『中国はビットコインを解禁する?将来規制しない?』Huobiの代表

PBoCの代表者達がHuobiと話し合いをしたようです。

その後のCoinDeskがHuobiの代表者にインタビューした時のHuobi代表の発言からののですが、、、『取引所の禁止を将来撤廃するかもしれないとおもう。。』というようなニュアンスの発言をしたそうです。

取引所なんだからこういうのは当たり前です。記事をよく読んでお考え下さい。

しかし、本当にこれでやっぱり禁止じゃない!と言われたらもうほとんどの人が資金を引き上げているのに勿体無い!やっぱり資金を入金しようなんて言い出しかねません。

引き上げて正解だったとも思います。現実に日本の取引所でも最大手クラスが未だに仮想通貨を全部操作できない状態が続いています。

ただ、中国の存在は大きいですね。非常に多くの優れたコインが中国を拠点に開発され取引所も中国や香港などがメインとなっています。香港は別の地として考えても中国国内での取引所の需要や取引所の営業が不透明だと相場が大きく崩れます。

今は逆にこれ以上悪くならない状態ですから、このニュースが出てから急激に価格が上がっています。

ほんとうにどうかしています。。。。確かに大きな金額を仮想通貨にしておくのは非常にリスキーであることは同意します。

ここまで振り回されるともはや興味がない、というか危険なものだから辞めようと言い出す人が増えます。

早く『中国解禁!』と言えばいいのですが、それをいったらまた大変な高騰が起きることでしょう。その前に法整備だということでしょう。

しかし、最近はビットコインのマイニング【送金】が頑張っています。待ちが減り、Segwitを導入し手数料が安くなりだしています。さすがに自主的にマイニング利益を得るよりも将来的な収益を考えたのかもしれません。

ASICの販売利益もとてつもない額です。

これよりも数倍大きい中国で開発されている優秀なコインが沢山あるのです。これを捨てて外国にあげるなんてことをして、国の経済の責任者としていいのでしょうか?そう考えた時どうにか利益を中国に残せるようにと考えるのが普通だと思います。

自然な流れだと思います。

またこれで高騰すると思っても大金は入れないようにした方が良いかもしれません。相場が自然と上がるのであれば少額から売買を繰り返して増やすことも狙えるかもしれません。

自動売買ツールはそういうときに便利です。

しかし、日本だって海外の取引所の利用についてはこれから規制、禁止が話題になってくると思いますが、既存の海外外為FX業者の事例を見れば明らかになってくるでしょう。

日本だとアルトコインの手数料が割高ですし、トレード価格まで割高(これはいいときもありますが)、追証で借金ができることもあるし、不安要素ばかりであまりいいことがない。安全安心という得意のキーワードも人類史上最大規模の盗難事件によりもう言えないでしょう。最終的には日本語のサイトが問題だとか日本人が英語に抵抗感があることを利用したり、アフィリエイトが勧誘行為だといい始める人が居たりと、、、

海外の取引所の優位性が目立ちます。このままいけば私も中国や香港などの海外の取引所をメインに使うと思います。

このままだと日本人がどんどん海外へ避難していく、、、と言われていることが起きてしまいますので海外並みの妥当なトレード環境が必要でしょう。税率なども含めて考えて欲しいものです。

https://www.coindesk.com/chinas-crypto-exchanges-didnt-just-survive-theyre-thriving/

What Ban? China’s Crypto Exchanges Didn’t Just Survive – They’re Thriving

・・・

Zhu told CoinDesk:

“Whatever the policy may be, we will comply with the rules and are here to say. The [bitcoin] trend is irresistible. And down the road it is very likely China will lift its ban on cryptocurrency trading.”

・・・

更新日 February 28, 2018, 9:45 am

coin

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『コイン日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。