投資アプリおすすめランキング!【全ジャンルからセレクト!】注目の自動資産運用、AI投資アプリも紹介!

投資アプリがトレンド!

投資アプリには今人気のAI自動分散投資を使った自動資産運用やスマホで簡単に株や株価指数のETFを売買できるアプリなどがあります。他にも株アプリ、FXアプリ、暗号資産アプリ、口座管理アプリなどもあります。

トレードや投資、資産運用を時間や場所を選ばないで利用できるスマホの投資アプリについてランキング形式でまとめています。

取引には口座開設が必要です。各会社の重要説明事項をしっかりと読んでリスク等を確認してから始めてくださるようお願いします。

【総合】全ジャンルでおすすめの投資アプリランキング!

全ジャンルの中で特におすすめの投資アプリです。

第1位 ウェルスナビ【AI自動分散投資】

ウェルスナビ 【定番】日本の株価が上がらなくても資産を増やせる!

第2位 THEO(テオ)【AI自動分散投資】

THEO(テオ) AI自動分散投資でウェルスナビと並ぶ!

第3位 楽天証券【証券口座】

楽天証券 ネット証券ダントツの使いやすいアプリ!

第4位 マネックス証券【証券口座】

ネックス証券 ネット証券唯一の自動売買管理アプリ!

第5位 FOREX EXCHANGE【FX口座】

FOREX EXCHANGE FX自動売買ソフトMT4の管理アプリ!無料EA利用キャンペーン有り!

第6位 みんなのシストレ【FX口座】

みんなのシストレ FX自動売買を簡単便利なスマホで!

【番外】お得なアプリやインフォメーション

第1位 Money Tap【銀行送金】

Money Tap 手数料無料の新しい銀行振込の仕組み!

第2位 MR.住宅ローンREAL【住宅ローン】

MR.住宅ローンREAL 最低水準金利のうちに住宅購入、ローン借換え!

第3位 Ginco

Ginco 17種類の暗号資産が保管できる無料のウォレット、送金アプリです。

第4位 スマートパーキング【自宅駐車場を収益化】

スマートパーキング 自宅の空いている駐車スペースをスマホ1つで時間貸しできます!

【目次】
-おすすめの資産運用、投資アプリランキング!-

1.AI自動資産運用(自動分散投資、AI自動投資)の特徴
2.【AI自動資産運用】投資アプリおすすめランキング!
3.スマホでETFを売買できる投資アプリ
4.投資口座管理アプリおすすめランキング!
5.銀行送金アプリおすすめランキング!
6.株投資アプリおすすめランキング!ネット証券で本格トレード!
7.FX投資アプリおすすめランキング!FX自動売買で投資!
8.暗号資産投資アプリおすすめランキング!少額の投資として!
9.暗号資産ウォレットアプリおすすめランキング!
10.不動産投資アプリおすすめランキング!AI不動産投資やスマホで駐車場経営!
11.女性や初心者はアプリでAI自動資産運用やおつり投資がおすすめ!
12.AIとは?
13.金融庁のオススメの資産運用が一番信用できる!?
14.インフレ対策するならAI自動資産運用?
15.投資アプリとAI導入はもっと加速する!
16.スマホアプリは個人認証からライフラインまで!
17.資産運用や投資の対象、範囲について
18.資産運用や投資のリスクを理解する!
19.AI資産運用に関するニュース
20.投資アプリに関するニュース
21.自動投資に関するニュース

1.AI自動資産運用(自動分散投資、AI自動投資)の特徴

とくに人気の『AI自動分散投資』(自動資産運用、自動投資)の特徴は、

      1. スマホで操作が簡単!
      2. 少額から投資ができる
      3. 高度な専門知識は不要!
      4. 国内外の株式、国債、金、などを組み合わせたもの!
      5. 市場の動向によって最適な配分で資産を自動的に持ち替えて運用!
      6. 元本を上回る損失を出さない!(株の信用取引や先物、商品先物、FX、CFD、暗号資産FXは同リスクがあります。)

という特徴があります。

AI自動投資は投資する人は金額とリスク許容度だけ選択してあとはAIが最適な配分で資産運用してくれるというものです。

その投資判断はプロの金融アナリストが行っても良いのですが、AIで自動的にコンピューターで実現することで大勢の投資家の資産を個別に投資判断してもコストがかからないということが特徴です。

