『不動産分野に広がるブロックチェーン技術とシェアリングエコノミーとAI』不動産投資の追い風?

『不動産分野に広がるブロックチェーン技術とシェアリングエコノミーとAI』不動産投資の追い風?

「シェアリングに特化したブロックチェーン開発が始動、TISや野村総研がスタートアップに出資」(コインテレグラフより

という記事にありましたが、

BCL(ブロックチェーンロック)という会社にシステム開発大手のTIS野村総研が出資したそうなのです。

このBCLという会社はシェアリングエコノミーを提供しようとする会社で「住宅やオフィス、モビリティなどのシェアリングサービス」に商用ブロックチェーンを利用するというベンチャー企業です。

なんのことやらさっぱり訳が分かりません。横文字、いや、カタカナばっかりで。ほんともっと具体的に説明してほしいですよね?

何のことを言っているのでしょうか?

とにかく、IT技術を使って以下のことを今よりもコストを抑えて実現するから利用者は便利になって、同業者はきつくなるぞ!っていう意味なのかもしれません。

  • 店舗管理
  • 民泊
  • オフィス利用
  • カーシェアリング、駐車場?(モビリティーサービスといっているので)

基本的に不動産業の話のようです。賃貸に影響してくるのでしょうか?

困ることになるのでしょうか?それとも追い風になるのでしょうか?

今でもITで新しいことを実現しているので既存の形態のビジネスは変革を余儀なくされています。

キーワードは『シェアリングサービス』です。また『AI』もあわせて重要になってくるでしょう。

ブロックチェーンというのはあまり重要ではない気がします。

今でも駐車場をスマホで撮影して日時を指定すると時間貸しして、利用者がいればお金が振り込まれるというサービスがあります。

あとは、都心の観光地で自転車のシェアリングサービスがあって、スマホでピピっとやると駐輪場から取り出して使うことができ、乗り終わったら最寄りの駐輪場に返すというサービスがあります。

ようするに決済の流れが利用者と提供者で行われるのではなく、両者がスマホを使って交わることなく完結しているのです。

ですから、面倒なお金のやり取りの手間やトラブルがないので本当にいいわけです。お金をやりとりするからサービス業なんてトラブルが発生するんです。

お弁当を配達してくれるサービスもありますね。支払いはスマホでサービス提供元会社へ支払いますので配達に来た人に渡すことはありません。

これは一応、ITの力を利用していると言えます。

こういう感じだと思います。

民泊だって、レンタルオフィス(おそらく時間貸しの会議室でしょう)だって、レンタカーだって、今のIT技術でシェアリングサービスとして提供できます。

ブロックチェーンということに振り回される意味はほとんどないと思うのですが、何か特別に今のITの仕組みじゃできない何かがあるのでしょうか?

わからない何かがあるのかもしれません。

賃貸、レンタルが月単位から時間単位になって流動性が高くなって利用率が上がるというのならばいいことだと思います。

それに動産、不動産の所有者は昔と変わらず固定なのですから、不動産投資を行う人が楽になるのかもしれません。

一方、新しい人に紹介することで手数料収入を得るビジネスモデルには厳しいこととなるのかもしれません。そう考えると物件を保有してレンタルして利益を得る方がいいのかもしれません。

不動産を買う人が増える傾向になるのかもしれません。すでにだいぶ高騰していますが。。。

そうなると、不動産を高く売ることができるかもしれません。不動産を高く売る方法は不動産一括査定を利用して多くの買い手に効率的にアプローチすることなのかもしれません。

シェアリングサービスがインパクトありますね。

更新日 November 13, 2018, 11:19 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネー日和』

運営者情報お問い合わせ

『ご注意!』本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。体験談や個人的な感想を述べたのものです。金融商品への投資、紹介している商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にて実施くださるようお願い申し上げます。

出来る限り努めてまいりますが、本サイトに掲載している記事や、引用元の情報は正確ではない場合もございます。記事に誤り、誤認等があった場合もこちらにて一切責任を負うことはできませんので予めご了承くださるようお願いします。

All Rights Reserved.