだけど、日本株とは入れ替わりそう?

そんな見た目がしますね。

もし株が暴落したら、ダウは順調に回復していくのでビットコインも連動して上がり出すでしょう。しかし、日経は上がらずに停滞し続ける、もしくは落ちるかもしれません。これだけひどい経済ですので。

高齢化がダメージとしてかなりきつい。さらに年金を株にしていることでダメージはさらに広がるかもしれません。

海外避難できるならしたいですが、移民しない限りは日本の配下となっていますので無駄なことかと思います。どうにか日本で耐えしのぐには???

と考えることかと思います。

個人的には一度キャッシュにしてから、ダウとビットコインを買い戻すのがいいんじゃないかとも思います。もちろん、なんの根拠もありませんので信用しないでください。

前回のリーマンショックと同じ動きをするとなれば、ビットコインと日本株は入れ替わるかもしれません。

という感じでしょうか???

今はスマホアプリや自動投資でETFや外国株が買えますので投資に関しては問題ないかと思います。また、安全な資産運用にあるような方法も参考にしてみてください。

しかし、日本経済が心配です。。

日経とダウとBTCをTradingViewの『おすすめストラテジーSS3』で見てみると、、

TradingViewの『おすすめストラテジーSS3』で見てみると、株もなかなかいい感じで見れてるなという気がします。

株でも使えそうですね?

ところでFXではどうなのでしょうか?

もともとFXで使っていてTradingViewコミュニティで公開されていたストラテジーなのでいいと思います。

FX口座を開設するならキャッシュバックキャンペーンがお得!

おすすめ!

本サイトの『投資戦略』に関する記事

更新日 June 12, 2018, 11:52 pm

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。