<太陽光発電に大幅な変革ありそう?>『ネット証券で優良銘柄を探そう!』

<太陽光発電に大幅な変革ありそう?>『ネット証券で優良銘柄を探そう!』

東洋経済ONLINEにて以下のような記事が出ていました。

「日本が「爆安の再エネ」を輸入する冴えた方法
パリ協定を遵守する「奥の手」とは?

東洋経済ONLINEより)

パリ協定で再生可能エネルギーを増やさなければならない日本。そのために太陽光発電を大幅に高値買取実施しているのでした。

これは同じく同記事より、以下のような買取価格を変遷しているということでした。

2018年度のFIT買い取り価格は、1kWh当たり太陽光が18円(2000kW以上の大口は入札制)、風力は20円だ。FIT導入初年度の2012年度には太陽光40円、風力22円だった

40円だった太陽光が18円になっているのです。

下がらないと思って太陽光発電を始めたなんていってもこの現状ではかなり不安です。

そして、世界の再生可能エネルギーの相場を見てみると、同記事より

2016年5月、ドバイで行われた入札で、1kWh当たり3米セントを切る価格(2.99セント)で長期売電契約が成立し、世界を驚かせた。同年9月アブダビでは、発電規模1億1800万kW、期間25年という大型契約が2.42米セントで落札された。2017年10月には、サウジアラビアで1.78米セントという超低価格での落札も出現した

1.78セント!!

1.78セント=2円程度

ということになります。

日本の9分の1です。

これが世界の自然を利用した規模感です。

当然、輸入できないかということになっていて、水を電気分解して水素を製造して持ち込めるようにできるそうです。水素なら電気自動車や水素電池として使えば電気エネルギーになります。

海外の発電プロジェクトには日本企業もめざとく参加しています。

ソフトバンクや丸紅が事業を行っているようです。

抜け目ないですね。もはや日本での発電は見切りを付けたのでしょうか?

これらの企業も気になりますが、もっと気になるのが160兆円規模の水素エネルギービジネスが伸びるということらしいのです。結構でかいですよね?いや、国家予算よりも多いです。

『日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス』という書籍で198社が紹介されているそうです。

これらの企業をネット証券で探してお買い得な株を買うのがいいかもしれません。

あくまでも夢ですが。

それよりも気になるのは2円の電気を水素にして輸入したらいくらになるの?ということです。

それが反映されると日本の太陽光発電がまだ値下がるような気もしてしまいますが、もう今から太陽光発電に投資しようという人は要注意情報かもしれません。

まだ、実際にどうなるかは分かりません。正確な情報を確認してください。

不動産価格が高いうちに他の資産に変えるなら?

時間があれば仲介で売買、急ぐなら買取りでマンション、土地、家、アパート、投資物件、自宅を不動産売却査定することができます。しかし、安全な資産ってなにかという問題もありますが、ゴールドなどは世界では需要が高くなってこれだけ値上がったわけですが、分かりません。

太陽光発電パネルの材料でも買うのでしょうか?証券会社で資源の先物やETFなどで買えますが、資源でも1つの目的しかないものは代替品が登場した時にダメージが大きいです。

難しい問題です。今のうちに割安な土地を買っておくといい?土地は国の管理ですし、政府がなんか言ったらどうしようもできません。

温泉からゴールドが取れる!なんて発表されて温泉が出る土地が高騰したら嬉しいのですが。

メタンハイドレートは海底ですし、国の外ですので買えません。自分の土地から資源が取れたらいいかもしれません。

No.1 いえカツLIFE(いえかつライフ)

いえカツLIFE

不動産買取査定、売却査定、リースバックでいくらになるか査定してもらうことができます。比較してご自身に合ったのものを選択することができます。

No.2 すまいValue

すまいValue

不動産一括査定サイトですが対応してくれる会社が取引量が多い大手6社の不動産会社だけとなっています。大手に売却を頼みたい方におすすめです。

No.3 イエタン(ietan)

イエタン(ietan)

大成建設グループの大成有楽不動産販売株式会社の不動産売却査定サイトです。大手の強みを活かした販売網と各種保証サービスが充実しています。

No.4 リビンマッチ

リビンマッチ

登録されている不動産業者の数は1,400社以上で、利用者が440万人(2017年)という不動産一括査定サイトです。全国を網羅していますので地方郊外の物件を売却したい方にもおすすめです。

No.5 ノムコム

ノムコム

野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産売却査定サイトです。2017年にオリコン日本顧客満足度調査 『不動産仲介(売却)戸建』において第一位(64社中)となりました。

No.6 イエイ

イエイ

セカイエ株式会社が10年以上運営する日本最大規模の不動産売却サイトです。トラブルのあった業者は紹介先として契約しないようにしているそうです。紹介先の業者は1000社を超えていて、利用者数も400万人を超えています。

No.7 イエウール

イエウール

株式会社Speeeが運営する不動産売却一括査定サービで登録されている不動産会社は1,800社以上で日本最大級の不動産一括査定サイトです。

No.8 HowMaスマート不動産売却

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却

東京都の一部地域限定ですが、不動産会社と電話のやりとりをせずにチャットやWebでコミュニケーションを取りながら進めることができます。電話が苦手な方におすすめです。

No.9 マイスミEX

マイスミEX

株式会社じげんが運営するサービスで2015年に始まったサービスで翌年には10倍以上に成長した注目の不動産一括査定サービスです。

No.10 不動産査定エージェント

不動産査定エージェント

セカイエ株式会社が運営する不動産一括売却査定サービスです。東京、大阪、神奈川、埼玉、北海道に対応しています。

No.11 RE-Guide

RE-Guide

株式会社ウェイブダッシュが運営する2006年から続く不動産一括査定サイトです。

No.12 マンションナビ

マンションナビ

マンションリサーチ株式会社が運営するマンション専門の一括査定サイトです。登録されている不動産会社数は最大規模で全国対応しています。月間の査定依頼件数が1,500件を超えています。

No.13 town life(タウンライフ)不動産売買

town life(タウンライフ)不動産売買

ダーウィンシステム株式会社が手がける『town life(タウンライフ)』では住宅購入からメンテナンス、リフォーム、売却までトータルな住宅関連サービスを提供しています。

更新日 June 11, 2019, 12:50 pm

money

資産運用、投資、不動産のことを記事にしています。

『マネーのサプリ』

運営者情報お問い合わせ

本サイトで提供している記事は、投資やその他の行動を勧誘、または推奨を目的としたものではありません。投資、商品、サービスをご購入の際は、ご自身の判断にてご実施くださるようお願いします。

各サービス提供サイトの「特定商取引法に基づく表記」をご確認ください。

All Rights Reserved.