たくさんの個人投資家の口座を運用できるようになりました。

全ての投資の中では比較的安全性が高いと考えられるものです。

また、スマホアプリで投資の確認と追加投資、各種変更操作が手軽に行えることが最大の魅力です。

昔のように大金と時間を使った資産運用ではなく、働く人誰もが少額のお金を空いた時間にスマホ操作で簡単に運用できるというコンセプトになっています。

チャートを読んだりファンダメンタルを分析したりといった専門的な知識を持たなくても可能な投資スタイルのためAI自動投資は人気となっています。

自動分散投資サービスの選び方

自動投資、自動資産運用サービスはどれも十分な魅力を持っていて基本的にどれを選んでも満足できると思います。

今後は日経平均、ダウ平均などの株価全体の下落時にどのような対処ができるかということを見ておくといいと思います。

資産配分の組み直しを自動的に行うはずですので株価の上昇から下落傾向へ転換する時期に大幅に投資先を変更してくれるといい働きをしてくれたといえるでしょう。株価が下がっても債券で利益を狙っていくということを自動的に適切な時期に切り替えてくれるなら最高に賢いAIを装備した自動投資サービスだと言えます。

また、初期投資に必要な金額や追加する時の投資単位は重要です。

気にする必要がないくらい少額の資金から投資可能なおつり投資アプリなどの自動投資アプリもオススメにしました。

また、口座管理アプリは証券口座を持っている人には便利なのでインストールしてみて気に入ったら使ってみると良いかと思います。

自動分散投資のメリットは?

AI自動分散投資(AI自動資産運用)といわれる分散型投資の最大のメリットは何と言っても、定期的にくるバブル崩壊といった避けられない事態に直面して損失を十年以上を抱えこまないといけないという事を避けたり、多少なりとも緩和することが可能であるということです。(サービスの性質上、完全に損失を避けることはできません。バブル崩壊が起きたらある程度の損失を一定期間抱えていくことは覚悟しておくべきです。)

ただし、自分で個人的にネット証券で株を買って保有している場合は何もしなければ株価が下がり続けるだけ損失が増えて回復するのに長い時間がかかってしまいます。

相場が長期に渡り下落傾向の時であっても、その他の金融商品へ投資してくれるので利益を得ることができる可能性があります。

例えば、株式が下落状態であるときは、債券や金(ゴールド)が上昇する傾向があります。

そのため、株式より債券やゴールドへ多く投資することで安定した資産運用を実現することができます。また、強い新興国の株式へ投資することで日米株式市場が下落中でも資産を増やすことが可能かもしれません。

2.【AI自動資産運用】投資アプリおすすめランキング!

AI投資、自動資産運用の投資対象、運用期間、運用金額などを比較解説!

第1位 ウェルスナビ

『 ウェルスナビ』

      • 運営会社:ウェルスナビ株式会社(金融商品取引業者 関東財務局長 第2884号)
      • おすすめ度:★★★★★★★★★★(10)
      • おすすめポイント:【定番】長期運用向き!
      • 投資対象:米国、欧州、新興国、日本の株式、米国債権、金(GOLD)、不動産
      • 最小投資金額:初期10万円、毎月1万円~。
      • 投資期間:10年
      • 投資タイプ:ETF(上場投資信託)
      • 解説:『資産運用始めるなら~、ウェルスナビ!』『自動で資産運用!』などのTVCMで有名な自動資産運用サービスです。運用している口座数、預け入れ金額が最も多くなっています。ETFを使った株式や債券、金(ゴールド)などに投資する自動分散投資サービスです。AI技術を使って投資する商品を自動的に選んで運用します。初期投資金額のみでも運用できますし、追加で毎月資金を増やすこともできます。期間は長期運用を前提に設計されています。
        証券会社の口座から利用することも出来ますが、直接ウェルスナビで口座開設するとメリットがあります。手数料の「長期割」が適用され最大0.90%(年率)まで段階的に手数料が割引きされます。また、最小投資金額が30万円から10万円となります。

第2位 THEO(テオ)

