『ネット証券ランキング!』【自動投資信託や自分で分散投資するなら?】

『ネット証券ランキング!』【自動投資信託や自分で分散投資するなら?】

小口ユーザに便利なネット証券ランキング!

  1. 楽天証券
  2. マネックス証券
  3. GMOクリック証券
  4. SBI証券
  5. カブドットコム証券
  6. 松井証券
  7. DMM株
  8. ライブスター証券
  9. SMBC日興証券
  10. 岡三オンライン証券
  11. 岩井コスモ証券
  12. 野村證券
  13. 大和証券
  14. みずほ証券
  15. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

ネット証券ランキングより

以上のような証券会社があります。どこの証券会社でもネットから注文できますし、どこの証券会社からでも同じ株が買えます。手数料は少し売買するくらいではどこを選んでもさほど差はありません。

少しだけ株を買ってみるかという人にはほとんどどこを選んでも問題ない!満足できると言えます。

ランキングを付けてあえてどこがいいか?

というためには各証券会社の点数を付けてランキングにするしかありません。

例えば、以下のような感じで各証券会社に点数を付けてみるとします。

総合評価
19点
おすすめ度
    • 手数料 ★★★★★★(6)
    • 海外株 ★★★★★☆(5)
    • 口座数 ★★★★☆☆(4)
    • 操作性 ★★★★☆☆(4)

サポート対応などという項目を採点基準にするサイトもありますが、サポートの質を評価するなんて難しいと思いますので辞めておきます。

もっと、定量的に分かることだけを並べて点数をつけてネット証券ランキングをつけることにします。

自分で分散投資して資産を守る!

もう個別に銘柄を見定めて将来性を見据えて1社づつ買っていくという手法はメジャーではなくなってしまったのかもしれません。

また、自動投資サービスも短期間に2年分の利益が吹っ飛ぶしそれをどうすることもなく見ているだけで何ら改善される様子もないので自分でできることは退避するくらいという状況ならば自分で自己分散投資をする方がいいのではないかと考える人が多くなるわけです。

ETFをメインに自分で銘柄を選んで買っていくわけです。

もちろん、米国株や米国のETFがいいと思います。

株価は調子がいい米国でも個別銘柄は巨人たちが勢いを鈍らせているので、ダウ平均や米国債を配分して持つのがいいのかもしれません。

例えば、楽天証券は楽天カードとの利用で楽天ポイントがお得にお釣り投資のように手軽に資産運用できるからおすすめランキング第1位にするなどという理由も大きなポイントの1つです。

更新日 April 10, 2019, 3:11 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

Share
Published by
money

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.