『THEO(テオ)』

      • 運営会社:株式会社お金のデザイン
      • おすすめ度:★★★★(9)
      • おすすめポイント:【ウェルスナビのライバル】長期運用向き!
      • 投資対象:先進国株、新興国株、先進国国債、投資適格債券、ハイイールド債券、新興国債券、リート・不動産、コモディティ、通貨
      • 最小投資金額:初期1万円から。
      • 投資期間:長期
      • 投資タイプ:ETF(上場投資信託)
      • 解説:最小投資可能金額が1万円ということが際立っています。口座を開設しておいて株式の買い時が来たら本格的に投資を始めようと考えている人には良い設定金額なのではと思います。また、投資一任報酬として1年ごとに支払う金額が通常は1%ですが3000万円を超えると0.5%になります。このため、資産の多い方の運用先としてもメリットがあります。

第3位 楽ラップ

『楽ラップ』

      • 運営会社:楽天証券株式会社
      • おすすめ度:★★★★☆☆☆(7)
      • おすすめポイント:【楽天証券で!】ラップ口座なら!
      • 投資対象:日本の株式、海外の株式、日本の国債、海外の国債
      • 最小投資金額:10万円
      • 投資期間:短期から長期まで(いつでも引き出し可能。)
      • 投資タイプ:投資信託
      • 解説:楽天証券を利用している人には手軽なロボ・アドバイザーサービスです。投資信託としては手数料も最低水準まで安くなっています。楽天証券の口座を開設してから申し込むことになります。

第4位 トラノコ

『トラノコ』

      • 運営会社:TORANOTEC株式会社
      • おすすめ度:★★★★(9)
      • おすすめポイント:【メディア紹介増加!】少額投資なら!
      • 投資対象:米国、欧州、新興国、日本の株式、米国債権、金(GOLD)、不動産
      • 最小投資金額:設定金額は基本的に無い。
      • 投資期間:短期から長期まで(いつでも引き出し可能。)
      • 投資タイプ:ETF(上場投資信託)
      • 解説:数十円単位から投資が可能な投資商品です。利用者は3つの投資パターン(リスクとリターンの兼ね合いが異なる)から選択することになります。毎日の買い物のおつり程度の数十円程度の金額から投資できたり、対応しているポイントサービスのポイントを投資に回すことができるというユニークなサービスがあります。

3.スマホでETFを売買できる投資アプリ

第1位 One Tap BUY

『One Tap BUY』

      • 運営会社:株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)
      • おすすめ度:★★☆☆☆(7)
      • おすすめポイント:自分で売買するなら!
      • 投資対象:日本国内株式、外国株式、ETF
      • 最小投資金額:1,000円
      • 投資期間:自由
      • 投資タイプ:株式、ETF
      • 解説:自動投資でなく自分で売買を行うサービスです。1000円からスマホのアプリのみで日本株式や外国株式を簡単な操作で売買することができるサービスです。現物株式のため配当金を受け取ることもできます。国内株式と外国株式では別のアプリを登録して使います。自動投資機能はありませんが、スマホのアプリで単元未満の少額(1,000円)から簡単に注文が出せるというところが魅力です。また、株価が下落相場のときに利益がでたり、レバレッジ2~3倍のETFを取り扱っているので自由なトレードを実現できます。手数料は取引の度に支払うタイプの他、月額固定の「定額プラン」が月額料金:980円(消費税込1,058円)とお得になっています。(参照:定額プランのメリットについて

4.投資口座管理アプリおすすめランキング!

第1位 マイトレード

『マイトレード』

      • 運営会社:株式会社テコテック
      • おすすめ度:★★★★(9)
      • おすすめポイント:【定番】NISA口座に対応!
      • 投資対象:-(証券口座の管理・分析アプリ)
      • 最小投資金額:-
      • 投資期間:-
      • 投資タイプ:-
      • 解説:証券口座の管理・分析アプリです。8つのネット証券会社の口座を一括で管理して表示させることができます。NISA口座にも対応しています。PCブラウザ版もあります。株式会社テコテックは、DMM Bitcoinの前身である東京ビットコインの親会社です。

5.銀行送金アプリおすすめランキング!

リップルの技術でついに実現!もう振込手数料は必要ない!

第1位 Money Tap

Money Tapは住信SBIネット銀行のグループ会社のSBI Ripple Asia株式会社がサービスを提供する銀行の現金を無料で送金するアプリです。つまり、このアプリを使えば振込手数料が永久に無料ということになります。

暗号資産の技術はクローズドな空間でのみ利用されていて盗難されることはありません。また、銀行の預金は従来通り法律で保護されています。

現時点では、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行間での現金の送金において利用できます。

これで銀行の役割が完全に変わってしまうことになるでしょう。

今後、住信SBIネット銀行が他行よりも一歩先を行くことが予想されます。

おすすめの住信SBIネット銀行ですが、さらにお得なサービスを提供しています。

MR.住宅ローンREAL

住信SBIネット銀行のお得すぎる住宅ローン!低金利で確実に資産形成できる!

MR.住宅ローンREALは住信SBIネット銀行の銀行代理業を行っているSBIマネープラザ株式会社が提供するサービスです。

従来から住信SBIネット銀行で提供している最安水準の低金利住宅ローンは非常にお得でしたが、住宅ローンのことをよく理解していない人や初めて家を買う人は相談したかったことと思います。

借り換え、新規ともに驚くような好条件となっています。これを利用するだけでお金を節約することができることでしょう。

担当者と会って分からないことを相談しながら話を進めることができます。また、インターネットを見て教えてもらいながら入力することもできます。

SBIマネープラザでは保険や資産運用に関する総合的な相談を行っていますのでトータルな資産形成プランを教えてもらうことができます。

*金利は執筆時点のものです。公式サイトをご確認下さい。

6.株投資アプリおすすめランキング!ネット証券で本格トレード!

ネット証券、株の投資アプリです。

第1位 楽天証券

楽天証券の取引ツール、スマホアプリは完成度が高いです。PC版、スマホ版、タブレット版ので別々に取引ツールが作られています。

iPhone/Android、iPad用のアプリ非常に良い投資アプリです。アプリから見たネット証券のランキングでは楽天証券が満足度が高く評価できると思います。

第2位 マネックス証券


マネック証券ではトレードステーションという自動売買ツールを使うことができます。そのスマホ用アプリが高評価を得ています。

また、通常の売買取引用のアプリは「マネックストレーダー株式」というアプリになっていてこちらも好評のようです。

第3位 GMOクリック証券

GMOクリック証券のスマホ用アプリです。iPhone用アプリが「iClick株」でAndroid用アプリが「株roid」と別々になっています。Android用アプリが特に評価が高いです。

第4位 DMM.com証券

DMM.com証券の株トレード用スマホアプリです。

洗練されたデザインで操作性に優れていてiPhone用アプリで高評価を得ています。

第5位 SBI証券

ネット証券最大手のSBI証券の株トレード用のスマホアプリです。ネット証券としては申し分のない環境です。スマホアプリもがんばっています。

株の取引について【ネット証券】

インターネット専業の証券会社「ネット証券」の投資アプリの使いやすさのランキングです。

決められた日に株を保有するだけで入手できるお得な「株主優待」や「IPO(新規公開株式)」を買う権利を抽選で狙ったりするのも良いと思います。現物株の他にETFも売買できますのでリスクが高くなる信用取引をしなくても十分に資産運用が可能です。

手数料も安くネットバンク系列の会社がシェアを多く占めています。既存の証券会社は対面営業がメインでしたがネット証券サービスも行うようになりました。

ネット証券で初心者におすすめな証券口座は?

ネット証券で初心者におすすめのところを紹介しています。

7.FX投資アプリおすすめランキング!FX自動売買で投資!

FX会社の投資アプリです。

第1位 セントラル短資 FXダイレクトプラス

セントラル短資 FXダイレクトプラスは「セントラル短資FX株式会社」がサービスを提供しています。初心者にやさしい自動売買ツールが用意されています。リピート系の単純動作を繰り返すだけのものではなく、「投資助言・代理業 関東財務局長 (金商) 」の許可を受けた専門業者が提供するストラテジーが数百種類用意されています。

自分で好きなストラテジーを選ぶだけでミラートレード(自動売買)を行うことができます。直近の収益率がランキング表示されています。投資アプリはありませんがスマホ表示に完全対応した管理画面で自動売買を管理することができます。

第2位 FOREX EXCHANGE

FOREX EXCHANGEはMT4による自動売買が可能なFX会社です。EA販売サイトの『GogoJungle』とのタイアップキャンペーンで好きなEAを自由に使うことができます。MT4のスマホ用アプリがあり取引の確認が行えます。MT4の純正アプリで評価はとても高いです。

第3位 みんなのシストレ

みんなのシストレは「みんなのFX」を口座開設すると使用できる自動売買ツールです。自動売買プログラムは350種類から選ぶことができます。スマホ用アプリが高評価です。このアプリを使用してシステムトレード(自動売買)を管理することができます。

FX取引について

FX(外国為替証拠金取引)のトレードで大きく利益を狙うこともできます。

ただし、証拠金取引なので高いレバレッジと急な相場の変動時には「預け入れた証拠金以上の損失が発生するリスクもある」ということを過去の事例を見てどれくらいの頻度で相場の急変が起きてきたかを見るといいかもしれません。

低いレバレッジになるように運用していけばこのようなリスクはかなり減らせるようになっています。しかし、リスクを取った投資であることは確かです。トレード初心者はFX会社に練習口座がありますのでよく練習してから実際のトレードに行ってください。

FXで初心者におすすめのFX会社は?

初心者におすすめなFX会社です。

8.暗号資産投資アプリおすすめランキング!少額の投資として!

暗号資産取引所の投資アプリです。

第1位 bitbank

bitbankは優れたUIと取扱いコインの多さで有名でした。暗号資産の現物トレードはおすすめですがアプリの方も良い仕上がりになっていて高評価を得ています。

第2位 Liquid by Quoine

Liquid by Quoineのスマホのアプリです。ライト版ということで限定的機能になっています。Iphoneにおいて評価が高くなっていますのでIphoneユーザーの方におすすめです。

第3位 GMOコイン

GMOコインは暗号資産(仮想通貨)のFXトレードをするならこのアプリがいいです。複雑なことと利用者が多いためたえずバージョンアップが必要となってきますが、GMOクリック証券からのノウハウを活かしたシステム作りに期待できそうです。

第4位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのスマホ用アプリです。ダウンロード数が非常に伸びています。GMOコインと同様にアルトコインのFXトレードをするのに必須の取引所です。外国為替FXと同様にGMOクリック証券と比較されることが多いです。

暗号資産の取引について

暗号資産(仮想通貨、ビットコイン)は変動が激しく資産としての価値が恒久的に続くことが保証されているものではありません。

限定的な範囲内でのトレードとして考えてください。

ブロックチェーンの仕組みと最先端の技術を使った取引所の暗号資産トレードの投資アプリを利用してトレードすることができます。

暗号資産取引所でおすすめのところは?

おすすめの暗号資産取引所の情報です。

9.暗号資産ウォレットアプリおすすめランキング!

暗号資産のウォレットアプリです。

第1位 Ginco

Gincoは暗号資産(仮想通貨)のウォレットアプリです。Iphone版のみの提供となっていますが、17種類のレアなコインまで保管できるのが特徴です。送金もできますので暗号資産を推進しているお店などで決済に使うことができます。暗号資産の今後の利用拡大に期待したいところです。

10.不動産投資アプリおすすめランキング!AI不動産投資やスマホで駐車場経営!

不動産投資会社のアプリです。

第1位 『Renosyの不動産投資』

Renosyの不動産投資は株式会社GA technologiesが運営する不動産投資サービスです。AI技術を活用した不動産投資と言われています。都市部の中古ワンルームマンションに限定した投資サービスです。

このアプリでは収益物件の毎月のキャッシュフローを確認したり資産価値を見ることができます。また新たな投資物件の情報を見ることもできます。

運営会社がITにとても力を入れていてITで不動産投資を成功させようとしている興味深い会社です。

第2位 『スマートパーキング』

スマートパーキングは株式会社シードが運営する駐車場シェアリングサービスです。自宅の空いている駐車場をスマホ1つで簡単に時間貸しして収入を得ることができます。

サイトへ登録してスマホで写真を撮影してコーンを置くだけで準備は完了します。商業地域、駅周辺部だけでなく住宅街でも来客時の駐車場として需要があるそうです。

第3位 『akkipa』

akippaはakippa株式会社が運営する駐車場シェアリングサービスで自宅の空いている駐車場を簡単に時間貸しすることができます。自宅だけではなく駐車場経営をしていて空いているスペースを時間貸しにすることも可能です。

登録後、スマホで写真をアップすると審査が行われ、駐車場検索サービスに掲載されるようになります。

毎月のおよその収益見積もりを見ることができます。

第4位 『特P』

特P(とくぴー)は株式会社アース・カーが運営する駐車場シェアリングサービスで自宅などの空いているスペースを駐車場として簡単に時間貸しできるサービスです。

サイトに登録後、写真をアップロードして料金と貸したい日を入力すれば毎月自動的にお金が振り込まれます。

駐車場とは限らず車が止められるスペースが有れば庭先でも貸すことができます。中には月極よりも稼ぐ駐車場もあります。

不動産投資もスマホアプリで!

今、あらゆるものがスマホのアプリになっています。不動産投資においてもアプリ化の流れは進んでいます。自己資金が少ないサラリーマンでも収入の安定さを利用して不動産投資を行うことができます。

不動産投資をしていて収益や資産価値、キャッシュフローが確認できたり、投資物件の情報を検索できるようになっています。また、AI不動産投資を特徴に出す投資会社が登場しています。

不動産投資でサラリーマンにおすすめはAI不動産投資!

サラリーマンにおすすめの不動産投資などをまとめています。

11.女性や初心者はアプリでAI自動資産運用やおつり投資がおすすめ!

買い物のお釣りのような少額から積み立てて資産運用できる投資アプリがありおすすめです。

株価を予想したり投資配分を考えたりといった本来の目的とは関係のないことに時間を取られるのが勿体無いと感じる人には良いかもしれません。

もちろん投資の性質上、必ず利益がでるとは言い切れません。

しかし、銀行や証券会社の投資信託を利用するのに比べれば手数料が安く、利益率がいいことがあるため人気になっています。

このようなことからも資産運用で女性初心者におすすめしたいのが自動投資や投資アプリです。

自分で相場を予想して資産運用をしたい人は「One Tap BUY」を利用すると株価指数と優良銘柄のETFのトレードができます。日本と米国のいくつかのETFを扱っていて、日経平均やダウ平均などの株価指数をレバレッジ2~3倍で上昇時とインバース(下落時に利益)を買うことができます。

もっとアクティブにトレードしたい人はネット証券の口座を開設して個別銘柄を売買するといいと思います。

これらの資産運用は余裕資金の一部を使って行う程度が良いです。

12.AIとは?

AI自動分散投資(AI自動資産運用)のAIとは「人工知能」という人間のような知能をコンピュータで実現しようとする試みです。そのゴールは7つのカテゴリに分かれてると言われています。

  1. Knowledge reasoning
  2. Planning
  3. Machine learning
  4. Natural language processing
  5. Computer vision
  6. Robotics
  7. Artificial general intelligence

Artificial intelligence(Wikipediaより)

様々な分野で3番目の「Machine learning」(機械学習)という技術を取り入れています。

機械学習とはコンピュータが自動的に履歴データから最適化していくようなことです。キー入力の「日本語変換」も自動的に学習していきます。天気予報のシュミレーションも予想に日々のデータを取り入れていきます。

簡単に言えばそんなものです。難しいものではありません。

ETFの分散投資を自動で行ってくれるサービスは『自動分散投資』、『自動資産運用』と表記しています。『AI自動分散投資』といっているものは機械学習がどこかに使われているサービスという意味で使っています。

『自動売買』という言葉は『システムトレード』(チャート分析ツールによるアルゴリズム分析)を自動化したもので、頻繁に売買したり価格を予測してアクティブに利益を狙うスタイルの多少リスクがあっても短期的リターンを狙うものと考えています。

『FX』、『信用取引』、『CFD』、『仮想通貨FX』は、必ずしもリスクが限定的とは言えないトレードですので『自動売買』と表記しています。

『自動分散投資』や『自動資産運用』とは違う扱いとしています。

*言葉の定義はサイトによって異なります。また、時間によって変化していきますのでその都度ご確認ください。

13.金融庁のオススメの資産運用が一番信用できる!?

人によって資産運用スタイルは異なります。

(「NISAの活用事例」金融庁HPより)

結婚資金のためにお金を貯めたい

社会人2年目で24歳のKさん、ようやく仕事にも慣れてきました。
将来のことを考えてお金を貯めておきたいと思っています。

目的、期間、金額
将来のために、結婚資金や結婚後の新生活資金の準備を始めようと思っています。
預金での積み立てもしていますが、利息がほとんど付かないので、初めて投資信託での運用を考えてみました。
まずは5年を目標に、毎月3万円を積立投資信託で運用する予定です。

NISAの活用例
値動きが分かりやすい商品として、日経平均株価やTOPIXなど、ある指標と連動して基準価額が動くインデックス型が挙げられます。
他の種類の投資信託と比べて、仕組みや値動きがシンプルなものが多いので、投資初心者の方にもおすすめです。

(「NISAの活用事例」金融庁HPより)

金融庁も個人の資産運用を推進していくためにNISAなどの制度を作りました。金融庁HPでもタイプ別の資産運用スタイルが掲載されていますので興味のある方はご覧ください。

しかし、どれを見ても「株価指数などのインデックス型投資信託」でETFを買うように誘導されているようにしか思えません。それくらいイチオシにして記載ます。「金融庁がおすすめ!タイプ別3つの資産運用!」といったところでしょう。

ウエルスナビなどのAI自動分散投資は株価指数と国債、新興国株式、金(ゴールド)を組合せて自動的に配分しているので、日経平均やダウ平均が下がり続ける局面においても資産減少のリスクを減らすことができます。

この点は金融庁のおすすめしている「株価指数などのインデックス型投資信託」を買えというものより高度で安定性に優れたものだと言えそうです。

そうはいってもリーマンショックのように株価が急落するようなときはどうしても資産が目減りしてしまいます。

株価が下がり局面に入りそうなときは自動的に株の配分を減らす仕組みになっていますが、いつから下落局面に入るかはAIでも完璧に把握できるものではありません。

ある程度は株価急落のショックを受けることになるでしょう。

ただし、金融庁のタイプ別の資産運用方法で薦めているものは日経平均、TOPIXなどの1つの株価指数だけを例に挙げているのでこれをそのままやると日経平均が下落した場合バブル崩壊から回復するまでの間ずーっと赤字となってしまいます。

基本的にはAI自動投資でも、ある程度の長い時間をかけて回復するまで待てる余裕があるかどうかは大事なことです。リーマンショックも株価はしっかりと回復できました。

米国株は大暴落があってもちゃんと回復させるのですが日本株は不動産バブルから回復するのにとても長い期間かかってしまいます。現時点で30年近く経っているのに日経平均最高値3万8957円という記録には届いていません。

といいつつ「金融庁」がオススメしている商品は見ておいた方がいいです。

国の政策が影響している可能性もありますのでこのサイトのおすすめランキングよりはおすすめだと思います。

14.インフレ対策するならAI自動資産運用?

インフレは嫌です。

しかし少しくらいのインフレは経済成長において必要となると言われています。

女性におすすめと言っている理由は投資を行っている人の比率は男性が多く女性が少ないのですが、平均年齢から考えてAI資産運用のようなひたすら待つタイプの自動投資はすぐに結果を急ぐ男性よりも女性の方が向いていると思ったからです。

現金預金で持っていることで10年後、20年後、30年後、40年後に今と同じ価値があれば問題ありませんが、大きく変わっているかもしれません。

AI自動投資でもリスクがあり、元本が減ることもありますので余裕資金の一部で運用することをおすすめします。

このAI自動投資サービスだけでなくいくつかに分散して投資することが望ましいです。現金預金も持っておくことが望ましいです。

資産運用が初めての人におすすめだと思う理由は、トラノコのように日々の買い物をしたおつりの金額を自動投資に組み込むことができるような少額から運用できるサービスがあることです。

貯金箱にお釣りの小銭を入れるくらいの金額から資産運用や経済のことを考えるきっかけいになればいいと思います。

効率的にはある程度の金額を長期間行うような自動投資サービスに回したほうが増える可能性があります。

ウェルスナビも最初だけ10万円が必要ですがそれ以降は毎月1万円ずつ運用資金を追加できます。1ヶ月分のお釣りを貯めたと思って資産運用にまわすのもいい方法です。

15.投資アプリとAI導入はもっと加速する!

全てのお金に関することが投資アプリ化されるのは必須のことだと考えられます。スマホの個人認証力とセキュリティは最強クラスといえるものだからです。

現在、高いセキュリティレベルのシステムではどうやってネット上で個人認証するかというとスマホを使います。

  • SMSなどのメッセージ通信によるワンタイムパスワードの発行
  • 2FA認証などのワンタイムパスワードの発行
  • その他の独自認証方式

ネット銀行などではもうすでにログインするときにスマホを使うことでセキュリティを高めています。もうパスワードがあれば安心という時代ではないのです。

暗号資産が認証設定がありながらハッキングされ盗難されてしまった事件が起こってから多くの人がセキュリティに気を使うようになりました。

もうログインするのにスマホを使うのが面倒だという人も居なくなりました。しかし、スマホで認証するならスマホからログインして使えば良いわけです。

スマホからWebサイトを見るのは不便なのでスマホのアプリにしてしまえばもっとも利便性がよくなります。

また、大金を動かすような投資はだいぶ減っていくような気がします。資産に余裕がある世代ではない世代がメインの消費世代となっていくにつれ、投資の金額が少額になっていきスマホで扱うのにちょうどいい額になってきていると思われます。

また、スマホの投資アプリで少額から投資するためには手数料も安くなければなりません。

投資サービスの利用手数料を安くするためにはAIを導入して運用時のコストを抑えなければなりません。

このような理由のためどうあってもAIの投資分野への導入は加速していくことでしょう。

16.スマホアプリは個人認証からライフラインまで!

PCを使わないと上手くトレードできない!投資はスマホではやらない!という人はもうほとんどいません。

メンテナンスは大変ですがあらゆるWebサービスがアプリになっています。これは必須のことです。なぜなら今後、確実にどの世代を見てもスマホ所有率が100%に近づくことが想像されるからです。

上記の記事でも書きましたが、スマホがないと生活できなくなることは避けられない事態で、個人的な予想ではもう全国民に持たせるように動くのではないかと思っています。通信インフラは公共性の部分が多いので最もなことです。

「PCがなくても生きていける」ということであればスマホしか利用しない人が一般的になります。

これでもうあらゆるWebサービスがスマホから利用されることになるわけです。

17.資産運用や投資の対象、範囲について

スマホアプリで投資、資産運用に関するアプリは全てスマホ投資アプリと呼べると考えます。

たとえそれがリスクの高い投資でも堅実な投資であっても同じスマホ投資アプリの1つで同じジャンルのアプリとしてまとめています。

やはり、投資は貯金とは異なり元本が保証されません。

これが預金とは異なる点で「投資」と言われる理由だと思います。

資産を投げて少し増えて返ってくることを期待して行うのが投資です。これからは少額投資がメインとなりますのでスマホ投資はリスクよりも安定性、成長性が重視されていくでしょう。

少額投資だとハイリスクな投資に目が行きがちです。

たしかにレバレッジが高いトレードを行えばリスクも高いですが少額の資産でも多く増やすことができます。

しかし、堅実な投資の方が高い確率で資産を増やすことができます。年利1%以下の利益を狙う投資であればかなり安全な可能性があります。

銀行の定期預金もキャンペーンによっては数%になることもあります。考えてみるととてもお得なキャンペーンだと思います。

それには少額ではなくある程度の元金が必要となってきます。不動産投資のように資金がほとんどない状態でもローンを組んで行える投資もあります。これは安定した仕事に就いていることが条件となります。

投資には色々なものがあります。中には自分に合わない投資もあります。

そういったものの中から自分が得意な投資を見つけられるといいことがあるかもしれません。くれぐれも熱くなりすぎないように注意してください。熱くなると失敗することが多いものです。

18.資産運用や投資のリスクを理解する!

日本において投資と呼ばれるものには様々なものがあり、トレード(売買取引)を行う金融商品は『証拠金を上回る損失をこうむるリスク』があります。簡単に言うと預け入れた元本が無くなって借金ができるということです。

現物株式や現物ETF以外のトレードは僅かながらもそのリスクが発生する可能性があります。

信用取引や証拠金取引、FX、CFD、先物、バイナリオプションという言葉がついたトレードは必ず上記のリスクがあります。

取引を始める前には必ず各サービスの『投資にかかるリスク』という条項を確認して、『証拠金を上回る損失が発生する可能性がある』という記述が無いことを確認してください。日本で金融庁の許可を受けて営業している会社には必ずこの項目が記載されています。

また、同じ投資サービスでも現物株式は投資金以内の損失で済みますが信用取引というメニューに移動すると上記のようなリスクのあるサービスへ移動してしまいます。

19.AI資産運用に関するニュース

20.投資アプリに関するニュース

21.自動投資に関するニュース

本サイトの投資アプリに関する記事

更新日 December 15, 2018, 11:33 am

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.